忍者ブログ

雨の通り道

5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

2018/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11

伯妖借りてるの消化してるのですが、今日は一日何の予定もないから3冊位読めるかなと思っても
眠気に負けたり一冊読んでスタミナ切れたりでなかなか読み進められないでおります…^^;;
展開もがっつりシリアス&ファンタジー展開になってきて正直退屈な所も多くて;;
とりあえず25巻目「あなにたへ導く海の鎖」26巻目「情熱の花は秘(かく)せない」
27巻目「真実の樹下で約束を」読みましたー


あなたへ導く~はケルピーとリディアのキスシーンの衝撃しか覚えてません(笑)
妖精のケルピーが人間の愛情表現を見よう見まねでして見るいじらしさにきゅんきゅんです。
リディアが「こういうことはエドガーとしかしないの」と優しくいさめるのも良い!


情熱の花は~はあばら家で一晩を過ごしたリディアとエドガーが初めて会った頃を思い出して
「あの時僕は恋に落ちたんだ」というエドガーとリディアの情熱的な一夜が
直接的な描写は全く無いのに2人の心がぴったり繋がったのが伝わって艶っぽくも感動でしたー


真実の樹下で~はポールとロタが…!前回はこの2人の接近にいまいち説得力が無いような、
と書きましたが、普段頼りなげなポールがロタの事になると男の顔になるのが萌え萌えですvv
ロタを抱きしめるポールの挿絵かっこよかった!!
リディアとエドガーはリディアが例えエドガーがプリンスになっても生きていて欲しいと伝えて
想いが通じ合ったんじゃないの?というすれ違いからの仲直りの繰り返しが正直しんどかった…
ファンタジー展開もさっぱり頭に入ってこなくて読み進めるのが凄く苦痛でしたが、
終盤はユリシスを殺すつもりだったエドガーがリディアの言葉で翻意して
彼の心を慮って協力させようとして、ユリシスもそれに従うのが凄く感動的でした。
ジミーとの絆も切ない!ユリシスが最後にエドガーを殿下でなくロードと呼んだのが良かった。
あと朱いムーンストーンの隠し場所にもっとマシな所は無かったのか?というエドガーに
フランシスが「鼻の穴から出すよりはマシだろう?」と言うところはくっそ笑いました(笑)
朱いムーンストーンの弓でドラゴンを石化させたエドガーがプリンスの意識を退ける代わりに
リディアと出会ってからの記憶を忘れてしまうという次の巻が気になりすぎます!!
記憶を失う前にリディアに「きみへの愛は、記憶なんかなくてもここにある。
きっとまた、プロポーズする。何度でも君を好きになる」と告げるエドガーが泣けましたー;;


それから久々に本以外の話題も。15日の深夜にBSプレミアムでやっていた
ミラノ・スカラ座バレエ団のアンナ・マリー・ホームズ版海賊観ましたー
始まってすぐは衣装も装置も地味だしダンサーも華が全く無いし…と思ってましたが、
ソリスト陣は地味なりにさすがにレベルも高くて踊り出すと輝き始める感じで良かったですー
ギュリナーラ役のダンサーが儚げで薄幸な感じの美人で、奴隷のパ・ド・ドゥのソロも
音楽の上品で匂やかな雰囲気をよく表してて最後のピケターンも綺麗で良かったです!
アリ役の方も突出して凄いところは無かったけど、テクニック安定してて上手かった!
メドーラ役のニコレッタ・マンニは冒頭腰に担がれながらヴェールを上げて微笑むところ、
ちょっとコケティッシュで小悪魔っぽい感じで印象的でした。
生ける花園のシーンはバレエ学校の少女達も出演していて可愛かったーvv
PR

衣装所々ちょっと違うけど顔が凄く気に入ってるDQ5のフローラ嬢。
清楚で可憐なお嬢様って最高ですよねぇ…


伯爵と妖精、23巻目「永久の想いを旋律にのせて」24巻目「愛の輝石を忘れないで」読みましたー
完結まであと10冊…!頑張る…!

永久の想いを~はグリーンスリーブスという超メジャーな民謡を
元々妖精界の音楽だったとしちゃう捏造はどうなのと思いましたが^^;;
予言者の力のせいでエドガーの子供を産めないかもしれないというリディアの鬱屈と
エドガーのプリンスの記憶を引き継いだことをリディアに話せないでいた事、
2人それぞれの秘密が相手に打ち明けられて、
エドガーがたとえプリンスになったとしても
今自分を愛してくれるエドガーの気持ちは真実だからエドガーを愛し続ける、という
リディアの愛が感動的で、2人の想いが通じ合ってよかったです~;;


愛の輝石を~は闇組織とかカルト教団的な物の実態って言うのが好きなので、
エドガーのプリンスになりすまして組織に潜入する所はわくわくしましたー
リディアとエドガーの子犬と四葉のクローバーのエピソードは切なくて好きです。
ロタとポールの急接近は少し説得力が弱い気もしましたが…
レイヴンとケリーも可愛いっちゃ可愛いけどレイヴンの相手にはケリーは平凡すぎるような。
でも青騎士伯爵の誇りを持ってプリンスを抹殺することを決めたエドガーと
リディアの絆がより深まって感動しましたー
ケルピーはどんどん良くも悪くもお役立ちキャラになってる気が(笑)
アーミンとくっつかないみたいだけど、この2人もいいバランスだなあと思います。
エドガーがついに心の中のプリンスを解き放ってしまって、この先どうなるのかはらはらです。


それから何度も書いてるプリンス・ギャンブラーが大好きな館山緑さんのジュリエット文庫、
「誓約のマリアージュ 甘やかな束縛」作家買いしてたの読みましたー
タイトルからヤンデレ系ヒーローモノかと思ったら、
エーヴィヒトラウム(永久の幻)という壮麗な館を舞台にした物語で、
ヒーローも思ってたよりずっと健全でした。
でもグレーテルのエーヴィヒトラウムは自分には相応しくないという心理と
そもそもそのエーヴィヒトラウムの素晴らしさが文章から伝わってこない所が
いまいち感情移入できなかったかな。
フェリクスとグレーテルの最初の行為も流れ的にあっさりすぎて盛り上がりも何も無く…
フォン・フェルザーも悪役かと思いきや普通に良い人で拍子抜け。
でもそれ位の主役に優しい世界がほっと出来て良かったかな。
ラストのまだまだ知らない仕掛けがいっぱいあるエーヴィヒトラウムを
2人で探検しよう、というラストはTLなのに児童文学っぽいわくわくさもあって好きです。
前作プリンス・ギャンブラーで出てきたヒロインアンネマリーの父、
ベルトホルト・フェーレンシルトの名前も出てきてちょっと嬉しかった。

タイトルはこの姫様の話。


伯妖20巻目「月なき夜は鏡の国でつかまえて」21巻目「白い翼を継ぐ絆」
22巻目「愛しき人へ十二夜の祈りを」読みましたー


月なき夜は~はまた引き伸ばし感のある巻でなあ…このエピソード必要だった??
でもポールにくっついてる鏡の国のロタと鏡の国の自分がニコを抱っこしてたと聞かされて
「それはうらや…」と口走るレイヴンは可愛い。


白い翼を継ぐ絆は私が言うのもアレなんですが
70年代少女漫画みたいなキャスリーン嬢のいじめにころっと騙されるエドガーにいらっ…
これまた特大ブーメランなんですが、
最初は威勢よかったヒロインがヒーローにデレた途端しおらしくなって魅力無くなるのって
少女小説あるあるだなあと…
でもエドガーが本当の自分の生家であるシルヴァンフォード公爵家に執着しだすのが
新たな展開の幕開けを予感させて楽しみになってきましたー
でも何か申し訳ないけどエドガーの過去が重すぎるのもあって
リディアへの溺愛が何か粘着質に感じてしまって素直に萌えられなくなってきた…^^;;


愛しき人へ~はまた短編集。ヒーローの子供時代っていうのが好きなので
エドガーの少年時代のお話は楽しく読めましたー挿絵のショタエドガーみんな可愛いvv
昔から女たらしで抜け目ない子供だったエドガーが可愛かったです。
「ミニアチュールの恋人」はフィリップ叔父に共鳴したからこそ
ベアトリスの輝きに気付いたエドガーが良かったです。
ポールと少年時代のエドガーの友情も良かったです~

ケリーとレイヴンも今後良い感じになったりするのかしら。
無自覚に容赦ないレイヴン可愛い。ケリーの胸元に手を突っ込んでトカゲを捕まえる所大胆♪
ケルピーもこの作品の良心という気がして出てくるとその単純さに和みます(笑)

表題作はエドガーの父のシルヴァンフォード公爵の葛藤とか、
エドガーが全てを失う前の記憶が辛かったけど
ちゃんと両親に愛されてたんだなって安心もしました~


それから前回の読書日記で書いた椎名咲月さん挿絵のルルル文庫絵買いした3冊の内の最後、
宮野美嘉さんの「失恋令嬢の意地悪な先生」読みましたー
表紙がとっても好みでヒロインのアイラのドレスもとっても可愛かったけど、
本編はちょっとアイラの口調とかが想像と違ってて入り込めなかったな…
地の文がちょっと単純で癖があって、斉藤百伽さんの良い意味でテンプレ優等生な作風と比べて
アイラとキールの会話のノリがちょっと独特で慣れるまで時間かかりました。
人助けが趣味と公言しているアイラが序盤から結構悟ってて
ヒロインが色々悩んで悟りの境地に至る過程が好きな私にはちょっと合わなかった^^;;
でもそういう個人的な好みを別にすればエリオットの真の目的とか
キールの秘密とか、よく考えられてて意外な真相で良い意味で騙されて良かったですー
アイラがキールにここぞという所で「いいですよ?」とか丁寧口調になる所可愛い。
意思をしっかり持ったお嬢様ヒロインと
医師として人々を救いたいと思っているキールが良かったし、
黒猫のキャラや正体も良くて作風は好みではないけど作品としてはまとまってて良かったですー

今年の夏は浴衣でお出かけイベントをことごとく雨に潰されてたので
今回も2週間くらい前からはらはらと天気予報を注視してた
葉月ちゃんとれおなちゃんと一緒の東京横浜独逸学園でのオクトーバーフェスト、
当日になってみればめでたく晴れ♪
今年もディアンドル姿の美女や美少女を眺めながらの
ドイツカフェでのケーキビュッフェを堪能できて幸せでした☆

今年は珍しくケーキの前に校庭の屋台でドイツソーセージを挟んだパンを頂きましたー
同じものを買ったれおなちゃんは途中ではぐれてしまい、
先に12時半からのドイツカフェ開場を待つ列に並んでてくれたので、
葉月ちゃんと私もご飯買ってから待たずに列に並べて助かりましたーさすがれおなちゃん!!
うっかり写メるの忘れてたのでソーセージの写真はありませんが、さすがに美味しかったです~
3人だと30分ほど並んで待つのも全く苦にならず、間もなくドイツカフェ開場。




どーん。上は左がチーズケーキで
右はタッパーに詰めて持って帰ってまだ食べてないけど多分林檎の素朴なケーキ。
下はチョコレート生地で杏?か何かのフルーツとクリームをサンドしたケーキ。
チーズケーキベイクドとレアの中間位で
ちょっとプリンみたいな風味もあってとってもなめらかで美味しかった~!vv
チョコケーキはもっとチョコレートチョコレートしててほしかったけど
フルーツの酸味が爽やかでこれはこれでアリな感じでした。

れおなちゃんはソーセージでおなかいっぱいになりケーキは一個だけ、
葉月ちゃんに到ってはドイツ風水餃子とジャガイモで満腹で
ケーキは一個も食べなかったにも関わらず、一人マイペースな私。

後にも長蛇の列が続いてたのでドイツカフェではあまりゆっくり出来ず、
早々と独逸学園を辞して駅前のサイゼリヤで第2ラウンド。
私の将来を2人が真剣に案じてくれて
小雨ちゃんのためなら全力で協力するから!!と言ってもらえて有り難かった;;
結局2時間半ほどドリンクバーのみで居座り、
平成生まれとか若さが眩しいわー、いや平成生まれでももうそろそろ若くない、という話から
「昭和、平成、次の元号と3つの元号をまたにかけて生きるうち等三人すげー」と
大河脳になりながら市営地下鉄に乗って帰って来ましたー

本当夏はことごとくイベントに見放されてたので久々に天気に恵まれて嬉しかったー
でも来年はもう葉月ちゃんとはオクトーバーフェスト行けないんだなあ…;;
来年以降を思うと寂しいけど今日も楽しかった!2人とも本当にありがとう!

6月位に楽描きしてた少女リリー・ヘザー
初夜までは三つ編みは二本で、それ以降は一本になります。どうでも良いこだわり。


今日は大大大好きな波津彬子先生の代表作・「雨柳堂夢咄」其ノ十七の発売日でしたー
雨柳堂17巻良かったです!ただ表紙は綺麗なんだけど口絵が既視感があったのと、
美女の描写が華やかさが減ってる気が…たまたまそういう時期だったのかな?
最後に載ってるお話が2年前に描かれた話だそうなので、
なかなかコミックス出なかったのは心配だけどとりあえず2年半ぶりの新刊嬉しいです!
「斜陽の家」は久々にぞくっとさせられるお話で良かったですー
どのお話も好きだけど、「冬の宴」は波津節全開な感じ。
猫の姐さん達3匹のノリの軽さに笑わされながらも元気がもらえる感じがとっても好きですvv
相変わらずこの1冊で波津先生の職人技とも言える様式美を堪能できました~


伯妖は第18巻「すてきな結婚式のための魔法」第19巻「魔都に誘われた新婚旅行(ハネムーン)」
読みましたー

すてきな結婚式~は遂にリディアとエドガーの結婚式キター!とテンション上がりましたが、
思ったより式までの過程も式の描写もあっさりで、初夜もびっくりする位あっさりでした。
今までエドガーがリディアに迫る描写が結構艶っぽかったので初夜描写期待してたのですが(笑)
でも素敵な初夜を過ごせるという妖精の魔法のせいで次々男性に抱きついちゃうリディアとか
ケルピーやレイヴン、ポールの反応などちょっと番外編っぽい巻で楽しかったです♪


魔都に誘われた~はエドガーとリディアのお互いを想うからこそのすれ違いが切なかったです~
貴族達の社交界に馴染めないリディアが痛々しかった。
伯妖は巻によって同じ妖精が事件を起こす話でも大分面白さや趣が違うなーと思います。
ファンタジー展開が退屈な巻もあるのですが、
今巻はハネムーンという甘い設定とフランスのブルターニュ地方を舞台にした新鮮さ、
冒頭のエドガーの母親ジーンメアリーをジャンヌマリーと呼ぶ不吉な雰囲気の謎の女と
赤いムーンストーンの指輪をした仮面の貴婦人の肖像画等、
謎めいた道具立てがわくわくさせられて楽しく読めました♪
海の都の王女の姿をしたアーエスの挿絵綺麗だったvv

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 4
7 8 9 11 12
15 16 17 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新トラックバック

プロフィール

HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。

バーコード

ブログ内検索

P R

| HOME Next >>
Copyright ©  -- 雨の通り道 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]