忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

昨日18日は上野の東京文化会館に
英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団の眠れる森の美女観に行ってきましたー
タイトルは舞台が悪かったという意味ではなく、
私の斜め前方の席に座ってた女性が椅子に凄く浅くしか座らずに
客席の桟敷?へり?の上に手をついて凄い前傾姿勢で舞台を観てて、
私の席からだと舞台の半分くらいがその女性のシルエットで観えなくて
仕方なく私も凄く身を乗り出して観なきゃならなくて、
プロローグの間中舞台を楽しむ所じゃなかったのでした。
ただでさえ舞台から遠い5階席一番後ろの列なのに最悪だわ…
私がそんなだったので私の右隣の席の男性も観えにくかったらしく、
プロローグが終わった後の休憩時間に係員の方に注意してもらおうと思ったら
既にその男性が報告してくれてました。
「こういうのは運だからね 言っても聞かない人もいるし係員に言うのが一番だよ」
と仰っておられましたが、あそこまで酷い人を見たのは初めてだよ…
プロローグの間本当にストレス溜まって何の罰ゲームかと思ってました。
しかも第1幕からはその女性ちゃっかり別の席に移ってたし。
まあ遮る物さえなくなれば何でも良かったですけどね。
控えめに言って、即刻出ていって欲しいと思いました。

恨み節はこれ位にして、眠り良かったですー
オーロラ姫役のアリーナ・コジョカルが凄く可愛くて。
彼女のロイヤルバレエの眠りやくるみのDVDは持ってるのですが、
生で観るのは多分初めてだった気が。
2011年にもバーミンガムの眠り観に行きましたが、
その時オーロラ姫だったタマラ・ロホより役に合ってたと思いましたー
ではつづきから感想。
PR

今日は渋谷の東急シアターオーブにミュージカル「メリー・ポピンズ」観に行ってきましたー
うん…良かったんですが、私が前ほどお芝居が好きじゃなくなってしまったせいで
あまり感動できず淡々と観てしまいました…
箱庭的な舞台空間の中で役者さん達が台詞を言ったり踊ったり歌ったり…って
高校生くらいの頃は本当に大好きだったんですけどねー…
今でももちろん好きなんですが、かつてに比べるとかなり情熱が無くなってしまって。
とはいえ作品自体は大人も子供も楽しめる舞台で、
そしてメッセージはどちらかと言えば大人向けだと思いました。

メリー・ポピンズ役は平原綾香さんと濱田めぐみさんのダブルキャストでしたが
ちゃんと芝居も出来る人が良かったので濱田さんにして良かったです。
メリー・ポピンズ役の濱田さん、
歌も上手いしメリー・ポピンズのきびきびした性格を良く表してて
子供達に「早く歩いて!さっさっさ!」って何度も言う所とか好きでしたー
台詞回しも上手くてクールな出来る女感出てて凄くはまり役でした!

舞台の幕が上がってロンドンの街並みになり、
その真ん中の家が前にせり出してきてポップアップ絵本みたいにバンクス家の屋敷になる所は
演劇ならではの面白さがあって良かったですー
全体的に舞台転換がスムーズでセットも多彩で豪華で良かったです。
あまりディズニーディズニーしてなくて
例の赤いカマーベルト?をしたドレスの衣装も出てこなかったのは良かった。
ストーリーもディズニーの映画版とはかなり違ってましたー
バンクス家のジェーンとマイケルの姉弟も映画版みたいにすぐメリー・ポピンズに懐かないで
かなりきかん気の強い我が儘な子供達になってたのも逆に可愛げがありました。
子供達2人とも歌も上手だし演技も素直で子供らしくて好感が持てました。
バンクス氏の妻のウィニフレッド・バンクスも元女優という背景が追加されてたり、
第2幕で夫のジョージの役に立ちたいというソロの歌があったり
キャラクターが掘り下げられてて良かったですー
ウィニフレッド・バンクス役の木村花代さん、
ちょっとそそっかしい所もあるけど愛情深い妻・母親という感じで好演でした。
ジョージ・バンクス氏役の山路和弘さんも
ちょっとどもったり癇癪を起こして怒鳴ったりする所とかお芝居が凄く上手で、
声も滑舌も良く通って聞き取りやすいし良かった。
特に第2幕の銀行を辞めさせられると思いこんで家宝のツボを売ろうとするところで
割れたツボの中から天文学者になりたかった子供の頃に隠した星を見つけて
昔の夢を思い出すところ、
凄くしみじみとして静かだけど心に響くお芝居がとても印象的でしたー
観念して銀行に行って
「彼は融資や利益の話はしましたが、何も無いのです!」と
自分の信念を話す所とか、
大人になっても夢を忘れない事の大切さというメッセージが
浮かび上がってくる感じが良かったですー
ジェーンが「メリー・ポピンズは永久に行ってしまったのよ。
だって家にはもうメリー・ポピンズはいらないけど、他の家にはいるでしょう?」と言って
ウィニフレッドが「子守無しでやっていけると思う?」とバンクス氏に聞いて
バンクス氏がウィニフレッドの手を取って踊り出し、
星空のライトが客席の壁まで照らす中
メリー・ポピンズが舞台から客席にフライングして終わる
ラストの幕切れもとても感動的でした。
3階席でしたがちゃんと濱田さん来てくれて嬉しかった!!
本物の魔法の様に飛ぶ濱田さんを間近で見られてついうるうる涙が出そうになっちゃいましたー

ミュージカルシーンもどこも良かったけど、
思ったほどアンサンブルが多くなくてあまり印象的なシーンが無かったかな…
第1幕のメリー・ポピンズが子供部屋で「全て完璧にパーフェクト!」と歌い踊るシーン
ドレスの裾からブーツがちらりと覗く感じが萌えーでした(笑)
大貫勇輔さん演じるバートが描いた絵の中で踊るシーンも
日傘を持った男女や彫刻までが踊り出す所幸福感があって良かったし、
スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャスのシーンも盛り上がったし
チムチム・チェリーのシーンでバートが舞台の壁を垂直に歩いて上って
ついには逆さまになってまだ歩いてる所も
どういう仕掛けだったのか分からなかったけど良かったです。
2ペンスを鳩にのシーンは哀愁たっぷりで泣きそうになっちゃったけど、
ソロも短くてバード・ウーマン役の島田歌穂さんこれだけの出番?と勿体なく思ってたら
観終わった後にミス・アンドリュー役と2役だった事を知りました…
ミス・アンドリューのはっちゃけた演技良かったです!
「小娘はお呼びじゃない!」とメリー・ポピンズに歌う所憎まれ役ながらかっこよかった。
メリー・ポピンズがあまり小娘感無いのはともかく(笑)
もっと本格的なダンスシーンがあっても良かったけど、まあ楽しめましたー

メリー・ポピンズがマイケルには望遠鏡を、
ジェーンには3人の写真が入ったロケットを残していくところもほろりとしたし、
すっかり良き夫・父になったバンクス氏がウィニフレッドに
「舞台をやめさせたのは間違いだった。芝居が好きなんだろう?」と言って
ウィニフレッドが「好きだけど、もっと好きな役を見つけたの」
という台詞も第1幕のしゃかりきなバンクス氏のシーンを踏まえてみると感動でしたー
男だから、女だからと自分で邪魔をしなければ何でも出来る、
大人になっても夢を忘れないこと、家族の絆の大切さを
魔法仕掛けで思い出させてくれる、魅力的なミュージカルで良かったです。
↓カーテンコールのみ撮影OKだったけどガラケーではこんな写真しか撮れなかった…orz

↓ロビーに飾ってあったボード。

今日(3日)は新国立劇場のオペラパレスに新製作のくるみ割り人形を観に行ってきましたー
新国立劇場のくるみはオフィシャルDVDブックを持っているのですが、
今回オランダ国立バレエの芸術監督だったウエイン・イーグリングの新振り付けと言うことで、
アンナ・ツィガンコーワとマシュー・ゴールディング主演の
オランダ国立バレエのDVDと似ている所が多かったです。
席も一番安い席でしたが3階席で良く見えて良かったです♪
ではつづきから感想。

昨日は赤坂AKTシアターにミュージカル「ビリー・エリオット」観に行ってきましたー
何度も言うように右臀部やふくらはぎの痛みが心配で観に行けるか危ぶまれてましたが
念のため痛み止めの座薬入れていったのも良かったのか
電車の中でも劇場の座席でも座っててもほぼ痛まなくて良かったですー
8日のコッペリアの時は無痛状態で観劇出来た頃が懐かしいと思ってましたが、
回復して本当に良かった。油断大敵でもう少しの間は養生しようと思いますが…

ビリー・エリオット、凄く良かったですー
原作の映画リトル・ダンサーが凄く好きで、
1年前位から日本語版の上演を知って絶対観に行こう!と楽しみにしてましたが、
予習にロンドン版のDVDを観てたけど
その舞台に装置やセット・衣装など凄く忠実に作られてて、
この作品のミュージカルとしての完成度の高さを改めて実感させられましたー
ではつづきから感想。

昨日8日は上野の東京文化会館に
イングリッシュナショナル・バレエ(ENB)のコッペリア観に行ってましたー
コッペリア、何を隠そう自キャラオランピアの元ネタになったバレエなので
久々に生で観たいなーと思って。
お人形は心躍るテーマですね!ファンタジックな世界に浸れて楽しかったです。

…が、この前から言ってるお尻の痛みが第一幕開幕時点で絶頂に達し、
舞台に集中できなくて残念でしたorz
家に戻ってこうしてPCの前に座って書いててもあれほどの痛みじゃないし、
たまたま椅子の堅さとか脚とのバランスが悪かったのかな?
あとバレエの前に4階の音楽資料室でJ・シュトラウスのこうもりのDVDを
2時間半座って観てたのも悪かったかも。
音楽資料室ではそこまで痛みませんでしたが、
ほぼ休み無しでその後バレエ鑑賞に2時間20分座ってたのが悪かったのかな…
帰りの電車でもせっかく座れても痛くて痛くて辛かったです…;;

それはともかく、コッペリア全体的には良かったです~
ENB、ツアーカンパニーという事で
ダンサーの数少なそうだなーと1月のキエフの眠りを思い出して不安でしたが、
多くはないけどまあ豪奢な眠りならともかく
素朴なコッペリアならあれだけいれば充分だったかな。
装置も思ってたより豪華で上品な色合いで良かったです~

第一幕、幕が開くと右手にコッペリウスの屋敷があり、
その後ろに宿屋の装置があって、左手にスワニルダの家がありました。
宿屋の装置の前のアールヌーヴォーっぽい草花の装飾みたいなのが可愛くて良かった。
最初に舞台をポーランドの農村の村人達が行き交い、
私はそれを双眼鏡で観てたら
うっかり主役のスワニルダ役のタマラ・ロホの登場シーンを見逃しましたorz
コッペリウス役のマイケル・コールマンが
窓辺にコッペリア人形役のフランチェスカ・ヴェリクを座らせて
スワニルダがお馴染みのスワニルダのワルツに乗せてコッペリアを誘います。
コッペリア人形の緑がかった水色に身頃と裾に薔薇模様の入った衣装可愛かったー
ちょっとキッチュな感じが絶妙でした。
スワニルダのワルツ大好きなので楽しみにしてたのですが、
ローザンヌとかで踊られる振り付けみたいに全て踊りじゃなくてマイム主体の感じでしたが
後半の回転してから脚を高く上げてまた回転して…の繰り返しの所とか
ロホさすがに上手かったです~回転技が特に得意なのかな?
回転する度にふわっ…と380度広がる赤いスカートも可愛くてうっとりでしたvv
誘いを無視して本を読むコッペリアに何よ!ってする所とか、
物怖じしない気の強い少女って感じが自然に出てて良かったです~
そこへフランツ役のイサック・エルナンデスが登場して、
コッペリアを見るや投げキッス。
怒ったスワニルダも可愛かったです~
エルナンデスも回転しながらジャンプする振り付け
凄くダイナミックで爽快感有って胸がすくようでしたー

そこへスワニルダの友人達や村人が集まって踊ります。
コールド凄く良かったですー一人一人のレベルが高くて安心して観られる感じ。
スワニルダの友人達の衣装も頭に帽子というか頭巾みたいなの被ってるのは残念だったけど、
一人一人ボディスに入ったお花の模様とかスカートの裾の装飾とかが違ってみんな可愛かったー
色遣いが素朴ながらもビビッドな感じで良かったです。創作の参考になりそうだー

みんなが踊ってる所にコッペリウスの家から不気味な音が響き、
皆が不審に思ってる所についにコッペリウスの家の窓から爆発が起きて
作りかけの人形の腕などが飛んできます。
好奇心を刺激されたスワニルダ達はコッペリウスの屋敷に忍び込む事にし、
フランツも長梯子を使って窓からコッペリアに会いに行きます。
第一幕終。


第2幕、コッペリウスの屋敷の中。
スワニルダと友人達はおっかなびっくり様々な人形が置かれた部屋の中を見回しますが、
コッペリアを見つけて怖々触ってみたところ、彼女が人形だった事が分かり皆で大笑い。
このシーン、私の座ってた5階左サイドの席からはコッペリア人形が全く見えなくて
壁に映った影しか見えなかったんですが、そう言う演出なのか右サイドの人には見えてたのか…
そこへコッペリウスが帰宅して、娘達は逃げだし、
一人逃げ遅れたスワニルダはコッペリアの置いてある部屋?に隠れます。

そこにフランツが梯子を登って窓から入ってきて、コッペリウスとはち合わせ。
フランツが振り返ると動きを止めて人形のふりをするコッペリウスが笑えました。
フランツの魂をコッペリアに吹き込もうと考えたコッペリウスは
フランツを眠らせ、コッペリアの服を着たスワニルダを連れてきて
何やら機械のような物をフランツの脚とスワニルダの脚につないで起動させます。
通常の演出ではコッペリウスが魔法の本を開いて
そこに書いてある通りにフランツの魂をコッペリアに移して命を吹き込もうとする、
というのが定番なので今回の舞台は新しいなーと思いましたー
すぐに効果が出て、ひとりでに動き出すコッペリアにコッペリウスは大喜び。
コッペリア、もといスワニルダに手鏡を渡して、
それをのぞき込みながらアラベスクしながら回転するスワニルダのシーン可愛かったvv
ご機嫌のコッペリウスはスペインの扇やスコットランドのスカーフをスワニルダに渡し、
それぞれの民族舞踏を踊ってみせるスワニルダ。
ロホ踊りのお国柄をしっかり演じ分けててさすがという感じでしたー
スペインは粋に、スコットランドは軽やかに、同じバレリーナが踊ってるとは思えない!
やがてスワニルダは戻ってきた友人達と共にフランツを起こし
服をはぎ取ったコッペリア人形をコッペリウスに見せて逃げていきます。
ここでスワニルダが少しだけコッペリウスの方を心配そうに見る演出が良いなあと。
コッペリウスがコッペリアを抱く所で凄く静かな悲しみを感じさせて幕が下りるので
思わずコッペリウスに同情してうるうるしてしまいましたー


第3幕、スワニルダとフランツの結婚式。
スワニルダの衣装クラシック・チュチュじゃなかったのが少し残念でしたが…
スワニルダの友人達が踊る時の踊りは可憐で瑞々しい娘達の踊りという感じが良く出ていて
綺麗で良かったですー
でも暁の踊りのクリスタル・コスタはそういう振り付けなのでしょうが流れがとぎれがちで、
ラストの回転は良かったですがもう一つだったような。
祈りの踊りのアリゾン・マクウィニーもアラベスク・パンシェ?とかバランスの時
ぐらぐらしてたのがはらはらしました。
このバレエ団コールドはレベル高いけどソリストはあまり…という感じ。
仕事の踊りは鎌を持っての女性達の踊りが躍動感有って良かったですー

スワニルダとフランツのグラン・パ・ド・ドゥは、
フランツの高いジャンプと早い回転技のソロは良かったですが少し雑だったかも。
スワニルダのお馴染みのヴァリもロホ最初の方でトウを付いてよろけちゃって驚きました。
ロホ、ダンスマガジンのインタビューやカンパニーの仲間からも働き過ぎと言われてましたが
こんなミスはめったに見られないのでは…
後半は盛り返したけどミスの印象が強すぎてハマれなかったなあ。
それでもブラヴォーの嵐でしたが。
コーダでのフランツの高い跳躍と爽快感有るマネージュや
スワニルダの回転技はさすがに見応えあって良かったですー
そして宴の中抗議に来た可哀想なコッペリウスはどうなるのかと思ってたら、
ラスト踊る村人達に輪になって囲まれて
その中心でしょざいなさげに、ひかえめに右手を上げてガッツポーズをして終わるという
今まで見たことのない幕切れで良かったですー
幕が下りる時またコッペリウスの哀切な姿に目頭が熱くなってしまいました。

全体的に抑制が利いた演出で、コッペリウスの救済をきちんと描いている所も好感持ちましたー
エルナンデスはテクニックはさすがですが、キャラ作りが軽いというか、
もう少しフランツのお茶目で愛すべき性格を表現して欲しかったかな。
ロホは女優バレリーナというに相応しいスワニルダで好感持てましたが、
ミスさえなければなあ…;;
コールドは本当に統制取れてて良かったですー
ただコッペリア自体がそういうバレエなのかも知れませんが、
舞台としては少しこぢんまりとまとまりすぎな感はあったかも。
でもお人形を巡る可愛らしい物語と衣装を堪能できて良かったです。
第一幕では色とりどりだった娘達の衣装が
第3幕ではくすんだ黄色や上品な薄茶になってたのが格調を出してて好きでしたーvv
| HOME |  次のページ≫
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
3 4
6 7 8 9 10 12
13 14 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]