忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |
Posted : 2017/10/16 23:59

このブログからもリンクさせて頂いている素敵サイト、LIGHTBLUE管理人様の
yumiさんのお誕生日祝いにyumiさんのお宅のお子さんを描かせて頂いたイラスト。
yumiさん勝手に載せてしまいすみません><問題がありましたら仰って下さいませー;;
左がリノンさんで右がミルティーユさんというお名前です。
お二人の髪の塗りがまあまあ上手くいった気がします~


今日の夜中BSプレミアムで放送していた「ルグリガラ」Bプロ観ましたー
パリオペラ座の元エトワールで、ウィーン国立バレエの芸術監督
マニュエル・ルグリ主催のガラ公演。
コンテンポラリー多めでちょっと飽きたけど、クラシックも結構あったし
踊りの前に出演ダンサー達について語るルグリの映像とかもあって楽しかったですー

エスメラルダは悪くなかったけど、
エスメラルダのヴァリちょっと音とずれてる所あったし
タンバリンを脚で叩く所とかコンクールでもっと上手い人たくさんいるしなーって感じでした。
脚が軽々と高く上がるのは良かったですが。
男性ヴァリはいかにもノーブルな雰囲気がでていて良かったですー

次の男女のカップルと男性一人のコンテは正直駄作だと思いました…
三角関係を描きたいのかな?
でも女性のちょっとフラメンコっぽいスカートが三段フリルになった衣装は素敵でした~

海賊のアダージョは女性が明るいんだけど大人っぽくて女性らしい雰囲気で良かったです~
淡~い紫のチュニックドレスの衣装も素敵。

その次の男女のカップルのコンテは
それぞれの営みを続けながらも、共に生きている2人、という感じがして現代的で結構好きです。

更にその次の女性一人のソロのコンテは
冒頭の赤いバックに影絵のように浮かび上がる女性のシルエットが
ちょっとバリ舞踏みたいな感じで面白かったです~
きびきびとキレの良い動きが良かった。

ロイヤルバレエのマリアアネラ・ヌネェスとワディム・ムンタギロフの
ジゼル第2幕のパ・ド・ドゥはとっても良かったです~
ヌネェスのジゼルの、精霊になって感情はなくしてるけど
本能でアルブレヒトを守らなきゃと思っているような演技が泣けましたー
ムンタギロフもさすがエレガントな佇まいが良く出ていて
滞空時間の長いジャンプも良かったです。
一番好きかもー

ファラオの娘はボリショイバレエのオリガ・スミルノワが
難しいテクニックも軽々とこなしてる感じが良かったです。

ルグリとイザベル・ゲランのランデブーはローラン・プティの振り付け好きなので
最後まで飽きずに観られて良かったです。
死を象徴する美女に魅入られるルグリの演技も良かったし
美女役のゲランもおかっぱの独特の雰囲気が似合ってて。

ルグリとゲランのフェアウェル・ワルツは
ピアノ伴奏のしっとりとした感じと
大人っぽくてお洒落な雰囲気がとっても素敵な作品でしたー
まるでフランス映画のワンシーンを観ているような感じでとっても引き込まれました。

黒鳥はパ・ド・ドゥ全部やるのかと思って楽しみにしてたのに
アダージオのみでがっかりでした。
アダージオだけなら他にもっと良いのあったんじゃない…?

ドン・キホーテよりパ・ド・ドゥは
ヌネェスがジゼルとは全く違った表現を見せてくれてこれまたとっても良かったです~
キトリのヴァリ緩急の付け方が絶妙で大人っぽいキトリで良かった~
ムンタギロフのバジルもジャンプするときに脚を180度開脚したり、
ダイナミックな踊りで良かったです!
キトリの衣装もエレガントなデザインで素敵。

トリのウィーン国立バレエ専属ピアニスト・滝澤志野さんの伴奏付きのルグリのコンテは
ちょっとありがちな感じの振り付けに見えていまいち…
悪くはないけどコンテはやっぱりそんなに好きじゃないなあ。
でも自分でも踊りたい、今できる踊りを観て欲しいというルグリの語りは良かったですー


コンテも最初の方は面白く観てたけど段々惰性になってたけど、
クラシックの演目はおおむね良かったしまあまあ満足しましたー
今年の8月にやったばかりの公演なのに放送してくれたNHKに感謝!
ヌネェスのファンになりそうです~(笑)


久々に思ったより早くコバルト文庫を108円で買えて良かったです。
天命の王妃の日高砂羽さんの久々の中華物、
「皇帝陛下の愛され絵師~その筆は奇跡を招く~」。
でも小説の中華物あんまり好きじゃないし
内容も色々いまいちで残念…あまりいい評判聞いてなかったので期待してませんでしたけどね…
まずヒロインの彩霞がどんな性格なのかよく分からなくて
その場その場で流されてる感じが天命の頃から変わってないなーとがっかり。
ヒーローの啓超も全く魅力が分からなかったし、
彩霞が啓超に宮廷絵師に選ばれる所もあまりにもイージーモードすぎて
啓超彩霞が好みだから選んだだけちゃうんかという感じでした…
絵師になってからも形だけは悩んだり姉の絵には敵わないとか思ってても
基本トントンで進んでいくのでカタルシスもお仕事ものの醍醐味も全く無かったです。
とにかくラブ要素がおざなりで全く萌えないのが辛い…
悪役の宰相が最初から分かり切ってて全く意外性無いのも何だかなあだし。

ただネットの感想でヒロインの描く絵が全く想像できなくて残念とあったけど、
桃源郷とか威振八荒とかの画題を
いかに自分なりのものにするかという彩霞の工夫だけは唯一良かったと思いましたー
威振八荒で普通は小鳥を襲う猛禽を描くところを
民を守る政をしてほしいという願いを込めて雛を襲う蛇を狙う猛禽にする所とか。
流と留めという筆のタッチの付け方とかの
中国の絵画の技法を知られたのも興味深かったですー
PR
Posted : 2017/10/13 22:56

8日のオクトーバーフェストでれおなちゃんから依頼された、
れおなちゃんのオリキャラ・リュアのママ、ベルの
ドラムが見繕ったドレスを着た姿のデザイン画。
キャラデザのお仕事みたいでとっても楽しかったです~♪
ベル(美女)の名の通りもっと美人に描いてあげたかったけど、
私の画力では力及ばなかった…orz

ドレスのデザイン自体はれおなちゃんがメールで送ってくれた小説で
有る程度デザインがイメージできたのでそんなに苦労せず考えられましたー
セーラームーンの原画集Ⅱを買ったばかりで
ネオ・クイーン・セレニティのマーメイドラインで大きなリボンのドレスに萌え萌えしてたので
シルエットを少し意識して描きました。
バックスタイルのぐわっと大きく開いた背中と編み上げリボン描くのが楽しかったですーvv
ファンタジーや歴史上のお姫様の重厚でロマンチックなドレスを描くのも好きですが、
こういう現代のセレブが着ていそうなドレスというのも描いてみたら楽しかった♪
れおなちゃん、こんなもんでどうかね?^^;;


はい、れおなちゃんからリテイク出ましたー^^;;
れおなちゃんの要望は、

ドレスの色を銀灰色っぽくしてシックにする

デコルテは丸く

ドレスに白い刺繍を入れる

ボレロの色を濃い茶色に

でした。それらをふまえた改訂版↓

全体的によりゴージャスでかつ繊細な印象になったと思うのですがいかがでしょうか。
こういうデザインのお仕事憧れてたのでばんばん要望出してもらえて楽しかったですー
れおなちゃん以外のお客様にもデザインの試行錯誤の過程を見て頂きたかったので、
あえて改訂前も差し替えず載せておきますー
れおな監督、いかがでげす?

ちなみに朝書き忘れたけど、ベルのキャラデザのポイントというか
気に入ってる所は前髪の編み込みです^^
金髪ウェーブのオリキャラ多いので差別化したくて、今流行だしと取り入れてみましたー♪
Posted : 2017/10/12 00:12

という訳でjunさんと高橋真琴さんの原画展を観た後は渋谷センター街のDONAさんでランチ♪
ランチ以降は特にアートな要素はないのですが便宜上このタイトルで^^;;
写真はDONAさんでjunさんからプレゼントして頂いた
fifthさんというお店のワンピースを着た私。
junさんがサイズが合わなかったそうなので頂いてしまったのですが、
素敵なプレゼントに感激><家に帰ってすぐ寝ている母をたたき起こして^^;;
写メを撮らせ撮ってもらいました^^
身頃は余裕があってジッパーも締まったのですが、
私は下半身デブなので骨盤というか腿の辺り?がかなり幅ギリギリで、
少しでも太ったら入らなくなりそう(笑)
程よくカジュアルながらもお袖の姫袖フリルがとってもロマンチックで、
いかにもjunさんがお好きそうなお洋服だなーと思いました~
派手すぎないグレーのお色も素敵☆
秋冬のワードローブ乏しいのでこんなに可愛いワンピースを頂けてとっても嬉しいですー!vv
junさん本当にありがとうございました><
ではつづきからjunさんとのランチデートレポ!
Posted : 2017/10/11 22:43

本日は毎度お馴染み
ハマっ子・ロマンティック・Xmas大好き仲間の^^junさんとおデートして参りましたー!
渋谷の西武で開催されている少女画家、高橋真琴さんの原画展を鑑賞した後、
渋谷センター街にあるイタリアンレストラン・DONAさんでランチ&お喋りというコース。
毎度の事ながらお会いした瞬間から迸るトーク!とっても楽しかったですーvv
高橋真琴さんの原画展も私からお誘いしたのですが快くお付き合い頂けて嬉しかったです♪
やはり芸術に触れるのは一人よりお友達と一緒の方がより楽しいですものね^^
という事で今回は高橋真琴さんの原画展レポとランチデートレポ!
…と思ったのですが、原画展レポが思いの外長くなったので
デートレポとは別に記事を分けようと思います^^;;
とういう訳で高橋真琴さんの原画展の感想から。つづきからどうぞ。
Posted : 2017/10/10 21:14

今日はずっと楽しみにしていた
こちらのブログでも度々触れている波津彬子先生の連載作の1つ
「お嬢様のお気に入り」1巻の発売日!!vv
ツイッターでも書きましたが、
コミックス発売日には絶対またイラスト付きで波津先生にリプしようと思ってたのに
まさかのイラスト描き終わった後で
プリンター・スキャナ複合機が壊れている事を知りめちゃくちゃ泣きそうになりました…;;
幸いサポートセンターに電話して詰まってた紙を取り除いたら直ったけど、
スキャナもプリンタももう大分前から挙動がおかしいしいつ壊れるか怖いなあ…

波津先生のコミックスの発売日にはツイッター上で読者さん達が
ご自分の家で飼われてる猫さんと
コミックスを一緒に写真に撮って先生にリプする祭りがあって、
私も今回はぬいぐるみで便乗してみました。
明るい食卓を母が使ってたのでPC置いてる机で撮ったけど、
くまのぬいぐるみが暗くなっちゃって怖い…まあコミックスがホラーなのでちょうど良いか…
見ての通り表紙がとっても美しいのですよ~!!><
キャロラインの着ている少女用ドレスもレースの描写が繊細で可愛いし、
全体的な色合いも紫っぽいピンク色が綺麗~vv
周りの薔薇も美しくて装丁もお洒落でとっても素敵です!
しかし上の私の描いたキャロラインは
12,3歳っていう設定なのに前回同様幼くなっちゃったな…
ヴィクトリアンの少女用ドレスはあまり引き出しがないので前と似た様な形になってしまった…

カラー口絵は描き下ろしではないだろうなと思ってたけど、
半ば予想はしていましたが去年のflowers増刊冬号の表紙の流用で少し残念…
先日書いた通りこのイラストのカレンダーのためにflowers本誌買ったので…
でもカレンダーでは真っ白だった背景に
口絵ではちゃんと表紙になった時と同じ上品な茶色のお花が描かれてたので良かったです。
しかし波津先生もお忙しいからしょうがないけど、
うるわしの英国シリーズの時は毎回口絵も描き下ろしだったのになあ…あの頃は贅沢だった。

内容は全てflowers増刊おっかけてたので読んだお話ばかりだけど、
こうして一冊の本にまとまって手頃なサイズで読めるのはやっぱり良いですね!
各話の掲載順が雑誌発表時とは違ってたり第1話の冒頭に1p描き下ろしがあったりしましたが。
そして門賀未央子先生が原案協力という事で
軽くアイデアを出す程度の関わりだと思ってたら、
結構がっつりストーリーに関わってらっしゃるみたいで意外でした。
ロバートが語る怪談は全て門賀先生が考えられてるそうで。
そんな門賀先生の英国ホラートリビアみたいなコラムもお話の合間に挟まってて、
それを読むのも興味深くて面白かったです~
英国は日本と並んで怪談が大好きな国民性なんだとか。
島国で不思議な物を許容する下地がある・詮索好きな性格が似てるそうで、
英国では国が大々的に幽霊が出る建物を巡るツアーを企画・売り出していたりするそう。
幽霊が出る物件が日本とは逆に高く売り出されているというのも面白かったです~

正直に言うとお話は後半に行くにつれてパワーダウンしてる感じがして少し残念だけど、
何と言っても波津先生の描かれるキャロラインお嬢様の可愛さと言ったら!!vv
何度も言いますがヴィクトリアン時代末の少女用ドレスの描写も毎回凝ってるし
怪談オタクなわがままお嬢様・キャロラインのくるくる変わる表情がとっても可愛いです~vv
やっぱり波津先生の描かれる美女とおしゃまな少女は大好きだー
ヴィクトリアンの頃の上流階級ってまだ親と子供の関係が希薄なはずだけど、
アーミテージ夫人がキャロラインの成長をちゃんと見守ってる所とかも好きですー

でもこの出版不況のご時世無事コミックス出るか分からないし…と
毎号flowers増刊買ってたけど、こうしてちゃんと1巻が出たなら続きもちゃんと出るだろうし
今後はカラー扉の時だけで良いかな、買うの。
今回みたいに掲載順の違いとか細かい所分からなくなるのはちょっと残念だけど
基本読み切りなので読んでない話があっても大丈夫だし…
いや本当はちゃんと毎回追いかけたいですけどね。ページ数もどんどん少なくなってるし。
とりあえず口絵裏のモノクロキャロラインと
波津先生のあとがきのスカートの裾つまんだキャロラインがとっても可愛くて満足ですvv
2巻の表紙絵や装丁も今から楽しみだーvv
…でもflowers増刊1年に3回しか出ないから次出るのはまた2年後か…長いなあ…
♪ Admin / Write / Res ♪
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[12/08 小雨]
[12/05 昭]
[11/30 小雨]
[11/30 れおな]
[11/30 小雨]
[11/30 葉月]
[11/12 小雨]
[11/12 れおな]
[11/12 小雨]
[11/12 小雨]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  雨の通り道  All Rights Reserved.
*Clip Art by 雪乃 / Icon by Pearl Box   *Material / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]