忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。



左から順番にクリックして下さいね。

pixivには既にUPしておりますが、せっかく描いたので二次創作ですがこちらにも。
ユーディ以外の漫画描くのめちゃくちゃ久々だ~ ユーディ入れても久々だ~!
その上何度も言いますが二次創作ですよ…!!
多分二次漫画描くのって2011年のFF6ロクセリバレンタイン漫画以来じゃ…
pixivにも書きましたが二次創作はキャラ背景とかを
有る程度読者さんが分かってるので説明の手間がはぶけて、
キャラを動かしやすいしお話も作りやすくて楽しかったですー!vv
25年も前のゲームなのにこんなにキャラクター妄想、もとい
イマジネーションがばしばし浮かんでくるFF5というゲームの素晴らしさと
このゲームのキャラクターやストーリーの深さ、素晴らしさを
描きながら改めて実感させられて、ああーもう本当にFF5愛してる!!ってなってました…;;

お話自体は20周年の時から構想があったので、
今回かなりスムーズに漫画にアウトプットできました。
表現力も画力もないのでちゃんと自分が思ってる通りに伝わってるか不安ですが;;
ミドクル大好き!!vv
14歳だけどお姉さんなクルルと年下無邪気Boy・ミドの組み合わせ可愛すぎる~vv
ゲーム本編ではちらりと絡みがあるだけの2人だし
EDでミドクルルのことお姉ちゃんとか言ってるけど
金髪元気っ子おじいちゃん子同士お友達から始めて頂きたい…vv
3p目の全体的な流れや雰囲気、クルルのポーズなんかが気に入ってます~
粉雪もめったに楽描き帳に描かなくなった今
久々に少女キャラを描く喜びを思い出させてくれたのがクルルでした…
もう粉雪もかなり風前の灯火だけど
私の少女への情熱は粉雪とクルルだけで持ってると言っても過言ではない…!!
14歳、心も体も日々移り変わっていく微妙なお年頃ですよね~少女が一番美しい時だ…;;
ポニテ少女もデコだし少女も大好きなのでクルル描くのとっても楽しかったです~vv
そしてしばらくユーディばっかり描いてたので忘れてたけど
これ位の少年少女の可愛らしい初々しい初恋、純愛も良いですよね~…

しかしこんなんでも一応ネームも描いたんですが、
ネームの適当に描いた絵の方が本描きよりも表情とか気に入っちゃう漫画あるあるが発動し
ネームより気に入ってると断言できるのは5p目1コマ目のクルルの涙に驚いてるミドと
3p目4コマ目のガラフだけです…でもガラフ老人描き切れて無い感はあるけど
割と私の中のイメージ通りに描けて良かった;;
クルルのお話を描くならガラフは絶対登場させたい!!の一心でした。

全体的にもっとコメディタッチのお話にするつもりが思いの外真面目で静か?な感じに…
でもちょっと切ないお話も読むの好きなのでそんな感じが少しでも出ていたら嬉しいです…!!
ちなみにタイトル「A small child」はGoogle翻訳で「小さい子供」で出た英文をコピペしました(笑)
「ひな鳥」の意味の「A baby bird」と迷ったのですが、
大好きなノンフィクション作家・トリイ・ヘイデンの著作の
「よそのこ」とか「霧の中の子」の原題みたいな感じが良いな~と思ったのと、
元々構想してたタイトルがリトル・チャイルドだったので。
リトルとスモールの違いが分からん…

とにもかくにもFFでも1,2を争う推しCPの漫画を描けてとっても楽しかったですーvv
しかしミドクル、ギルファリとどっちがマイナーなんだろう…(泣)
よく訓練された信者なので基本5はどのCPでも萌えられるんですが、
ミドクルはパーティ内の恋愛じゃない所が好き。
周りの大人達が支えて見守ってくれる感じが頼もしいです!仲良し光の戦士も大好きだー!vv
PR



上段・中段・下段とも左から順番にクリックして下さいね。
1p目のみ書き文字が読みづらかったので原寸大で載せてますー
またのタイトルは嫁姑戦争夏の陣。(嘘)
というわけで年末についったで呟いてた5個くらい浮かんだユーディネタのうちの1個、
番外編をまず描いてみました。
リリー・ヘザー王妃とユーディの和解エピはいつか描きたかったので。
どういう風にリリー・ヘザー王妃を懐柔させたらいいかと悩んでましたが
結局原点のタイトルに立ち返って花がテーマの話にしました。
リリー・ヘザーという名前は別に今回の話のために付けたわけではないんですがね…
知らなかったけどヘザーもヒースという花の別名?だし。 

序盤の新婚のユーディとラズルのいちゃラブ、
もといバカップルっぷりを描くのが楽しかったです。今までで一番糖度高いんじゃ…
しかし今までお城の使用人とかと交流を深めてた描写とか
リリー・ヘザー王妃とロレンツォの関係の描写が全然無かったので
唐突に語られてもカタルシス無いと思いますが…
キーパーソンで謎の人のロレンツォですが
そのうち彼が歪んじゃった理由も本格的に考えないとなあ…
今ちょっと彼の生い立ちとかを練ってる途中ではあるんですが。

にしてもリリー・ヘザー王妃が何より描きたかったのに言うほど美人に描けなかった…
リリー・ヘザー王妃は名前の通り白百合のように清楚な美人のイメージなのに
どう見ても銀座のホステスです本当にありがとうございます。
何かこう美人の表現ってケバくするとかじゃなくてさ…もっと他に有ったんじゃないの…

ラズルは小さい頃は病気がちとかでも(私が)萌えるなと思ったんですが
何とかは風邪引かないの言葉通り健康優良児にしてみました。
某盗賊団のボスと言いくしゃみが可愛い男性ってときめくんですが私だけですかね。

ちなみに時系列は前の番外編ラズロワール少年の悩み事より前かも。
ラズルはやっぱり王子衣装が一番気に入ってるので
今後本編後の話を描くとしても結婚式からラズルが20歳になって即位するまでの
3ヶ月間くらいの間の話になるかなあ。
百合の花を使うので調べたら開花時期は5~8月頃となってたので
この番外編は6月くらいの話かな。また時系列の整合性考えるの大変そうだ…
ペチュニアはユリと同時期に咲く赤い花で調べて、ダリアと迷ったのですが
花言葉が『あなたと一緒なら心が和らぐ』という素敵なもので
今回の番外編のテーマにぴったりじゃん!!と思い使うことにしました。
作中で出せれば良かったんですが…
ちなみにお花の画像は全てフリー素材を使用させていただきました。加工はやっつけです。

個人的には感動シーンでここぞとばかりにさあ泣け!みたいな演出は好きじゃないのですが
今回はネットで拾った色々なスクリーントーンを使いたかったので
あざとい位きらきらトーンを多用してみました(笑)
リリー・ヘザー王妃に抱きつくユーディのコマは気に入ってます~
しかしユーディ当初からあまり描けてなかった現実的な性格という設定が
いよいよ死んでますな…普通に主人公気質の素直キャラじゃね…?
農民出身だから花の植え替えというか土いじりは得意そうだけど。
衣装替えは今までで最多の3着。頑張りました。
一着目は野の花のように可憐なイメージのドレス。色は多分淡い水色。
二着目はオーソドックスなローブ・ア・ラ・フランセーズ風のドレスで
最後に着てるのがシンプルながらも柄が可愛い
さりげないフリル使いがポイントのドレスです。

ちなみに作中で使ってる王后陛下という呼称ですが、
ベルばらでマリー・アントワネットがそう呼ばれてるのですが
実際にある言葉なのか分からないんですよね…
でも王妃陛下はすわりが悪いし
個人的にお妃さま好きとしては王妃は妃殿下ではなく陛下と呼ばせたかったので。

今回は色々書きたいことがあって後書きが長くなっちゃいました。
色々ご都合主義が酷いけどユーディの話の当初のテーマの一つ、
孤独な女の子が愛する人と巡り会って家族が出来て幸せになる話を描けて良かったです。
病人の部屋のカーテン二日間も閉め切ってんじゃねーよというツッコミはなしで…
カーテン閉めてただけで換気はきっとしてたはず…!(震え声)
 
最初に謝っておきますが、ご都合主義展開なのは重々承知です本当にすみません…orz
別れ漫画へ至る流れをどうしようかずっと考えてて、
何とか頭の中で展開が繋がった気がしたのですが
描きながら自分の中で疑問点やら不自然な点やらが散々目について
本当にこれで良いのか?と自問自答しながら描いてました…
この漫画のラストのコマから別れ漫画の1コマ目に繋がります。
別れ漫画でのユーディの「王冠を持ってれば私じゃなくたって」と
「ラズルは最初から私の事なんて見てなかったのに…」の台詞に込めた意味を変えないように
帳尻を合わせて描くのめちゃくちゃ難しかった…;;
整合性を持って漫画描くのって大変ですね…
こんな描きたい所だけつまんで不定期に描いてる駄漫画ですらこうなんだから
短編でも最後まで完成させられる方は本当に凄いなあ…

ラズルとロレンツォの関係ややりとりはいつか入れなきゃなあと思ってたのですが、
ラズル贖罪って言ってますが王妃を裏切って(王妃気にしてないけど)遊び歩いてるのは事実だし
そこは責めてもいんじゃねと思いますが
ラズルはロレンツォ大好きファザコンな訳じゃなく、普段からこういう屈託を抱えてたんです。

この件についてはユーディが日記を読むとかラズルが何か失言するとか、
2人をどっちもなるべく悪者にする展開にはしたくなかったので、
人の部屋に無断で入ったあげく日記盗み読むのを躊躇しないクズ姫がいて助かりました(笑)
ユーディに盗み読んだ日記の内容をぺらぺら教えてあげるあたり
ブリュー姫って実は良い人なんじゃ…と描きながら思ってました(笑)
ユーディのドレスが別れ漫画と違うのは仕様です…
ユーディには襟の詰まった19世紀お嬢さま風ドレスばかり着せてたので
華やかなドレスのブリュー姫やオリー姫と比べて
わざと貧乏な格好させられてるように見えて不憫だったので(笑)
ユーディも胸が開いてスカートがたっぷり膨らんだドレスを着せてあげました。

ちなみに時系列をいい加減に描いてきてしまったのでこれまた後で整合性に苦労しそうですが、
ロレンツォがユーディに王冠を贈ったのはラズルがロレンツォと最後に話した後の事です。
本編開始時(出会い編)の1年前。フローゲンハイムというのは外国です。
ユーディに王冠を贈ってしばらく国内を回った後フローゲンハイムへお忍びで出かけ、
そのまま客死。

にしても暗いなあ…次描く事があったら今度はもっと明るい場面描きたい!

-追記-
一応これで別れを決意するユーディの方の心理は補完出来ましたが、
いきなり別れを言い渡されてその後ユーディを追おうともせず
プロポーズもユーディの方からさせるラズルって本格的にへたれヒーローだな~…と。
一応フォローしておくと、ユーディが去った後ラズルも
自分はユーディに対して確かにユーディが言ったとおりだったんじゃないかとか
色々悩んだと思うのです。
「王冠を持ってれば誰でも良かった」のは最初は確かにそうだったかもしれないとか。
それで悩みに悩んででもユーディを追って拒絶されるのは怖くて、
大団円の花嫁を選ぶ段になってやっと
心の中で誰も選ばずユーディを追う決意をしてたという事で一つ。
大団円の父上に愛されてたと思いたかった云々の前にユーディに謝罪してたと思います。
 
まさかまたもやユーディの漫画を描くとは思ってませんでした…
本編とあんまり関係ないし後述の理由で描くの凄く迷ったんですがまあ欲望に忠実に。
個人的に前描いたブレイク・タイムの漫画と対になるように描きたかったんですが、
対になると言うより相反する感じになってしまって…
描く前から思ってたんですが、
ユーディのキャラがブレイク・タイムの時と違っちゃってるんですよね~…
今回は「かっこいいユーディ」が描きたかったんです。
ブレイク・タイムとか他の漫画でもユーディはお城の暮らしや作法に慣れなくちゃいけなくて、
一方的にラズルからお城の世界を教わるだけだったので
ラズルの世界だけを至高として押しつけるのって何か違くね?と思い、
ボンボン気質が抜けないラズルに庶民の流儀を教えてあげるユーディを描きたくて。
前に「この2人はお互いの良いところを認め合い、お互いに影響を与えあう関係にしたい」
と書いた事もあるので。

でもブレイク・タイムのユーディ完全に働かざる者食うべからずの精神忘れてるし
物事をあんまり深く考えてないしで
今回の漫画みたいな機転?を働かせること出来なさそうだなーって…。
ラズルのキャラがブレブレなのはいつもの事ですがorz
一応ユーディの話は順番が飛び飛びな分最低限矛盾が出ないようにだけは気をつけてたのですが
今回でそれを破ってしまった気がして、それが描くの迷ってた理由です。
まあ無くても大して困らないエピなのでこんな事もあったかも?という
IFだかパラレルだかいう事にしておいてください…
でも今までのエピではいまいちラズルがユーディに惚れる理由が弱いので
少しはユーディの現実的な所と魅力が描けるよう頑張りました。
ラストのコマは描く予定無かったのですが
いつにも増してあまりにも糖度が低かったので無理矢理付け加えました(笑)
ユーディの魅力を描くはずがラズルに惚れるユーディになってるorz
…ほら、笑顔にどきっ…てお約束だし(震え声)


もう11月になると言うのに粉雪モードへのスイッチオンが出来ません…
と言うわけでまたこんな誰得漫画描いちゃいました。
結構前から構想のあった番外編。何となくまとまったので形にしてみましたー
また一夜漬けですが作画は頑張りました。
これまで正面と斜めと横向きの真横からのバストアップばかりの見事な顔漫画だったので、
今回はなるべく下半身も入れるようにしました。
背景もフリーハンドですがちょっと頑張ったよ…定規とかなにそれ甘酸っぱいの??

描いてる本人がラズルが一番性格悪く見えてならないのがアレなんですが、
ショタラズルやロリブリュー姫&オリー姫、
若いリリー・ヘザー王妃、お妃ユーディがいっぱい描けたのでちょっと満足しました。
所々キャラの関係性を示唆するシーンとかも入れるの楽しかったです。
しかし4P1コマ目あらかじめシャベルで殴ってるという予備知識がないと
何が起こってるか全く分からない絵ですな…
ラストのコマも私の描くラブって糖度低めなので精一杯甘甘にしようとしたんですが
画力不足でこれまた何してるか分からないしorzでこちゅーですよ…
今まで描いた漫画で一番糖度高いのが版権のロクセリってどういう事なの…

ユーディを語るを書いてても思ったのですが、この漫画タイトルはユーディ主人公だけど
ほぼラズルの物語だなーと思いました。
父に反発しながらも愛を欲していた青年が今までと全くタイプの違う女性と出会い、
自分の理想の貴婦人に育て上げるって所が。
やっぱり全体的なストーリーは白鳥の湖×マイ・フェア・レディのイメージかなー
白鳥の湖イメージなのは王を亡くした王妃と王子がいて、
クライマックスが舞踏会って所だけですが。
ラズルは基本的に美しい女性にあまり興味が無いんだと思います。
でも恋して結婚するのはユーディでなきゃならなかったんだろうなと。
仮に青薔薇姫と出会ってたとしてもラズルは惹かれなさそう。
おとなしすぎて飽き足らないと思います。
ユーディみたいなちゃきちゃきした女の子の方がラズルは好みなのでしょう。

さて、いい加減クリスマスモードに切り替えなければ…
一年前は粉雪と聖夜描くのあんなに楽しかったのにな~
| HOME |  次のページ≫
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 3 4 6 7
8 9 10 11 13 14
16 17 18 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[07/22 小雨]
[07/21 昭]
[07/20 小雨]
[07/20 jun]
[07/16 小雨]
[07/16 小雨]
[07/16 れおな]
[07/16 れおな]
[07/16 ぶーれい]
[07/16 れおな]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]