忍者ブログ

雨の通り道

5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

馬鹿にしててごめんなさい


絵はイラスタ体験版の試用期間最後の日に描いた白雪姫の悪役の王妃。
ちなみに2月12日の記事に載せた王子様は白雪姫の相手役のつもりでした。
白雪姫の絵本とか見てると結構王妃を大して美人に描いてないのとかあるけど、
王妃が美しければ美しいほどそれを凌ぐ白雪姫の絶世の美少女さが強調されると思ってるので
この王妃も美人に描けるよう頑張りました。
衣装はエリザベス1世時代のドレスだけど、
魔女っぽい禍々しい感じも出したかったので
頭にはこの時代より前の中世に流行ったエスコフィオンという帽子を組み合わせてます。
紫のアイシャドウにピンクのチーク、赤いルージュで艶っぽさを表現しました。
虫も殺さぬ楚々とした美女に見えたら幸いです。


ついったでも描きましたが、18日にあざみ野のブックオフに行った時
新刊で乙嫁語り10巻が置いてあって15日発売だった事を知り、
ブックオフで新品の本を買うのはアレだし…と
同じあざみ野の東急ストアの2階にある書店で慌てて買ってきましたー
9巻のパリヤさん編のあとがきで次はアゼルサイドの話になると書いてあったので
アゼルあまり興味ないなーとか思ってたけど、
カルルクきゅんに鷹狩りや弓を教えてくれるアゼルお兄さまやジョルク、バイマトが
みんな優しくて面倒見が良くて好感度だだ上がりでしたー
特に寡黙で余計なことは喋らないけどカルルクを気遣ってくれるバイマトがかっこいい…!vv
鷹狩りのシーンとか森先生の萌えがこれでもかと伝わってきて良かったですー
そしてジョルクに言われたことを気にして
アミルに自分と結婚して良かったと思って欲しいから男らしくなりたいと思うカルルクに
アミルが
「私が好きなのはカルルクさんです
『強いカルルクさん』でも『男らしいカルルクさん』でもありません」
とはっきり言ってカルルクを抱きしめる所凄く良かったですーこのおねショタ夫婦可愛すぎる!
カルルクの涙にもらい泣きしそうになりましたー
普通なら早く大人になりたいと思うカルルクと
カルルク自身を好きだと言えないアミルのすれ違い、みたいなじれじれ展開にしそうな所なのに
こういう素直さストレートさが森薫先生漫画の良いところだなーと思いました。

スミスとアリの2人旅編も面白かったです♪
前書いた同じビームコミックスの佐々大河さんのふしぎの国のバードとかもそうだけど
異文化旅モノ?って好きなので楽しめましたー
そしてまさかのスミスとタラスさんの再会キター
タラスさんの新しい旦那さんがいい人で良かった!乙嫁のこういう優しい世界が好きです。
歴史には疎いのでアレですがこの先中央アジアの国とロシアが戦争になって
色々悲惨な事があった様なので、
乙嫁でも辛い展開があるのかもしれないと思うと不安ではありますが;;
とりあえずはまた次巻に期待です♪


昨日BSでやっていたメモリーズ・オブ・宝塚での
2001年花組公演「ミケランジェロ 神になろうとした男」観ましたー
ヅカはTVでやってたら観る位ですが、
正直演劇としてもショーとしても中途半端だし
男には男の、女性には女性の良さ、美しさがあると思うので全然好きじゃなかったのですが、
ミケランジェロは今まで観た宝塚の舞台の中で一番好きでしたー

天才ラファエロやレオナルド・ダ・ヴィンチと違い
なかなかその才能を認められないけど根っからの芸術家気質のミケランジェロと
亡き姉には敵わないと思いつつ彼に一途な愛を捧げるコンテッシーナという構図も良かったし、
天才達に比べて自分の平凡な才能に打ちひしがれながら
道化のように陽気に立ち回ることでしか自分を支えられないジュリアーノとかも
凄く悲哀に満ちていて泣けました。
誰一人愛する人と結ばれない話だけど、
必死に生きている普通の人間こそが何よりも美しいという
人生讃歌の様なテーマにとても感動しました。

コンテッシーナ役の大鳥れいさん、気品のある細面に私好みの狐顔で(笑)好きでした。
コンテッシーナの姉ルイーザ役の方も凄い可愛いアニメ声でたおやかで
花嫁姿で歌う所美しかったー
もちろんミケランジェロ役の花組トップスター愛華みれさんも凄く良かったです!
ヅカの男役とか馬鹿にしてましたが、ユリウス2世役の方も渋い魅力を出してて凄かった。
ミケランジェロとユリウス2世がシスティーナ礼拝堂の天井画を描く報酬を決めるところ
愛華みれさんの顔芸笑った(笑)
コンテッシーナが単に親の言うままに嫁ぐ薄幸の令嬢ではなく
凛とした意志を持った大人の女性だったのも良かったし、
ちらりとだけ登場したルクレチア・ボルジア役の方の
「皆が私の事を娼婦ルクレチアと呼んでいる」と父と兄の権力争いの道具に何度も嫁がされて
やさぐれていながらも気位の高さを失わない感じもよく出てて印象に残りましたー
ルネサンス時代のドレスの衣装も豪奢で素敵。
最後、瀕死のコンテッシーナに天井画を見せながらあのアダムのモデルはジュリアーノ、
処刑された盗賊メンドリーニは神の姿に描いたと教え
システィーナ礼拝堂の天井画の次の仕事で描く聖母マリアはコンテッシーナだと伝える所と
人は悲しみを残すために死ぬのではない、
愛を残して死んでいくのだ、自分も精一杯愛を残して死のうと言う
ミケランジェロの独白で終わる幕切れが凄く感動的でした。
場面転換の所でもっさりしてて学生の演劇部みたいなのはやっぱりヅカだなーと思ったけど、
宝塚でこれ程完成度の高い脚本と演技が出来る人がいたんだ、と
馬鹿にしてたことを反省させられましたー
同時放送の2007年花組公演のショー「タキシード・ジャズ」は
1920年代のアメリカが舞台というのは好みだったけど
衣装も振り付けもダンスもいまいちハジけなくて残念でしたが。
PR

ロイヤルオペラ アンジェラ・ゲオルギュー主演「椿姫」


絵は久々のアナログで椿姫風リリー・ヘザー王妃。
胸と髪の花は薔薇ではなく白椿ですが特に髪の方綺麗に描けなかったorz
1ヶ月イラスタでCGばかり描いてたので描く暇無かったけど、
この絵もずっと描きたかったのですー
リリー・ヘザー王妃は色々な髪型で描いてるけど、
そう言えばデフォルト衣装の時の縦ロールに近い髪型は描いた事無いなあと思って、
黒髪の縦ロールが似合うドレス=椿姫風のクリノリンスタイルの白ドレス、という連想で。
ドレスを塗った白というかグレーのコピックチャオC3が途中で切れてきて焦りました。


前々から買おうか迷ってたコヴェント・ガーデン・ロイヤル・オペラの椿姫のDVD、
15日に関内のブックオフで1950円で買ってきましたー
どこのブックオフでも大抵同じ値段で置いてあるけど、
amazonで見たら中古でも6000円とかするのでそれに比べたらお特だし…と思い切って。
アンジェラ・ゲオルギュー主演の椿姫はミラノスカラ座のブルーレイを持ってるのですが、
その時より大分若いときの映像だし
ロイヤル・オペラの演出どんな感じなのか気になって買ってみました。
結果、買ってみて良かったですー衣装とかジャケットから想像してたより遙かに豪華だったし、
何と言っても若い頃のゲオルギューが女神のように美しい><
演出は…まあ良く言えばスタンダード、悪く言えば平板でのっぺりした感じで
何一つ新鮮とか面白いなーと思える所がありませんでしたが、
シンプルすぎる演出がゲオルギューの美しさと演技力・歌唱力を返って引き立てていて
椿姫のDVDやブルーレイ何枚か持ってる中で決定版になりましたー

第一幕のヴィオレッタの館、セットはさほど豪華でも奥行きもないけど、
シシィを思わせる黄色い星が散りばめられた白いドレスを着たゲオルギューが
あまりにも美しくて言葉を無くしました…
ミラノスカラ座のブルーレイでも充分綺麗だけど、
このDVDは1994年の舞台という事で
まだ青春の輝きを残したゲオルギューの娘らしい華やぎが感じられる顔が本当に美しい…vv
艶々とした黒髪も本当に綺麗で、
まさに絵画から抜け出してきたような美女という表現がぴったりで
私の理想の美しさにかなり近かったです。リアルリリー・ヘザー王妃をやってほしい…
フローラ役のリー・マリアン・ジョーンズもまた違ったタイプの美女で
衣装も豪奢で素敵でした。
字幕も「~でしてよ」「~ましてよ」とヴィオレッタの台詞?が古風な言い回しで萌えました。
乾杯の歌はあまり印象に残らなかったけど、
ヴィオレッタがアルフレートから愛を告白された後
「そはかの人か~花から花へ」を歌うとき結っていた髪を手ですきながらほどく演出で
ウェーブのかかった肩下位の黒髪が胸にかかる様も何とも可憐で美しかったです~vv
若い頃のゲオルギューの声も娘らしくて綺麗なんだけど、
花から花へのラストで高音を伸ばさないのはまあ良いけど
ラスト声が伸びないですぐ歌い終わっちゃったのは拍子抜けでした^^;;

第2幕のヴィオレッタの淡い黄色のデイドレスもディティールが細かくて可愛かったーvv
アルフレード役のフランク・ロパードはうん、
バカボンらしい感じが良く出てて良いと思うよ(褒めてる)
ジェルモン役のレオ・ヌッチは有名なバリトンだけど単なる偽善者にしか見えなかったな…
とにかく演出に全く工夫が有りませんでしたが、
それだけにゲオルギューの繊細な演技力と音楽の美しさが映えてました~
「愛してねアルフレード」の前の
泣いて声を震わせる所や無理に笑顔を作る所のゲオルギューの演技良かったです。
第2幕2場のフローラの館での夜会も第3幕のヴィオレッタの寝室も
演出が変に凝ったり間を持たせてない分スピーディーに展開して
最後まで飽きずに聴けて良かったです~
1幕の輝くような美しさのヴィオレッタと
第3幕の死に瀕した青白い化粧気のないヴィオレッタの顔の対比がばっちりで効果的でした。
ゲオルギューより上手いソプラノはいくらでもいると思いますが、
女神のような美しさは今まで観てきた椿姫の舞台や映像の中でもダントツで、
まさに理想通りのヴィオレッタでハマり役だと思いましたー思い切って買ってみて良かった!

ベーリックホールで優雅なひとときを♪


今日は通っている作業所の外出プログラムで
山手西洋館のベーリックホールで開催された無料コンサートに行ってきました~^^
2015年のハロウィン時期に先日デートしたjunさんと山手西洋館巡りした時に
ベーリックホールにも来ましたが、
改めて来てみるとやっぱり何ともムードのある佇まいが素敵な洋館でしたーvv
お天気も良くコンサートのあるホールの大きな明かり取りのレトロな窓から
陽光が燦々と降り注ぐ様は何とも絵になりますね~

出演者は
ソプラノの菅沼詔子さん、そのご主人で司会も務めるバリトンの菅沼敬一さん、
ピアニストの吉田繭子さんの3人。
コンサートが14時からで、開始15分前位に席について待ってましたが
手持ちぶさたになっていた所に
「まだ始まるまで時間有りますが何して良いか分からないですよね~」
と菅沼敬一さんがマイクを手に入っていらして、
実は3日前にお風邪を引かれてしまったそうですが、
歌うときお腹に力を入れると言うけどお腹というのは横隔膜の事で、
横隔膜を鍛えると心臓が丈夫になったりしゃっくりが出なくなったり良いことだらけ!と
茶目っ気たっぷりのトークで楽しませてくれましたー

左:菅沼詔子さん(ソプラノ)
右:菅沼敬一さん(バリトン)

そんなこんなで開始時間になり、まずは菅沼敬一さんが
ナポリ民謡の「つれない心」という歌を披露。
確かにお風邪引いていたと言われると納得出来るお声でしたが^^;;
「やっぱり声出てませんねー歌手が途中で声出なくなったって珍しい物見られましたね~」
と自虐なさっていたので許してしまいました(笑)
続いて菅沼詔子さんがサティのジュ・トゥ・ヴを歌って下さいましたが、
歌い終わって「失敗しちゃった^^;;」と苦笑いしていたとおり少し緊張が感じられたかな。

その後も敬一さんの軽快なトークを合間合間に挟みながら、
敬一さんご自身で編曲されたカッチーニのアヴェ・マリアを詔子さんとお二人で歌われたり、
モーツァルトのオペラ魔笛より私の大好きなパパパの2重唱を歌って下さったりで
久々の声楽のコンサートを楽しみました~
カッチーニのアヴェ・マリアはマリア様に救いを求めるイメージで編曲したと仰っていた通り、
原曲よりも壮大でシリアスな雰囲気になっていて
歌うお二人の声も綺麗に解け合っていて良かったです~
真面目な映画の過酷なシーンでBGMに流れていそうな感じが個人的に気に入りました。
伴奏の吉田さんのピアノもお上手だったし、
何度も言いますがベーリックホールのロケーションも最高で
詔子さんと吉田さんのドレスもそれぞれとっても素敵で眼福でしたvv
詔子さんのドレスは紫がかった濃い青に身頃とスカートにビジュー?ラインストーン?が
雨のように散りばめられていて、大人っぽい雰囲気で素敵でしたー
ピアニストの吉田繭子さんのドレスはピンクで胸元にリボンが付いてたり
バックスタイルの背中が編み上げだったりでフェミニンな雰囲気もありつつ、
すとんとした広がりのないスカートのシルエットと
ジャガード織の様な地紋があるデザインで甘くなり過ぎなくてこれまた素敵でお似合いでしたv

 パパパの2重唱で第一部が終わり、休憩中に撮った
コンサートホールの続きにある出窓?って言うのかな?の写真。
最初敬一さんが歌う際に1回ホールを出て行く詔子さんの青いドレスの裾が
この出窓の中に消えていく様が
まるで古風な映画のワンシーンを見ているようでとっても印象的だったのでした~///


15分ほどの休憩の後第2部開始。
敬一さんがイタリアで歌の勉強をしていたとき
羽目を外しすぎて兵士にパスポートを取り上げられたあげく銃を突きつけられて、
お前は何をしに来ているんだと聞かれ歌を勉強していると言ったら歌えと言われ、
「オーソレミヨ」を歌ったら拍手されて開放してもらえた、
芸は身を助けるって言うけど歌が役に立ったのはあの時だけですね、と笑いを取っていました。
日本でドン・カルロだったかを上演した際衣装は全てイタリアの舞台の物を借りてきて、
全く歌わない出演者の衣装でさえ一着2000万で
「お前等座るな、飲むな、食べるな」と言われたという話も凄く印象的でした(笑)
敬一さんが歌われたフィギュアでよく使われるロシア民謡「黒い瞳」も
歌詞の内容までは知らなかったのでそんな意味があったのかーと勉強になりましたー

2人の方が同じ歌詞に曲を付けた「さくら横ちょう」という歌を
あまりに声が出ないため敬一さんが本来歌う予定だった中田喜直さんの方の曲も
詔子さんが歌うことになったりと、
無料コンサートだからこその柔軟な感じも面白かったですが、
私は最初に詔子さんが歌われた別宮貞雄さん曲のさくら横ちょうの方が艶っぽくて好きでした。
最後にお二人でエンヤが歌って有名なTime to say Goodbyを歌って、
アンコールでどなたの曲か忘れてしまいましたが
日本語の歌詞の「大きな空」という歌をまたお二人で歌って締め。
こういう民謡でも童謡でも演歌でも無いけどクラシカルな日本語の歌、って
なかなか聴く機会も聴いたこともないので新鮮で良かったですー
子供の頃やんちゃした頃を思い出す、という歌詞にゆったりとした曲調が合っていて良かった。

敬一さんの方はやはり声が少し掠れていた感じで残念でしたが、
ソプラノの菅沼詔子さんは少し声低めだったけど高音は綺麗に澄んでいて良かったです~
無料でこんなに豪華で本格的なコンサートが楽しめるなんてvv
声楽大好きなのでとっても楽しかったです~素敵に優雅なひとときを過ごせて至福の時間でした♪

junさんと友チョコ☆素敵なバレンタインデート♪


1個下↓にパディントン2の感想記事あり。

と言うわけで、昨日はjunさんと一緒に10時20分から109シネマズ港北でパディントン2を観た後
同じ港北東急SC内の地下一階にあるサンマルクカフェでランチデートしてきましたー♪
写真は2人とも同じ物を頼んだ本日のランチセット。
曜日によって具の変わるサンドイッチと
プレーンチョコクロかロイヤルミルクティーチョコクロのどちらかを選べるセットに
ドリンクがついて600円弱のお得な値段設定♪
水曜日はエビマヨのサンドでぷりぷりのエビとクリーミーなマヨ味が美味しかったし、
ロイヤルミルクティーチョコクロも紅茶味のチョコが入った
きめの細かいクロワッサン生地がほろほろとして美味でしたvv

いつものデートではあちこちに会話が飛ぶのですが^^
昨日は色々な話題をしつつも1つ1つの会話をかなりじっくりしていたので
ほとんどの会話内容を覚えております~
まずはパディントン2良かったねー!と
テツにはたまらないトレインアクションシーンやヒュー・グラントの好演など
ここが好きだったーという話で盛り上がり、
junさんが19歳頃の時初めてお母様と海外行かれたのがイギリスで、
パディントングッズがいっぱいあって国民的なキャラクターなんだなーと思ったという思い出や
私がブログに書いた山岸凉子先生のネジの叫び雑誌で読んだよー!という話から
junさんが昔大好きだった漫画家さんで内田善美先生という方がいて、
その方のコミックスでどうしても欲しい物があるからオークションで買っちゃおうかと思ってる
というお話から、
一度欲しいと思うとどんなに高くても意地でも手に入れたくなるよねーと共感し合い、
そこから派生してjunさんがオークションで落札した出品者の方と個人情報のやりとりする際
ささいなきっかけから思わぬ友情が芽生えたという素敵なお話を伺ったりして、
普通のショップで通販するのとは全く違った人間同士の生身の楽しみがあるのが良いよねーと
人の縁って本当に何がきっかけになるか分からない所が面白いよねーとしみじみしてました。

その後私がこれまたブログに書いた
「プリンセス願望には危険がいっぱい」という本がめっぽうやたら面白かったー!という話をして
ディズニーの影響力が大きすぎて10人10通りのプリンセス像があって良いはずなのに、
白雪姫とかみんなあのディズニー映画のイメージで固定されてるのが許せない!!
お前等には想像力がないのか!!と憤る私にjunさんが同調してくださり
ディズニーのアリエルとか人気だけど、
あれが人魚姫のお話だとは思って欲しくないよねーという話から
「人魚姫の王子はいい人かもしれないけど気遣いできる人ではないよね笑
人の上に立つのが当たり前の育ちをしてきて、
素性の知れない人魚姫を妃にするわけにもいかないし」

大人になったからこそ出来る考察話でしばし盛り上がったりして楽しかった~♪
junさんがお友達のご縁で元タカラジェンヌの方のディナーショーに行くことになり、
ロングドレスを着てくる方もいるらしいので
今からそのショーで着るお洋服をいかにプチプラで揃えられるか頑張る、と意気込んでらして、
「結局お金じゃなくて、欲しい物を安く買えたという満足感があるから楽しいんだよねー」
と仰るjunさんに私もブックオフで買い物するのが大好きなので共感し
「そうそう!!私もあえて欲しい本でも新刊で買わないで
ブックオフで並ぶのを待つのが好き~見つけたときの感動がひとしおだから!!」と
熱く語り合ってました(笑)

あまり表には出せない本音暴露トークもしたし、
私が「今年こそくるみ割り人形デートしましょうねって言ったけど、
今年は東京バレエ団も新国立劇場もくるみやらないんですよー><」と悲しんで
代わりに11月にミュージカル「マリー・アントワネット」を観に行こうか、という話になったり
今後のデートの楽しみが膨らんでわくわくしましたvv
今回はいつもよりかなり淡泊で簡潔に書いたつもりですが、
実際にはこれらの会話を順繰りに3時間ほどもかけてノンストップで語り倒し、
相変わらず充実した時間でとっても楽しかったですー!vv
バレンタインデー当日という事で
2人で示し合わせた訳ではないけど2人ともチョコ大好きなので自然と友チョコ交換の流れになり
私は10日に都筑阪急で買った神戸モンロワールのハートインハートをお渡しし
junさんからは去年のバレンタインデートでも頂いた
メリーの薔薇の形のチョコレートアソートを頂いてほくほくvv

 
大好きなお友達とバレンタインの贈り物が出来るって良いですね~(^o^)
頂いたローズチョコレートもとっても美味しかったです~♪
そんなこんなで体感時間では4時間位喋っていた気がしましたが15時40分頃junさんとお別れ~。
元々はXmas好きの縁でお知り合いになったjunさんと
こんなに多方面の会話が出来るようになるなんてvv
お互い横浜住まいの気安さもあってさらっとお別れできるのも良いところ♪
映画もランチも会話もとっても大満足の素敵なバレンタインデーになり幸せでした~(*^_^*)
junさんまた絶対スイーツデートしましょうね~!
やっぱりいつも通り長くなりましたが(^_^;)デートレポ終わり!

パディントン2


今日(2月14日)は109シネマズ港北にハマのXmas大好き仲間^^junさんをお誘いして
パディントン2観に行ってきました~
先月の19日に封切られてまだ1ヶ月経ってないのに
吹き替え版一日2回しかやってないので
やっぱり続編って駄作多いし出来良くないのかなー…と
見終わった後つまらなくて気まずい空気になるのを半ば覚悟して観たのですが、
そんな心配も吹っ飛ぶまさに快作でとっても良かったですー!
1は去年のクリスマス当日にTVで放映していたのを観ていたのですが、
観ていないjunさんも楽しめたようで、お誘いして一緒に観られて本当に良かったですvv
もちろん1が有ること前提では有りますが、
1を超える出来だと思いました~
しかしレディースデーだったのに私達の他に2組くらいしかお客さんいなくて、
こんなに良い映画なのに勿体ない…
パディントンに限らずどの映画も人をほとんど見ませんでしたが大丈夫なのかなあ。
では続きから感想~

・・・つづきはこちら

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 3
4 6 7 8 9 10
11 13
18 19 20 22 23 24
25 26 27 28

フリーエリア

最新コメント

[02/24 小雨]
[02/23 葉月]
[02/15 小雨]
[02/15 jun]
[02/01 小雨]
[01/30 昭]
[01/28 小雨]
[01/28 葉月]
[01/28 小雨]
[01/28 れおな]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 雨の通り道 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]