忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。
観てました。
んー…何か思ってたほど感動はしなかったなー
副(春日局)とか大婆とか、キャラクターと江との関係が定まらないまま終わってるというか…
どうしても篤姫と比べてしまうのですが、
篤姫はサブキャラクターのその後とかがしっかり描かれてたので。
もっと茶々と江、初の三姉妹の運命に焦点が当てられるのかと思ってたけど、
茶々は最後の方で最初の幼い頃の思い出の中で姿を見せるだけだったし…
もっと戦国の激動の時代の中で生きた三姉妹という点を強調して欲しかったです。
サブタイトルが仮にも姫達の戦国なのですし。

でもおおむねは良かったです。
篤姫みたいに凄く綺麗にまとまってはいなくて、最後までごちゃごちゃした展開だったけど、
江が大奥を作る下りとか、
明らかに篤姫に繋がるのを意識してますよね。
前回も書いたけど篤姫が守ろうとした大奥と徳川将軍家が
こうして出来たのかと言うのが分かって良かったです。

江がかつての夫佐治一成と対面するところも良かったです~
夫秀忠の裏切りを許せない江に一成が
「旦那様のことを好いておられるのですね」という所とか、
江と秀忠のカップル好きな私にはにやにや物でした。
「ただ池を見ているだけにございます」と言って江が秀忠に寄り添う所とか、
2人の口に出さないでも通じ合える関係を表していて良かったです。
初はもうちょっとフューチャーして欲しかったけど、出番は多かったですね。
「可愛い妹じゃ」が良かったです。
にしても結婚して30年経ってるって事は江53歳のはずなのにとてもそうは見えない(笑)
でも上野樹里さん何とか台詞回しにに落ち着いた感じを出そうと頑張ってる感じがしました。
最後江と秀忠が馬に乗って駆けていく所は爽やかで良かったです~
どっちかというと姉妹の運命より江と秀忠の関係に重点が置かれてた気がします。
秀忠が江に「お前はわしの希望じゃ」と言うところ、
予告では「お前は希望じゃ」って言ってた気がするんですが、(勘違いだったらすみません)
「わしの」希望って所が良いですね。
あんまり主人公が神格化されてちやほやされるのが好きじゃない私は、
秀忠一人にとっての希望、というのが凄く良いなあと思いました。
そして最後、馬に乗ったお市の方が駆けていく江を見守っているところが感動でしたー
市はずっと江を見守っていたんだなあという感じが…

ほぼ1年間観てきたけど、そこまで大きな感動はなかったけど
江楽しかったです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[394]  [393]  [392]  [391]  [390]  [389]  [388]  [387]  [386]  [385]  [384
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 7 8 9
11 12 14 16 17
18 19 21 23 24
25 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]