忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10

本日junさんとセンター南でデートして参りましたーv
junさんにはhideさんとの初オフ会の時や去年の夏のかき氷デートの時などに
素敵なプレゼントをたくさん頂いていたので
いつかお礼がしたいな…と思い
心ばかりの品を用意してこちらからデートにお誘いしたのですが
快く応じて頂けて嬉しかったですvv

待ち合わせは14時にセンター南改札口。
junさんと会うやいなやほとばしるトーク!
本当に旧知の友人のように話が弾んで楽しかったですー
遅ればせながらの新年の挨拶などをしつつ
駅を出てすぐのショッピングモール内の不二家に着いて、
ゆったりとしたソファ席に座れて良かったです♪
2人ともお昼を抜いてきていたのでランチも良いねーと話し合いながらも
やっぱり不二家さんに来たら甘い物でお腹満たしたいよねーと
junさんはミルキークリームロールパフェ、私はチョコバナナホットケーキを注文。
junさんが行きたがってらした新横浜プリンスぺぺの
苺スイーツビュッフェの写真を見ながら結構良いお値段しますねーとか
誰に言っても驚かれる私の一人でビュッフェに行った武勇伝とかを語りながら(笑)
楽しくそれぞれの注文した品を食す私達。

小雨「このホットケーキ美味しいんだけどナッツが入ってるのがちょっと…
   私ナッツあんまり好きじゃなくて…」

junさん「私も前中華街のマンゴーかき氷食べた時にココナッツが入ってて…
    かき氷を食したいのにココナッツって完全に邪魔じゃない?」

小雨「あーそれは駄目ですね、食べログで星一つ付けないと」

とかそういう会話をしながら(笑)
お優しいjunさんがミルキークリームの最初の一口を食べさせて下さいました!!
さすがミルキーにしか出せない優しい甘さで美味しかったですー
スイーツビュッフェとかって結局お店側が絶対損しないようになってるんですよ、
という世知辛い話から関内にあるホテルの美味しいアフタヌーンティーの話になり、
あの三段になってるスイーツやサンドウィッチ載せるお皿の名前を初めて教えて頂きました!
スリーティアーズ…でしたっけ?^^;;
2人ともスイーツが大好きなので時期柄チョコレートの話になったり
ゴディバのチョコって正直そんなに美味しいか…?
あれならカルディとかで売ってる袋入りのチョコとかの方が美味しいのあるよねーとか
盛り上がりましたー

食べ終わった後満を持してお礼の品をお渡しする私。
東京文化会館のギフトショップで買った
私の持ってるのと色違いの赤いチュチュを着たトルソー型ジュエリースタンドと
junさんのブログでのHN、j-roseさんのイメージで選んだ
薔薇のレース模様のメッセージカードをお渡ししたのですが
喜んで頂けた様で良かったです;;
junさんからもメリーのチョコレートを頂いてしまい恐縮ながらも嬉しかったですー!;;
今年は金欠で自分用にチョコ買うのは諦めようと思ってたので思いがけない喜び!vv



家に帰ってから開けてみて可愛さに嬉しい悲鳴v一粒一粒大事に食べますー!

その後も不二家さんで誕生日お祝いするお子さんが2人ほどいて
店員さんのアナウンスに従って拍手したり
junさんが私の主人と息子も去年の誕生日不二家でお祝いしたよーというお話を伺ったり、
中学の時の同窓会でお友達と再会して楽しかったお話とか、
中学生くらいの時の友達ってまだ生々しくなくて何か良いんだよねーとか
楽しいトークは続いていきましたー
特に2人とも昔集めていた雑誌を捨てられないというお話になって、
全く見返したりしないんだけど、でもその時ときめいた大事な思い出がこもってて
それを捨てるのは自分の一部を捨てるようでどうしても出来ないんだよね、と
深いお話が出来て良かったです。
ちょっぴり甘酸っぱい恋バナとかもして楽しかったですー(笑)
芸能人なら誰が好き?とか漫画キャラなら誰が好み?とか
筋骨隆々としたスポーツマンタイプは好きじゃないとか意見が一致したり。
junさんの息子さんは裏表がある女の子が全然好きじゃなくて、
自然体の家と外で全く変わらない女の子が好き、と言ってらっしゃるそうで、
男性はみんなばっちりお化粧したお洒落な可愛い女の子が好きだと思ってた私は
化粧やらファッションやらに気を使うのがめんどくさい私の前にも
そんな男性が現れてくれたら良いのに…と密かに思ったのでした(笑)

そんなこんなで2時間ぶっ通しで話し続け16時頃不二家さんを出て、
港北東急SCの中に入っているダイソーで豪遊するーというjunさんとお別れして
私はブックオフでZARDの25周年ベストアルバムを買って帰ってきました。
junさんに別れ際に楽しかったーと言って頂けて嬉しかったです!
私もとっても楽しかったですー!vv
junさん私のお誘いに応じて下さり
わざわざセンター南まで足を運んで頂き本当にありがとうございました!
スイーツと盛り上がるトークで幸せでしたー!
また関内のアフタヌーンティーや色んな展覧会なんかがあったらご一緒して下さいvv
PR

BSプレミアムで再放送していたセーラームーンRが30日で終わってしまいました…
当然スターズとかスーパーもやってくれる物とばかり思ってたので
新シリーズの放送はありませんのテロップに絶望しました…
最終回、無印の最終回ほど神がかった演出ではなかったけど
ネオクイーンセレニティになったうさぎとちびうさが銀水晶の力を使う所とか
未来に帰ったちびうさが
ネオクイーンセレニティとキングエンディミオンに迎えられるラストは
何だかんだ言っても感動しました。
今度はセーラー戦士達もみんな生きてて力になってくれたし。
セーラームーン、セーラー戦士達のキャラがみんな凄く立ってて
キャラの組み合わせで何通りもの化学反応が生まれる所が凄く好きでした。
あやかしの四姉妹とかエスメロードとか敵キャラも個性的で良かったなあ。
サフィールとか影薄かったけど黒髪男子好みだ…声も良い…
ブラックムーン一族の額の逆三日月が良い!
ブラックレディも綺麗でかっこよかった。
未来に行ったりシリアス展開になってからももちろん面白かったけど
やっぱりみんなできゃいきゃいしてる回が好きだなあ。
セーラー戦士達がケーキバイキングに行く回とか
エスメロードにぶつかったまこちゃんが
「あ、ごめーんおばさん!」とか笑いました。
リアタイ時数回しか観てなかったけど唯一覚えてた
「胸もお尻もぺったんこ」「引き締まってるって言ってもらいたいね!」
って台詞が出てきたときは感動しました。
美奈子ちゃんのナース騒動の回も好きだったなあ。録画残しておくんだった…
みんな可愛いけどまこちゃんのさばさば男らしいのに乙女でお料理上手なギャップが好きです。
無印再放送から毎週欠かさず楽しみに観てたので
セーラームーンロスになりそうだけど、
20周年記念本も買ったし何話か録画してあるのを繰り返し観ようと思います~
これは世の女の子達が夢中になったのも分かるわーと思わせる
質の高いエンターテインメント作品で大人になってから初めて観たけど面白かったですー!


コバルト文庫は白川紺子さんの
「公爵夫人は銀灯師 おしどり夫婦の愛は王宮を救…う?」読みましたー
棘公爵の花嫁でこりたので白川さんは作家避け決定と思ってたのですが、
安くなってたので買ってみたら思いの外楽しめましたー!
白川さん薄い薄い言われてるけど
今回は主役カップルが最初から夫婦という設定なので
細かい恋愛描写とか書かなくても良くてこっちの方が白川さんに合ってるなーと思いました。
そこはかとなく悪婿っぽかったけど、
妻を溺愛するヴィートと無愛想でツンデレ気味のミレナ可愛かったです~
銀灯師という物がどういう物か全く説明が無く進むのでちょっと混乱しましたが
王宮を舞台にした女官達のどろどろいじめとか
女の子がいっぱい出てくる感じが好みで良かったですー
ヤン・ペレンとかリリアナとか脇キャラも良い味出してて良かった。
挿絵の凪かすみさんのイラストもとっても繊細で綺麗で、
特にカタリナ、ベルタ、アデラの3人の女官達のタイプの違う美少女の挿絵が好きですー
ミニペーパーのミニ小説とキャララフも良かったです!
キャララフ素敵ーヴィートかっこいい!ラフ画見るの大好きなので眼福でした。
ミニ小説もミレナを取り合うヴィートとその母リブシェが可愛くて良かったです。


久々に漫画も読んでましたー
ベルばらの13巻エピソード編Ⅲが出てるの書店で知って買おうか凄く迷ったのですが、
その後行ったブックオフで売ってたのでガッツポーズで買ってきましたー!
まだ発売してから1週間しか経ってないのにラッキー。
でもオスカル編は本編のリフレインというかダイジェスト版に
ちょっとだけ新シーンを付け足したみたいな感じでいまいちでした…
マリー・アントワネット編も言いたいことは分かるんだけどとってつけたような感じでなあ…
カラーページも期待してたほどドレスドレス!!って感じじゃなかったけど、
まあ漫画内でドレス分が補充できたので良いか。
定価で買わなくて良かったーって内容でした。
マリー・アントワネット編の扉はさすがにドレスドレス!!だったのでまあ良かったかな。


安藤なつみさんの「ワルツのお時間」ブックオフで全3巻買いましたー
こちらは凄く良かったです!
社交ダンスの大会に出る4人の中学生の男女の恋愛模様を描いたお話。
映画Shall We ダンス?を観てから
社交ダンスに凄く興味があったので手に取ったのですが、
構成が凄く上手で見事でしたー
たんごがもう一度大会に出ることを決意する過程とか
菫がたんごのパートナーだったのは分かり切ってたけど、
菫とたんごが上手く踊れなくなっていった理由とか
菫がダンス大会に一人で取り残された事件の真相が明かされるところとか。
姫愛がたんごに初めて名前を呼ばれて夢が叶った!って所とか。
安藤さんの漫画読むの初めてだったけど短いから打ち切り?と思ってたけど
凄く綺麗にまとまってて素敵なお話でした。
何より主人公の姫愛のモノローグが凄く健気で一生懸命で
ダンスの魔法が読んでるこちらにも感じられて応援したくなりますー
菫がこのままいなくなってくれたらって思って自己嫌悪になっちゃう所とか
凄く気持ちが分かって逆に良い子だなーと好感持てました。
菫と勇誠のカップルも凄く好きです。正直たんごより勇誠の方が好みだー
誠実で優しくて包容力があって最高やん…
絵も凄く綺麗で上手で、社交ダンスのホールドがとっても素敵でした。
近々ダンスシーンのある漫画描きたいなーと思ってたので色々参考になりそうですー




という事で今年の年賀絵です~去年の10月中旬位に描いてました。
今回は振り袖の色を何色にしようかと思って、
最初は黒を考えてたけどやっぱりもっとカラフルな色にしたくて
あまり使わない緑にしてみましたー
この絵のために横浜まで緑のコピックスケッチ買いに行ったけど
その甲斐あって振り袖は結構気に入ってます~
髪型はまだ描いたことのないものと言うことで明治後期~大正頃流行ったまがれいと。
花子とアンでイメージ検索して髪の膨らみ方やりぼんの飾り方を徹底的に研究して描きましたー
というかほとんど写真丸写しなんですが、
リボンの後ろ端?が風にひらひらなびくさまが目に見えるように描けたのではと自負してます。
明治時代の華族のお嬢様、竹宮栞摩子(たけみやしまこ)子爵令嬢。
明治時代なのに着物や帯揚げ、帯締めの感じが現代風なのは
現代の振り袖カタログを見ながら描いたからですよ…
この時代はもっと半襟を大きく出して着てたんですけどね~資料が足りなかった…
エアブラシを使った背景のお花はもっと背景全体にくまなく散らしたかったのに
ちょっと白い部分が多くなって寂しくなっちゃったのが心残りですが、
全体的には気に入ってる絵です~
でも買ったばかりのコピックスケッチの緑が
襟塗ってる時インクがぼたたっとこぼれて大変だった…
位置的に致命的な失敗にはならなかったのが幸いですがちょっとはみ出しちゃった。

去年も当ブログにお越しいただいた皆様、本当にありがとうございます。
いつも来て下さる方も通りがかりの方もとても感謝しております。
今年も気まぐれに絵を描いたり少女小説日記を書いたり
時には観劇レポやオフ会記録なども書いたり、
とにかくマイペースで好き勝手にやっていくと思いますが、
どうか2017年も雨の通り道をよろしくお願いいたします。

amazonで買った
リチャード・ロジャース&オスカー・ハマースタイン2世のミュージカル、シンデレラの
オリジナルブロードウェイキャスト版サントラ、
25日に届いてからずっとヘビーローテーションしてます~
最初はブランディー主演のTV映画版のサントラだと思って注文したので、
始めこそTV版の10 Minutes A Goが欲しかったのに~と思ってましたが
繰り返し聴いてる内に今ではすっかりお気に入りになりました~
タイトルロールのローラ・オズネスさんは
去年の年始に行ったミュージカルコンサートで生でお姿拝見したばかりだし。
TV映画版より静かな感じの10 Minutes A Goも良いけど
その後のCinderella waltzの盛り上がりが好きです~ワルツ曲は大好き。
継姉達の歌もコミカルで楽しいし序曲もわくわく感半端無くて好き~
家にいながらにしてブロードウェイの舞台を観ているような高揚感に包まれて聴いてて幸せー
ロジャース&ハマースタインの曲は本当に人間を肯定している感じがするというか、
性善説を感じさせる人間への愛が溢れている感じがとても素敵で
楽しい曲なのに聴いていると涙が出そうになります。


湖池ことりさんのコバルト文庫「犬恋花伝-青銀の花犬は誓約を恋うー」と
葵木あんねさんのルルル文庫「墓掘り王と身代わり寵姫」読みましたー

犬恋花伝は発売時も後も全く興味なかったのですが安くなってたので。
デビュー作とのことですが、花犬や花躁師といった独特の設定を練り込む力量を感じましたー
序盤でそれらの設定が次々と説明されていく感じにお、おう、と
ちょっと頭に入れるのが大変だったけど、
死んだハルシの事を忘れられないコトナと
そんな彼女に本当は自分を見て欲しいのに素直になれないセキ、という物語の主軸が
最初から最後までブレなかったのは良かったですー
セキの切ない想いに涙しました。
コトナもまっすぐで行動力有るヒロインでかっこよかったし、
薬花術師のヤダケやコトナに何かとつっかかりながらも根は良い人のシャリジとか
脇役の活かし方も上手くて良かったですー
恋愛色薄くて花犬が人型になれるという設定はあまり活かされなかったけど、
この設定が無ければコバでは受賞は難しかったでしょうね…
あきさん絵の人型セキが美形なのは萌えでした。
英国マザーグース物語と同じあきさん絵、やっぱり可愛いしかっこいいなあ。
少女小説というより児童文学っぽかったけどたまにはこれ位恋愛要素薄めなのも良いかな。


葵木さんの墓掘り王はもう葵木さんの中華物は買うのやめようと思ってたけど
前書いた「嘘つき女王の恋わずらい」が凄く可愛かったので買ったんですが、
ものっ…凄く内容が薄かったです…
長さはさほど他の葵木さんの本と変わらないのにこの薄さは一体…
嘘つき女王みたいに2人のすれ違いのじれじれ胸きゅんラブが楽しめるとばかり思ってたのに
何となく雄鷲が瑤蘭にほだされていっていつの間にか糖度MAXになってるみたいな感じで、
恋のときめきとかじれじれ感が全くなくてがっかりしました。
邪教集団の件もどうでも良かったし
翠媚ももっと重要な役かと思いきや全く存在感無いまま終わったし。
雄鷲がいつでも瑤蘭を切れると思ってるのが
後々切ない葛藤を生むのかと思えばそんな事も全くなくて、
とにかくイージーモードな話でした。
あと各章のTL小説みたいな頭悪そうなタイトルもどうかと思いました。
ぶらんこ芸で頭をぶつけたのを無かったことにする瑤蘭に
突っ込む雄鷲のシーンは笑いましたが、ギャグも相変わらずぎこちない感じだし。
今度こそ葵木さんの中華物はもう買わない…

01/26

2017


先日買った花園あずきさんの「イラストでわかる麗しのドレス図鑑」という本を見ていて
久々にバッスルスタイルのドレスが描きたくなって描いてみました。
せっかくならということで鹿鳴館風。
本場のバッスルスタイルより原色使い多めでレトロな雰囲気を出してみました~
ずっとこういうお花柄のバッスルスタイル描きたかったのですよ。
バッスルの後ろの膨らみいつももっとボリューム出そうと思うんだけど難しい…
トレーンの表現にこだわりました~裾を引く長いトレーン萌え~
黒髪の貴婦人でリリー・ヘザー王妃じゃない絵は久々ですね。
もっと若い貴婦人にしても良かったけどまあこれはこれで良いか…
華族の令夫人のイメージで。
猪熊貴子(いのくまたかこ)男爵夫人。

華族といえば去年NHKBSプレミアムでやっていた
華族150年の歴史という番組が色々ツボ過ぎて萌え萌えでした。
ミニドラマの紫吹淳さんのバッスルスタイル姿がとっても素敵だった~
エンドロールで一人でワルツのステップを踏んで最後にお辞儀して終わる所も好きですvv
DVDに焼いて永久保存しますー
華族の華やかな部分だけじゃなくて戦後華族令が廃止されて
色々困窮したり没落した華族の事なんかも知られて良かった。

原寸大↓
<< 前のページ■  ■ 次のページ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
● カレンダー ●
03 2017/04 05
S M T W T F S
2 3 6 7 8
9 10 12 13 14
16 17 18 20 22
23 24 25 28 29
30
● フリーエリア ●
● 最新トラックバック ●
● プロフィール ●
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
● バーコード ●
● ブログ内検索 ●
● P R ●
Designed by TKTK
PHOTO by Sweety
忍者ブログ [PR]