忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

ユーディとラズルの結婚3年目に産まれた男女の双子の片割れ、レティーリア。
実はこのブログのCGイラスト遡るとユーディの話描くより前にいます。
黒髪だしデザインもそこそこ気に入ってるので名前もそのまま流用しましたー
瞳の色は見栄え重視でオリジナルの通り赤にしたけど今後変えるかも。
愛称はレティの15歳で髪色だけは父親譲りだけど顔はユーディ似。
ラズルが剣が全く駄目なのに誰に似たのか大剣や斧を振り回すおてんば姫で、
王位には興味が無くもっと広い世界を見たいと思ってます。
しかし35歳のユーディはともかく37歳になったラズルは描ける気がしない…


年々放送遅くなってるけどずっと楽しみにしてた
ローザンヌ国際バレエコンクール2018観ましたー
今年は比較的色んなヴァリエーションを観られて良かったですー
けど昔に比べて圧倒的なスターはいなくなったなーという感想。
1位のカナダのワグマン・シェール君は確かに今年の参加者の中ではダントツだったけど、
もっと凄いバジル今までのローザンヌでいっぱい観てきたしなー…って感じでした。
クラシックのバジルもちょっとテクニックに気を取られすぎな気がしました。
3位の中国のグオ・ウェンジンさんはクラシックのキューピッド
可愛いし上手かったけどキューピッドにしては優雅過ぎかな?と思ったけど、
コンテンポラリーは凄く良かったですー
壊れたお人形の様な小悪魔の様な雰囲気が圧巻で、
目力もあって指先の一本一本まで神経が行き届いていて表現力が抜群でした。
日本人の大木愛菜さんは18歳の割には足が短くて子供体型過ぎる…;;
クラシックのライモンダ全体的にメリハリが無かったような…
でもコンテは凄く好きでしたーワインレッドの衣装が背面のデザインとっても可愛くて、
床に丸くなって痛みに耐えるような振り付けの所好きでした。
森脇崇行君はクラシックのフランツジャンプがもう少し高いと良かったけど、
15歳にしては完成された踊りだと思いました。
にしても今年は中国女子が多かったなあ。
個人的にはやはり好きなヴァリエーション踊った子に目がいくので
ドゥルシネア姫のヴァリ踊った子が好きだったかな。
真っ白なチュチュとティアラが清楚で似合ってたvvドゥルシネア姫姫系のヴァリで一番好き…
ポーズはもう少しきっちりぴしりと決めて欲しかったですが。
今年もコンテが抜粋なのは残念でした…
ディエゴのためのソロが男女共通の課題になってたのは面白かったですー
あの衣装と振り付けで女子が踊るとユニセックスで清新な魅力が出て良いなあと。

解説の山本康介さんは辛口だったけど
去年に引き続きバレエの基礎や体幹的な所までしっかり解説してくれて
分かりやすくて良かったです。
でも授賞式でこの結果は意外ですねとかはいらなかったんじゃ…
しきりに言ってらした肩を上げずに腕を伸ばすお手本は素人目にもさすがの美しさでしたー
5番ポジションの説明とかも良かった。


それから17日の深夜にやっていたBSプレミアムシアターの
ENBのアクラム・カーン振り付けのジゼルとドキュメンタリー、ENB in パリ観てました。
ジゼル全く期待してなかったけど凄く良かった!!
人間の身体的な美しさをよく引き出してる振り付けで、
コンテンポラリーだけどクラシックと同じくらい優雅に見えました。
音楽は全く違うのにダンサー達の踊りから
聴き慣れたジゼルの音楽が聞こえてくる様な感じが凄く良かったですー
工場で死んだ女達の亡霊の世界という設定の2幕はホラー映画並にガチで怖かった…;;
何か生理的な怖さを感じる物って日本も西洋もあまり変わらないんだなと思いました。
全体的にクラシックのジゼルよりほんの少しだけ激しい感情を表す部分があって、
その少しの部分がとても印象的でした。
ジゼルを押してバチルドの元へ行くアルブレヒトの所とか、
地面に倒れ伏すタマラ・ロホのジゼルがあまりにも可憐でとても憐れを誘いました。
2幕でジゼルがミルタの腹部にデッキブラシか何か?の棒を突きつける所とかも
クラシックのジゼルが最後まであくまでも大人しげな少女なので
その強い感情を露わにするシーンがとても効果的に感じられて、
ラスト人と人とを繋ぐ絆であり何かを受け渡す事の象徴でもある手のひらを象った壁で
冥府と現世が隔てられる所がまた象徴的だなと。
ミルタ役のダンサーが本番中はゴリラみたいに見えたのに
カーテンコールで明るくなってから見ると凄く綺麗な人だったのがびっくりでした。
ずっとヴェールを付けてるように見えた位霞がかった月光のような淡い金髪がとっても綺麗。

ドキュメンタリーも去年タマラ・ロホ主演のENBのコッペリア観に行ったので
凄く興味深くて面白かったですー
5月にバーミンガム・ロイヤル・バレエで観たばかりのアリーナ・コジョカルも観られて嬉しい。
最初パリオペラ座の前で団員達を鼓舞するロホの姿はいかにもやり手の敏腕上司な印象でしたが
その後の姿を追って行くにつれて、
彼女がとても繊細で団員達への思いやりに溢れた、けれど毅然とした態度をとる姿が
芸術監督という仕事の責任の重さを感じさせて苦労も見えてきて印象が変わりました。
パリオペの関係者が
「タマラ・ロホ?知らないなあ」みたいな事言う導入部も意地悪だなーと思ったけど
その後のロホ自身による「愛すべき負け犬達」という言葉のあけすけさにびっくりして、
その後もかなりぶっちゃけた内容で最初は面食らいましたが面白かったですー
これだけ団員がいるのに皆が口を揃えて
カンパニーの家族的な仲の良さ、自由さを語っているのが凄く良いなあと。
ロホの「良い友人であることと芸術監督であることは全く違うこと」
という言葉からは友人であるダンサー達に芸監としてどう接するべきかという悩みも感じられて
去年のコッペリアでの3幕スワニルダのヴァリのミスも頷けるわという感じでした。
ロホさん仕事しすぎ…
去年観に行かなかった海賊の舞台風景や舞台裏もたっぷり観られて満足度高かったですー
ラストの「ENBのドキュメンタリーなんでしょ?私ばかり映さないで」
というロホの言葉で終わる幕切れも適度に洒落てて面白かったです。
PR

ここ最近私にしては短めの記事が続いててどうしちゃったの!?と思われてるかも知れませんが
今日は通常運転でガッツリ長文になると思います。
本を4冊読みました。
京極夏彦の「遠野物語 remix」と
我鳥彩子さんのコバルト文庫「王立探偵シオンの過ち」、
同じくコバルト文庫で秋杜フユさんの
「うちの殿下は見事な脆弱さと驚きのどんくささを持つ素晴らしい女性です 最弱王女の奮闘」、
ルルル文庫の平川深空さんの「バルベスタールの秘婚」。


遠野物語remixは京極夏彦が有名な柳田國男作の遠野物語を
順番などを入れ替えて現代風にアレンジを加えて再構成したもの。
とはいえ遠野物語本家の方は読んでないのでどういう風に違っているのかは分かりませんが、
遠野という土地に魅せられた柳田の心情が理解できる、
また京極夏彦が書くからこその魅力と
柳田のオリジナル版への敬意が感じられる感じが良かったです。
山に住む山男の話や狐に化かされた話、座敷童の話など面白い説話がたくさんありましたが、
これだけの量の不思議譚、怪奇譚を集められると何か圧倒されるというか、
しかもそのほとんどの話が文明開化も進んだ明治の頃に編纂された話なのだと思うと
意外と近年までそういった不思議譚の類は人々の間に息づいていたんだなあと
人々の口々に語り伝えられていた物語と共に生きてきた人間の歴史という物が
とても重みと質量を持って迫ってきて、圧巻でした。


王立探偵シオンの過ちは1年以上前に出た本ですがずっと108円になるの待ってたので
横浜のブックオフで見つけたときは粘り勝ち!!と嬉しかったですー
割と新しめのがぽんと108円になってるのも嬉しいですが、
ずっと高い方の棚に置かれてて値下げを待ってたのが遂に報われるのもまた良い物ですねへへ。
内容はタイトルからミステリーだと思ってたらガッツリファンタジーでした…
シオンと王太子のぽんぽんとテンポ良く交わされる会話は小気味よくて面白かったですー
王太子の美容オタクキャラも良かった。
シオンのインチキ魔術師なヴィジュアルと飄々とした美青年振り、
年増スキーを装ってラナの好意をのらくらと交わす所とか
ラナの美少女だけど屈託が無くて思ってたより素直でシオン大好きな感じも可愛かったです。
1話1話の話の密度が薄くて読んでて疲れないのは良いけどやや物足りない感は有ったかな。
もう2話位あっても良かったかも。
ラストのエメラルド博士と人形の話はオランピアとダブって興味深く読みました。
自キャラの設定と似た設定のお話があるとつい参考にしたり嬉しくなっちゃうよね!
でも結局シオンの過ちが何なのかとか
ラナが何故王太子の妹でありながら身分を知らされずに育っているのかとか
謎が最後まで明かされずにモヤモヤしました…
今度Webの方で連載されてた分が電子で2巻として発売されるみたいですが
そっちでは謎が明らかにされてるのかな?
どっちにしても電子は買う気起きないので読みませんが。
THORES柴本さんの表紙やラフが凄く美麗で眼福でしたーミュシャみたいな表紙美しい…!


最弱王女の奮闘は14日に新宿行った時ブックオフ新宿西口店で買いましたー
その前に行った東口店でも売ってたのですが、まあ高くて
更に遡って4月に池袋行った時にも見つけてたのですがやっぱり高くて。
なので西口店で見つけてもはいはいどうせ高いんだろ、と思って値札見たら
相場より200円も安くてキター!!vvと歓喜してました(笑)
渋谷のブックオフもコバルト文庫新刊でもその位の値段だったのですが、
5月から在庫一掃とかで店内の品揃えがスカスカになって、
新宿行く前に寄ってみたらコバルト文庫のコーナーが108円のしかなくなってて絶望してたので
もう二度とコバルト文庫新しめのは安く買えないんだ…と思ってた所にまさかの奇跡!
…でもコバルト文庫はブックオフで安く見つけてほくほくで買ってきて
裏表紙のあらすじ読んでわくわくしてる時がピークですね…
今回も読んでみたらうん、相場で買って無くて良かった…って内容でした。

高い身体能力と優れた頭脳を持つ人とは似て非なる存在、亜種が住む国ルーベルで、
最弱の存在として人々に溺愛されるのが女王。
次期女王セラフィーナは何とか女王にならずに済むように
女王の座を自分より弱い者に受け渡そうと最弱比べに挑むが…というのが第1章。
最弱比べの様子が馬鹿馬鹿しくて良かったですー
100m走のタイムで十一秒九をたたき出し
「そんな…十一秒!?」「十秒を超えることも出来ないなんて…さすが女王!」
とかいうモブ達のざわめきに笑いました(笑)
エリオットの「何言ってるの?体だけじゃなく頭も弱いんだね」とかいう毒もくっそ笑った(笑)
でも第2章以降女王としての資質だの責任だの自覚だの
いらないシリアス要素が入ってきて、
話も1章みたいな馬鹿馬鹿しいノリがずっと続くのかと思ったら
セラフィーナの兄に勝手に制圧された他国に謝罪し救いに行くという
世直し物語みたいになって興醒めでした。
本当ひきこもりシリーズもそうだけど秋杜さんコメディで売ってるのかと思ったら
半端なシリアスぶち込んでくる所が好きじゃないんですよね…
秋杜さんに限らずだけどコバってパッケージや最初だけはコメディでも
段々シリアスになる作品が多くて、たまにはギャグに吹っ切った作品も読みたい…
それを抜きにしても面白ければ良いですが2章以降間延びしてて単純に面白くないし。
いわゆる逆ハー物ですが、正ヒーローのルーファスが一番個性無くて面白味無かったのも残念。


バルベスタールの秘婚は図書館でひっさびさにゆっくり館内を回ってたら見つけましたー
ルルル文庫はコバのはるおかりのさんの変名葵木あんねさんと
深山くのえさん作品しか読んだ事なかったのですが、
第6回ルルル大賞と読者賞W受賞というコピーと王道姫嫁っぽいあらすじ、
それに表紙の黒髪王子様フェルウスに惹かれて借りてみましたー
結果、読んでみて凄く良かったです!
あらすじ通りの王道姫嫁の良さが詰まった作品で、文章もデビュー作とは思えないほど端正だし
ちょっと気負ってるかな?という感じもまた初々しい魅力になってました。
冒頭の列車での旅でローダとフェルウスが出会うところから
国境を越えた街で密かに結婚式を挙げる所など、読んでて凄くわくわくしましたー
キャラ付けも私好みで、フェルウスの世間知があって程々に腹黒いところも好きでした。
髪色も「漆黒よりも少しだけ柔らかな黒墨色(アッシュブラック)」という記述萌えたvv(笑)
ルスカールのキャラも凄く好きだったのでラスト全く予想できませんでしたが、
ラスト駆け足すぎて共通の親友を失ったフェルウスとクラードの心痛が全く書かれない所とか
ルスカールが何故全き刃の一員になったのかが全く語られない所は残念でしたが…
ローダの実家のことも序盤で少し触れられるだけで
バルベスタールの王太子妃になっても何の音沙汰もないのも
それで良いのか?とは思いましたが。
リザベーヌの妖精のような浮世離れした雰囲気とその性故の残酷さは良かったです。
ちゃんとお約束の舞踏会イベントもあって満足(笑)
とにかくフェルウスのしたたかだけどローダの事を常に気遣ってくれる所が凄く好きでしたー
ラストの求婚もいつも優雅で隙のない彼が
真剣で必死で緊張した表情をしている所が凄くきゅんきゅんして
きゃー!vvと叫びたくなりました~
こういう作品に出会えると、やっぱり少女小説って良いわぁ~と思えます。
普通の人にしたらいくら良い作品と言ってもしょせんは少女小説でしょ?と思うのでしょうが
有象無象の少女小説の中で自分のお気に入りの作品を見つけられると
たかが少女小説だけど私の中ではかけがえのない宝物になるのです。
思えば少女漫画大好きだった頃もNANAとか花より男子みたいな超メジャー作よりも
りぼんやちゃおの増刊号の片隅に載ってる名もない短編、みたいな作品が好きだったなあ。
まあNANAも花より男子も読んだこと無いんですけど。
平川さんの今作以降に出た作品も一冊買ってきたので楽しみに読みますー♪

16日の21時から翌日3時半まで、昭さん主催で藤崎竜先生版封神演技絵チャが開催されましたー
参加者は昭さん、ポチさん、イモマンさん、小雨の4人。
大勢での封神絵チャは初という事で
色々熱い語り愛が出来て皆様の素敵絵も眼福でとっても楽しかったですー!vv
チャット久々すぎてただでさえ遅いタイピング手間取って誤字連発するし大変だったけど;;
以下ログ説明!


左上:小雨
左下:イモマンさん
右上:ポチさん
右下:昭さん

私のは顔アップどーん!!しか描けないの?って感じですがW楊戩。
楊戩の髪色青緑にしすぎた><ポニテ楊戩もちび楊戩もどっちも好きじゃー!!
ああー楊戩可愛い…;;師匠思いで傲慢に見えるけど実はいい子な所大好きです!!

イモマンさんの普賢色っぽいー天使!!vv
表情や際どい衣装の肩とか鎖骨とか色気半端無くて最高ですー!!vv
大極符印の最限度も半端無くて普賢の魅力が詰まった一枚ですね!vv

ポチさんはこのキャラ密度凄すぎる><ストーリーが余す所無く表現されていて素晴らしい…!
教主してる楊戩が美形過ぎて特に好きですvv地球を抱いてるだっきちゃんもマジ美しい><
邑きょうちゃんも美少女だし聞仲の背中哀愁漂う…美しくていつまでも眺めていたいですー;;

昭さんの趙公明は彼のゴージャスなイメージをばっちり表現されてて素敵ですー!vv
アニメ塗り凄く美しいですーきらきら趙公明の笑顔とポーズが公式すぎておののきます…!!
構図も躍動感あって素敵だしちゃんとお花Verも描かれてる芸の細かささすがですvv


続いてカオスタイム!!

みんなの封神愛が詰まった素敵なカオスログになりました(笑)
ある意味一枚目より愛こもってる!
十天君が全員いる所とか美人三姉妹とか胸アツ!!
私は喜媚が結構上手く描けた気がします。


チャットの方も各自好きキャラ語りとかアニメこうしたら良くなるんじゃないか?とか
仙界大戦は本当泣ける…;;とか色々語り愛出来て密度濃かったですー
身近に封神語り合える友人いないので本当に楽しかったー!vv
また是非皆様と封神絵チャやりたいです!!昭さん次回開催もよろしくですー(笑)

今日は新宿のホテル・ヒルトン東京の中にあるカフェラウンジ?の
ディナービュッフェに行ってきましたー
5月2日の兄の誕生日に何もしなかったので、
1ヶ月半遅れの誕生日ディナーと言うことで千葉の大学で教えている兄と
母と一緒に食事してきました。
上の写真はラウンジ入り口のお花で出来た門。

ラウンジ入り口すぐにあるスイーツコーナーは
まるで映画マリー・アントワネットの世界に迷い込んだよう~☆
パステルカラーの装飾に宝石のようなお菓子達、
右側に見切れてますがクリスタル製の小さなシャンデリアなど、
ロマンチックな世界観がとってもキュートvv
他にもアップルグリーンとピンクのチョコレートファウンテンがあったり
凄く可愛かったのですが、その色故に他と同じような飾りかと思ってて
最初はファウンテンに浸して食べる用のマシュマロに串がついてるのにも
特に疑問に思わず何も付けずに食べてました^^;;
気付いてからアップルグリーンのチョコにマシュマロ付けて食べてみたら凄く美味しかったー

パイナップルのミルクプリンにサブレ、グレープフルーツのタルトに桃のショートケーキ、
茶色いケーキは何か書いてませんでしたが…
他にも抹茶のオペラや抹茶フォンダン、シャンパンゼリー、マカロンなどがありましたー
でもスイーツは見た目は凄く可愛いけどどれもぼんやりした味で正直いまいち;;
タルトがサクサクしてないしサブレもしけってる様な食感だし…
この前に食べたご飯物のトルティーヤやその場で切ってサーブしてくれるローストビーフ、
ちょっと塩気の利いたパンプキンポタージュやお肉柔らかクリーミーシチューが美味しかった♪
目玉のカニは食べにくいし好きじゃないのでほんの一口位しか食べませんでした。
他にもサラダとか各種パンとか和食コーナーもあったけど
肉やスープ類採ってスイーツ食べたらもうお腹いっぱいで全く食べませんでした…
6時から入場できて9時までいられるとの事でしたが、
そんな感じだったので朝も昼も抜いてきたにも関わらず7時前には早々と満腹になり、
その後は休み休みアイスティーやエスプレッソコーヒー飲んだり
パンプキンポタージュやシチューを少しだけお代わりしたり
バニラアイスにチョコスプレーをトッピングしてもらった物を細々と食べて
兄が明日も仕事なので8時半前には出てきましたー

ビュッフェはわくわくして好きだけど楽しいのは最初だけですね^^;;
早々と食べたい物無くなるしお腹ぱんぱんになって大変でした。
でもまあ久々に兄に会って世間話出来て良かったです。
たまには家族揃って外食というのも良いですね。

絵は正直今年描いた絵の中で一番気に入ってるピンクハウス粉雪。
アナログで絵描くのも凄く久しぶりでした~スカートの色が凄くお気に入り。
しかし例によってスカート塗ってる時コピックスケッチの緑がインクぼたたっとこぼれて
苺の一部と帽子のつばの一部にはみ出してます…帽子の方はスキャンしてから修正してますが。
もの凄く分かりづらいですが粉雪のリボンがいつもより細いのがポイント。


9日の21時からBSプレミアムでやっていた
「第3弾 世界のプリンス・プリンセス物語」観ました~
たまたまBDの番組表がーっと見てたら放送知って即録画予約ですよ…
1弾と2弾も観てたのですが、運良く今回も放送知れて本当に良かった…!;;
世界一美しい王妃と言われるヨルダンのラーニア妃とか
ルクセンブルク大公国のマリア・テレザ大公妃への独占インタビューとかも良かったですが、
何と言ってもフリーになった有働由美子アナのはっちゃけたキャラが最高でした(笑)
「有働由美子49歳、結婚はどうでもよくなってきました。
でもプリンセスになる夢は諦めていません」という導入部から
イギリスで数々の生徒を教えた教師に付いてプリンセス教育を受ける所とか
マイ・フェア・レディや王様と私のお馴染みのBGMも心地良くて
凄くわくわくして観られました~歩く歩幅は小さく、必ずかかとから下ろすとか
プリンセス流の座り方「ケンブリッジ・クロス」とか
車の下り方のレクチャーとかも興味深かったです。
代々のイギリス王室の結婚式のブーケを作ってきた王室御用達のフラワーショップで
有働アナのイメージにあったブーケを作ってもらって、
そのブーケを持ってヴェールを付けて「私もプリンスを待ってて良いですよね?」と
きらきらエフェクトがかかる所笑った。
ミッツ・マングローブの
「これ無理矢理やらされてたら可哀想でいたたまれなかった」というコメントも笑いました(笑)

有働アナがハプスブルク家の直系の子孫に突撃する所も良かったですが、
マナー教育を受けて
「マナーって自分のためじゃなく相手のことを大事に思う気持ちから来る物なんですね」
「そうよ 相手のことを尊重するからこそ丁寧な態度になるの」
という所がなるほど~と思わせられてとっても奥深いなーと見習いたくなりました。
有働アナのハリー王子とメーガン妃の写真に自分の顔を被せる自由さにも笑いましたが、
英語話せて50歳前とは思えないほど綺麗なのに未だ未婚なのが不思議。
そういう芸風で売ってるのは分かりますが。
とにかくNHKってそこらの民放よりよっぽど軟派な番組も多くて楽しいです。
現代のプリンス・プリンセス達の秘話がたくさん知られて大満足でした~
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 3 4 6 7
8 9 10 11 13 14
16 17 18 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/22 小雨]
[07/21 昭]
[07/20 小雨]
[07/20 jun]
[07/16 小雨]
[07/16 小雨]
[07/16 れおな]
[07/16 れおな]
[07/16 ぶーれい]
[07/16 れおな]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]