忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
9 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R

今日は帝国劇場にミュージカルエリザベート観に行ってきましたー
プレヴュー公演という事で本公演よりも1000円安かったのでどんなもんかと思ってましたが、
衣装も装置も本番と変わりなく、もちろんオケもちゃんと付いてるし
全然本公演と変わらない感じでした。
本公演ではちょくちょく演出とか直しが入るのかも知れませんが。
で、公演、良かったですー…けど、
完全に筋や曲が頭に入ってるバレエ公演と違って
ミュージカル、それも初めて観る作品でパンフも買ってないとなると
ストーリーやシーンの順番もあやふやで観劇レポが書きづらいです…
なので印象的だったり覚えてるところだけ書く感じで。つづきからレポですー
PR

今日(23日)は上野に国立モスクワ音楽劇場バレエの白鳥の湖観に行ってましたー
正直先月のバーミンガム・ロイヤル・バレエの白鳥が本命で
今回は全く期待してなかったのですが、予想外に良かったですー!
ロシアのバレエ団の白鳥って、踊りは端正で美しいけど
セットとか演出とかあんまり凝ってない印象で、
バーミンガムにしてもABTにしても
欧米のバレエ団の方が趣向凝らしてて観ててエキサイティングだと思ってたのですが、
ブルメイステル版凄く良かったですー!!
数日前にパリオペのブルメイステル版白鳥のDVD観てたのですが
図らずも予習になって良かったです。
そして装置が物凄く豪華!!間違いなく今まで観た白鳥の中で一番ゴージャスでした。
ロシアのバレエ団であんなに装置にお金かけてるの初めて観た…!
映像化して欲しいなー絶対買うのに!!
やっぱり装置が綺麗だと自然に物語に入り込めて良いですねえ。
オケもちゃんと国立モスクワ音楽劇場管弦楽団が来てくれてて、
さすが音が凄くクリアで素敵でしたーうっとり。
先月のバーミンガムの白鳥とは天と地の差でした。

そして今回は大好きな初夏の上野の空気をたっぷり吸えて、
フォーマルなドレスでおめかしした可愛い少女達もいっぱいでそういう意味でも眼福でしたー
新緑が活き活きとして夏の空気が感じられるようになるこの季節大好きです♪
夏になると少女達の露出度も上がって良いですねえ。
そんな訳で色んな意味で幸せすぎて怖いくらいの素敵な1日でしたvv
では前置きが長くなりすぎましたがつづきからレポ。

昨日は上野にバーミンガム・ロイヤル・バレエ団の
ピーター・ライト版白鳥の湖観に行ってましたー
どっちにしようか迷った末来月の23日に東京文化会館でやる
モスクワ音楽劇場バレエのブルメイステル版白鳥の湖取ってたのですが、
王子役のマシュー・ゴールディングが観たかったのと
ロシア系より欧米のバレエ団の方が演出とか装置とか衣装とか凝ってるので、
どうしても観たくなってe+でエコノミー券が復活してたのをゲットしてしまいました。
結果、有り金はたいて観に行って良かったです。
踊りの純粋な美しさを観るならロシア系バレエ団だけど、
やっぱり欧米のバレエ団は装置や衣装や演出が魅力的。
オーストラリアバレエ団のくるみのDVDで観て良かったので
ゴールディングも生で観られて良かったです。
席も5階席の一番後ろの席だったけど、辛うじてサイド側でそんなに舞台から遠くなかったし。
眼鏡と双眼鏡で十分見えました。

ただなぁ…ゴールディングと共演予定だったジェンナ・ロバーツが来日後捻挫したとかで
オデット・オディール役が日本人の平田桃子さんに交代だったのが…
人種差別するつもりはないのですが、
やはり欧米のバレエ団を観に行くときは主役は欧米人が良いよ…
日本のバレエ団の白鳥ならまた別ですが、
オデットはともかくオディールはやっぱり西洋人の方が
日本人から観てストレンジャーっぽくてより一層魔性が際だって良いと思うのです。
日本人じゃどうしても現実に引き戻されてしまう…
と、会場入りの後の発表で知って相当がっかりしてました。
ゴールディングが怪我は念頭に置いてがっかりしないようにしてたけど、
予想の斜め上をいかれましたわ…
でも終わってみれば平田桃子さんプリンシパルとしての実力はあったし、
そんなに気にならなかったので良かったです。
ではこの時点で長いのですがつづきからレポ。

写真は載せる画像がないので
去年のクリスマスにマローンのクリスマス会で出た特大チョコケーキ。
イエス・キリストの誕生日なのでハッピーバースデーと書いてあるのですよー
家で食べたチョコムースよりさっぱりで美味しかったです♪

今日は神奈川県民ホールに
ミハイロフスキー・バレエ(旧レニングラード国立バレエ)の白鳥の湖観に行ってきましたー
中華街の大通りを抜けていったので道中楽しめました♪
ミハイロフスキー・バレエの白鳥は
演出が2009年からボヤルチコフ版からメッセレル版に変わったそうで、
以前観たレニグラの白鳥よりスケール感が大きくなってて良かったですー
しかしキャスト表を置き忘れてきてしまったのが悔やまれる…orz
いつもキャスト表残しておいて何年か後に同じバレエ団の公演行ったとき
あ、この時ソリストだった人こんな出世したんだーとか
この人まだ踊ってるんだーとか観るのが楽しみなのになあ…
例によって第1幕から一番後ろの席だったので前の席に移ったんですが、
同じように移ってきたおじさまに話しかけられて休憩中に感想を語り合ったり楽しかったですー
こういうつかの間の出会いがあるのもバレエ公演の面白さですねー。
帰りは中華街で300円の肉まん買って食べながら帰りましたー
肉まん顔くらい有るビックサイズで満足でした。
いつもは華正楼の大月餅買って帰るんですけどね…今日は家にも甘い物があったので。

では前置きが長くなりましたがつづきから感想です。

今日は有楽町の東京国際フォーラムにキエフ・バレエのくるみ割り人形を観に行ってきましたー
写真は国際フォーラムに直結する地下道に飾ってあったツリー。
画像悪くて全く分かりませんが、ヒツジのぬいぐるみが連なって出来ているんですよー
ついでに何故か飾ってあったオラフ↓


くるみ、良かったんですが…
客観的に観て凄く良い舞台だったのも分かるし、
私にかつての情熱が有れば凄く感動しただろうなと言うのも分かるんですが、
何とも今年はクリスマス自体への情熱が目減りしてしまっているせいか
所々うるっとする所はあったもののいつものくるみ鑑賞のようには感動できませんでした…
装置がショボかったせいもあると思いますが^^::
以下既に記憶が曖昧なのですがレポですー
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

Copyright c 雨の通り道。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]