忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
9 14
15 17 18 19 20 21
22 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R

9月17日の夜9時から、昭さん主催でFF9絵チャが開催されましたー
お題は9月と言うことでジタン君のお誕生日をお祝いしよう!!vv

注;参加者様にログをブログに載せても大丈夫かお聞きするのを忘れてしまいました><
もし参加者の方で載せて欲しくないという方がいましたら
お手数ですがブログのコメント欄などでご連絡いただけると幸いです;;

上段左から
昭さん
ポチさん
しーちょいさん

下段左から
小雨
こじまるさん

昭さんはタンタラスでお祝いわっしょい!vv賑やかでとっても素敵ですー
ジタン君愛されてるなぁ~vvこのイラストの3人は悪友という言葉がぴったりですね!vv
昭さんのくっきりはっきり分かりやすい絵柄が9キャラにぴったりでいつも憧れです;;

ポチさんはディシディアverジタンとお祝いする仲間達!超大作お疲れ様です><
元気いっぱいなジタン君もバッツとスコールの笑顔もとっても素敵で和みます~
背景も衣装も功労賞モノの細かさ;;クリスタルの輝きが眩しい…!!

しーちょいさんはおでこごつんこジタガネ可愛いです~vv
相変わらずちょいさんの厚塗りは美しい…姫の髪の塗りが特に好きですvv
そしてハートのデザイン性が芸術的…><ビューティフル!!ジタンの幸せそうな顔も良いなー

私のは皆様2人以上描かれてるのに自分…orz一応ジタンの表情は気に入ってます…
初めてマジカルドローさんの絵チャで水彩主線で描いてみましたー
肌色の加減が難しいな~;;描いてる時はもっと明るい色で塗ってるつもりだったのですが…

こじまるさんのジタガネもとっても可愛いです~vvこじまるさんといえばジタガネ!!
こういうミニキャラのセンス無いのでデフォルメで可愛く描けるの本当に羨ましい;;
姫の笑顔と後ろ手に持ったプレゼントが特に好きですーvv


チャットで姫はいつからジタンの事好きだと自覚したんだと思う?とか
ジタガネ話も出来て楽しかったです~vv
ゾーンとソーンが米寿という事で急遽18日の敬老の日のお祝いの流れになった所で落ちましたが
今回も楽しい時間を過ごさせていただき皆様ありがとうございました!
昭さんいつも9絵チャ開催して下さり本当に感謝ですー!
皆様とワイワイ出来る貴重な時間に乾杯!vv
PR

いつも通りですが。

18日深夜にやっていたBSプレミアムシアターの
シュツットガルト・バレエ団のジョン・クランコ版ロミオとジュリエット観ましたー
しかし懸念していた台風がまさかの直撃orz
というか深夜までは大分凪いでてこれなら大丈夫だと思ってたのに
何の嫌がらせか番組が始まった途端に暴風と大雨が…
幸い影響無さそう…と観ていた所にまさかのバルコニーの場で映像がフリーズ、録画中断orz
まあロミジュリなら…これがくるみや白鳥だったら泣いてたけど。
いやでもクランコ版ロミジュリ面白かったですー
演劇的な演出が細かくてディティールが凝ってて楽しめたし、
街の踊り子達とかマキューシオがピルエット何回転もするところとか
踊りの見せ場も増えてて良かったです。

ジュリエット役のエリサ・バデネス可愛かったです~
登場時のマリシア・ハイデ演ずる乳母との無邪気な少女らしい演技も可愛らしいし、
第3幕のロミオと朝を迎えて大人の女性になった所の
まだ生硬な少女らしさが残りつつも髪を下ろして艶っぽくなった姿も素敵でした。
バルコニーの場も前述のように台風のせいで途切れ途切れになったのは残念だけどorz
マクミラン版の様な疾走感はないけど、
若い恋人達の恋心を丁寧に描き出していて良かったですー
ロミオがジュリエットにキスする所、マクミラン版は踊りの流れの中で自然な感じですが
クランコ版はロミオが滾る情熱をもてあますようにもどかしげにキスするのが印象的でしたー
2人で迎えた朝のロミオがジュリエットの寝室のカーテンを全て開いて朝が来たのを知らせると
ジュリエットがいやいやをするようにカーテンを閉めてしまうところも
原作の「あれはヒバリの声じゃない」云々の台詞を思い出して象徴的で良いなあと思いました。
当時の衣装に忠実なのは良いけど貴婦人達がみんな額を大きく剃っていて
スキンヘッドみたいに見えるのがちょっと怖かったけど、
裾を引きずるドレスでの舞踏会のシーンも音楽と相まって重厚で
ルネサンス時代のイタリアにタイムスリップしたように感じさせられて良かったですー

全体的に展開がスピーディーで飽きずに観られたのは良かったです。
ちょっとあっさりしすぎな所もあったけど、全体的にはクランコ版ロミジュリ気に入りましたー
台風さえなければDVDに焼いたのになあ…;;


「女王ヴィクトリア 愛に生きる」最終回録画してたの観ましたー
が、こちらも台風の影響をモロに受けて最終回なのに画面にL字で台風情報orz
でも臨月間近のヴィクトリアが
「ダンスも駄目、乗馬も駄目。ママの苦労話を聞かされるばかり」
とアルバートに愚痴る所可愛かった。
「塔に閉じこめられた姫を騎士がすぐに助けに来るのは何故か?
塔に長くいるとトウが立ってしまうから」とか
「シェイクスピアの取り違えモノが好きなのはイギリス人よりドイツ人。
ソーセージが好きだから」とかいうジョークは原語では何て言ってたんだろう。
エルンストとアルバートの兄弟愛もエルンストとハリエットの道ならぬ恋の末路も切なかったし
ケント公妃の心配性なキャラも好きでしたー
ヴィクトリアの出産シーンも脇沸さんの演技迫真で
アルバートやケント公妃を呼んでケント公妃が嬉しそうな所とか可愛かったけど、
冒頭のシーンみたいに妊婦としての大変さをちゃんと描いてるのも良いなあと思いましたー
ラスト生まれた女の子を見ながらアルバートに「女の子で当てが外れた?」というヴィクトリアに
「名前はヴィクトリアにしよう、偉大なる女王にちなんで」とアルバートが言って、
赤ちゃんを見守るヴィクトリアとアルバートというラストシーンが感動的でした。
メルバーン卿が序盤は重要な役所だったのにいつの間にか影も形もなくなってたのはアレだけど
ヴィクトリアがわがままながらも女王として成長していく姿が良かったです。


集英社オレンジ文庫のゆきた志旗さんの
「Bの戦場 さいたま新都心ブライダル課の攻防」読みましたー
一応前から気になってはいたのですが、
本当はコバルト文庫が欲しかったので
108円の棚で見つけても全然期待せずに買って有り難みもなかったのですが、
正直今年読んだどの本よりも面白かったです。まさに快作!!

コバルト文庫の王子様とお姫様のきらきら舞踏会~な世界に慣れていたので
現代物とか入り込みづらい…とか思いながら読み始めたけど、
序章?の「私は生まれたときからブスだった。どれだけ写真を遡っても奇跡の一枚すらない。
一番写りがいいのは母親の胎内にいる時のエコー写真だ」とかいう語りから既に笑って、
久世課長に「小綺麗にまとめてもブス!
化粧の技術・センス共にかなり研鑽が積まれてるのにそれでもブス!
整形してもどこか違和感が残ってしまいそうな救いようのないブス!」
みたいに言われる所はくそ笑いました(笑)

全体的に文章がデビュー作とは思えないほどこなれていてテンポも良くて楽しくて、
随所に散りばめられた喪女あるあるとか
もてない女がついに妄想と現実の区別が付かなくなってしまったと哀れまれる!とか、
ブスが漫画好きと言うだけでキモオタに分類されるとか、
ブスのしょっぱい現実をよく分かって書かれてるのが良かったです。
そんな絶世のブスなヒロインなのに自分のブスを自虐するでもなく淡々と認めて、
その上でウェディングプランナーという
一生に一度男女が主役になれる日のお手伝いをする職業を選んで
お客様のために心から一生懸命に仕事をする姿がとっても魅力的で良かったですー
ウェディングプランナーという仕事のこともよく知らなかったけど、
とてもやりがいのありそうな仕事だなーと読んでて感じさせる所も
かなり研究して書かれてるなーと感じたし上手いなと。
今まで読んだオレンジ文庫みたいに文章や台詞にラノベラノベしたわざとらしさもなくて、
キャラクターもその場その場の道具とか張りぼて的な感じじゃなく
ちゃんと一人一人生きてる感じがしたのが良かったです。
課長以外は(笑)キャラクターがみんな良い人ばかりで、
オネエな美容師の泰造くんが朝子先生を変身させる所はシンデレラモノのお約束でしたが
「今時のウェディングドレスのバリエーション、舐めんじゃないわよ」とか
「齢言い訳にして、こんないいお宝持ち腐れてんじゃないわよ」とかの台詞も痛快で
シンデレラモノのカタルシスたっぷりで下手なコバルト文庫よりよっぽどときめきましたー
ヒロインの失敗を美人の先輩やブチャカワの後輩、オヤジチーフ達同僚が
一丸となってフォローしてくれる所も凄く感動しました。
最終話だけは普通はこんなミスしたら周囲が助けてくれるどころか非難囂々だろうとか、
そんな何もかも上手くいっちゃって良いの?というやり過ぎ感を感じないでもなかったけど、
とにかく一話一話の話がよく練り込まれてて
笑いの中にもヒロインの真摯な想いが伝わってくる所がとても好きでした。
シンデレラがプリンセスになる所で魔法使いもきっと同じくらい幸せを感じているんだ、
と思うヒロインの所がとっても好きですー

竹村さんを振って課長にいくヒロインの心情は理解不能だったけど、
竹村さんが身を引く理由はまあ理解できたし、
ネタ的にはまあ課長ルートが正規なんだろうなと。
課長のブス専キャラは吹っ切っててまあ好き嫌いはともかくキャラとしては立ってるかと。
とにかく笑い所も盛りだくさんでほろりとする所も上手くてとっても面白かったですー
2巻は1巻ほど評判良くないけど見つけたら買いたいです。

ラズルの飼い猫のブルー・グレイ。紫と金色のオッドアイでンデレな雄猫。ひげ描き忘れた…


コバルト文庫を最近買えてないのでTVの話でもします。
「女王ヴィクトリア 愛に生きる」第6話と第7話観ました。
第5話の引き、晴れて結婚したヴィクトリアとアルバートが初夜を迎える所から
第6話冒頭のベッドで口づけし合う2人、という流れに初夜好きとしてはニヤニヤしました(笑)
アルバートの「僕のヴィクトリア」という台詞が直截で良いですわ。
しばらくは今のままでいたいというヴィクトリアがレーゼンから聞いた話を信じて
共寝の後10回ジャンプしてるところ可愛かった(笑)
「レーゼンの知識は間違ってる。妊娠しない方法は1つだけ、禁欲すること。出来る?」
というアルバートの台詞からの口づけ、情事への流れで次回への引きも情熱的で良かったです。
こんな事ばっかり書いてると何を観てるのかと思われそうですが、
イギリスの宮廷の中で女王の夫とはいえドイツ人という疎外感を味わっているアルバートが
自分から進んで奴隷解放運動のスピーチをするシーンと
「あなたが自分で作った居場所よ」というヴィクトリアの台詞は感動的で良かったですー
エンドタイトルの横顔のジェナ・コールマンが本当に匂い立つように美しい…


魔法陣グルグルのアニメも毎回楽しみに観てますー全24話なんですね。
テンポが速いのも納得だわ…原作はデビルククリの辺りでいったん挫折して
大人になってから全巻集めたのですが、後半の展開ほとんど覚えてないなあ。
アニメ展開はスピーディだけど、原作に忠実だし
ギャグの間とかテンポを上手く使ってくれてるので
ちゃんと原作で笑った所が笑えるようになってるのが好きです。
いやーんうふーんばっかーんが流れる所でモンスターに追いつめられて
『情けない状況だった!』のギャグが削られてたのはちょっと残念だったけど。
ギャグの時のキャラのシリアス顔も今風になってて面白いです。
妖精の村での身体だけイケイケになったククリのシーンの顔とか好きだった。
ただゲーム風に囲われた文字が出てくるところ(『誰も心配していなかった!』とか)
旧アニメみたいに冷静な声で読み上げてくれるのが好きだったな…
ククリの性格が若干改変されてるのも何だかなあ~
原作のほわほわした感じがあんまり無くてきびきびしたキャラになってる気が。
何にしてもリアル小学生の時雨上がりのぬかるんだ地面に傘でグルグル描いてた私なので
今の時代になって再びアニメが観られるのが幸せです。
作画もデジタルならではの感じになっててそれはそれで良いなと。


カードキャプターさくらのさくらカード編も録画溜ながらも観てますー
EDの知世ちゃんのエプロンドレスが可愛いv
小狼君のさくらちゃんへの恋心が小学生らしい純な感じで、
最近コバルト文庫の恋物語ばかり読んでたので
久々にこういう子供同士の初々しい恋も良いなあと思いましたー
「さくらと雪兎と弱まる力」の回のピンクの着物に紫の袴、リボンのさくらちゃん可愛かった~
録画取っておこうと思ってたのに条件反射で見終わってすぐ消しちゃったよ…
鍵が杖になる所とか毎回ちゃんとその回のコスチュームで観られるのが良いなあと。


9月11日の深夜にBSプレミアムシアターでやっていた
R・シュトラウス作曲の楽劇「サロメ」観ましたー
サロメ役のソプラノ歌手もヘロディアス役の歌手も綺麗な金髪美人で素敵だったー
ちゃんと親子に見えるのも凄い。
サロメは金色の髪を下ろして毛先を巻いてる髪型と
真ん中にスリットの入った白いドレスがシンプルながらも華やかで、
ヘロディアスは緑のシルクのドレスが王妃の品格を表していてゴージャスで良かったです。
髪を夜会巻き?にしてるのも素敵~熟女の魅力を感じました。
演出もトニー賞を受賞したと言うだけあって
他のサロメ観た事無いから比べられないけど、色々効果的で良かったです。
舞台の真ん中にセリがあってそこからヨカナーンが出てくるところとか。
ヨカナーン役の歌手はちょっと屈強すぎる気がするけどまあそういう演出なのでしょう。
ヨカナーンに冷たく拒絶されて彼が消えた穴を見つめるサロメの姿が
獲物を捕らえようとする雌蜘蛛の様でぞっとしました。
ヘロデ王がサロメにどんな珍しい宝石を与えると言っても
「ヨカナーンの首を」と繰り返し言って譲らない所とか
血まみれのヨカナーンの首に口づけしてその手で自分の顔や手を触って血まみれになる所とかも
サロメの狂気と恍惚感を感じさせて良かったですー
白いドレスが血に染まるのさえ最初からそんなデザインであるかのように見えるのが素敵。
ラスト、「その女を殺せ!」とヘロデ王が命じ捕らえられるサロメと
娘を一顧だにしないヘロディアスという幕切れも衝撃的で良かったですー
処女から女になったサロメはもはやヘロデ王にとって恐れる対象でしか無かったんだなと。


それから7月放送のディアナ・ヴィシニョーワとマチュー・ガニオ主演のジゼル、
前観た時は何の感慨も湧かなかったと書きましたが、
見返してみたら自分は何を観てたんだろうと言う位
ヴィシニョーワが感情表現豊かで良かったです。
第1幕の村娘の時はちょっとした仕草や表情がヒナギクのように愛らしいし、
狂乱の場では目が本当に「狂った人」そのもので戦慄するくらいでした。
ミルタ役のダンサーも迫力のある美貌がハマり役で良かった。
マチュー・ガニオも第2幕のソロはさすがの完成度でしたー
ハンス役がイーゴリ・コルプとか何て豪華な舞台…!
カーテンコールの和やかな雰囲気が好きです。

絵はショタラズルと飼い犬の大公(グランド・デューク)。
クソコラっぽいのは最初大公をもっと右に描いてたのをスキャンしてから移動させたからです。
ショタラズルの袖口のデザインをちょっと変えてみました。
動物描くのめんどくさいので漫画には出さないと思いますが、
他にラズルはブルー・グレイという名前の猫も飼ってます。


今日はゆりかもめに乗って前から行きたかったディズニー・アート展行ってきましたー
お台場の方って全く行かないので海が近い感じにテンション上がりました!
思ってたより遠くも分かりにくくもなくて良かった。
しかし肝心のディズニー・アート展は思ってたほど内容濃くなくて残念…
こういう展覧会行っておいて何ですがディズニーアンチなので
純粋なディズニーファンのお友達連れや親子客の中に混ざるのが居心地悪かった…
みんなリア充きらきらな方ばかりで若干死にたくなりました…

おいといて。資料はどれも初めて見る物ばかりだったのは良かったです。
でももう少しプリンセス系の原画を充実させて欲しかったなー
白雪姫の初期スケッチとかはありましたが、シンデレラは何故か作品まるごと完全無視だし。
白雪姫のお城の背景画は綺麗で素敵でした。
白雪姫の王妃が老婆に変身するシーンの原画の前で2人連れのリア充女性客が
「もっと良いところ無かったのか?笑」とか言ってて内心笑いそうになってました。
こびと達の初期デザインも完成版より童話的な感じで可愛かったなー
アリスのメアリー・ブレアが描いたコンセプト・アートも
初めて見る物がいっぱいで良かったですー
美女と野獣も原画やダンスシーンのお城の舞踏室の背景画とか見られて良かったです。
バンビを作るのに当たって実際にスタジオで子鹿を2匹飼って
アニメーター達に観察させて描かせていたとか
ピノキオでカメラが近づくと背景も大きくなるけど月の大きさは変わらない様に撮る技術とか
飽くなき映画作りへのこだわりと探求心は面白いなあと思いました。
ただ現代の作品に近づくにつれてコンセプト・アートもデジタル中心になっていって
あまり有り難みが感じられなかったのと、
1つ1つの資料の大きさがあまり大きくなくて迫力に欠けたのが残念。
アナ雪のアナ・エルサの幼少期の家族肖像画みたいなのは好きでした。
王様イケメンだし王妃様は美人さんvv

グッズコーナーもディズニー的な商業主義丸出しで
純粋なファンで混雑してるのもあまのじゃくな私には面白くなくて釣られてやるもんか…!と
何も買わないで出てきました。内容良かったら図録買おうと思ってたんだけどなあ。
未来科学館って初めて行きましたが大げさな施設な割に展示のスケール大きくなかった…
ともあれ帰りに渋谷のブックオフで山岸凉子先生の画集買えたので良かったとします。
8月の京都国際漫画ミュージアムで観た原画がいっぱい載ってて嬉しい♪

本日14時から昭さんとスカイプしながら絵チャしておりました~
テーマは私の希望で「お相手に描いて欲しいお相手の創作キャラさんと衣装をリクエスト」
私の説明の仕方が下手で昭さんにご理解頂けるのが難しくてすみませんでしたorz
要するにお相手のキャラさんにしてほしいコスプレをリクエスト、という物です。
私は昭さん宅のミニアちゃんに「アリス服」をリクして、
昭さんからは青薔薇姫に「魔女っ子」のリク頂きましたー!

左:小雨の魔女っ子コス青薔薇姫

右:昭さんのアリスコスミニアちゃん


私の青薔薇姫は魔女っ子というか魔法少女ですね^^;;
普段のドレスをアレンジして魔女っ子衣装にするの楽しかったですー
背景も思ったより上手くいって良かった。ちょっと恥じらってる感じです。
見学の桃吉さんにちゃおとかプリキュアっぽいと言って頂けて
ちょうどその辺を意識してたので嬉しかったですvv


昭さんのアリスコスミニアちゃんとっても可愛いです~!vv
このお題考えた時からミニアちゃんには絶対アリスコス!と決めてたので見られて幸せ…vv
アリス服の常識を覆すミニアちゃんカラーのアリス服とってもお似合いですー!!
エプロンのフリルや縁の模様も細かくて可愛いしスカートの水玉模様もお洒落♪
ちらりと覗くオレンジの縞々タイツも萌え!手の上のキノピィも可愛いですvv
いつもながら線画も美しいし絵チャとは思えないエアブラシのような塗りも綺麗ですー><


夏終わるの嫌だわー鬱だわーという私にでも秋は果物が美味しいよ!と励ます昭さんだったり
桃吉さんとDFFOOのお話ししたり、そもそもオペオムって略が一般的なの??とか
今回もぺちゃくちゃお喋りしながらの絵チャとっても楽しかったですー
夏が終わるのは寂しいけど最後に有意義な絵チャ&スカイプが出来て満足です♪
このログお気に入りになりましたーvv
昭さん桃吉さんお付き合いありがとうございました!vv
≪ Back   Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

Copyright c 雨の通り道。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]