忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

3日にBSプレミアムでやっていたローマの休日録画したの観ました。
小学生の頃から何度見たか分からない位大好きな映画ですー
初めて観たときはジョーが特ダネ記事のためにアン王女に近づいたという
映画の根幹を成す部分を理解してなかったので、
この映画の機微を全く分かってなかったのですが、
それでも冒頭の大使館での舞踏会のシーンのオードリーのお姫様姿の美しさに
すっかり虜になってしまいました。
ドレスの中で靴を脱いでたらそのまま履けなくなって、
座ったときに靴の片方がドレスからはみ出てるところ、
伯爵夫人と将軍の目の演技がとっても好きです(笑)

アン王女がジョーに
雨の中を歩いたりウィンドウショッピングをしたり…
わくわくするような冒険がしたい、と夢を話す場面は
アン王女の無邪気な可愛らしさと共に
今までどれだけ抑圧された生活を送ってきたかと言うことを感じさせて、
涙が出そうになりました。

そして最後の記者会見のシーンでアン王女が
「個人と個人の友情を信じる様に、国家の友情を信じます」
と言うのを受けてジョーが
「王女の思いは裏切られることはないでしょう」
と言うところ、ちゃんとストーリーを理解してから見ると
アン王女とジョーの言葉の裏での無言の対話がとても感動的。
最後にアン王女が記者一人一人と握手して言葉を交わす場面で、
アービングに渡された写真を見てさっとひっこめ、そしてジョーの前へ進むアン王女の
何とも言えない表情!「お会いできて良かった」という言葉がとても切ないです。

アービングも大好きですー
美容師とか脇キャラ達もみんなとても良い味出してますよねー
カフェ・ロカでジョーがアービングの椅子を倒すシーンとか、
船上舞踏会でアービングとジョーがこっそりカメラで写真撮るシーンとか
ギャグシーンも凄く洒落が効いてて好きですー!
全体的にとても軽妙なロマンチックコメディーで、
ラストは泣かせるという所がとても好き。永遠の名作ですね。
この映画のせいでしばらく
お姫様がお忍びで恋をするというパターンのお話が大好きになりました。
シティハンターで2つ位そういうお話があるのですよ。
エシャロットがよく城を抜け出すのはこの映画の影響かもしれません(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[513]  [512]  [511]  [510]  [509]  [508]  [507]  [505]  [504]  [503]  [502
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 9 10 12
13 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]