忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
9 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R

テンプレは春仕様になったのに
載せる画像がなかったのでバレンタイン絵引きずっててすみません。
イメージ的に姫とジタンが初めて出会った時とEDで別れるときの
「奪われた瞳」が流れるシーンのイメージですー
素材お借りしました→フリーソザイヒバナ

ソチオリンピックフィギュア個人戦、放送予定を検索してみても
あちこちの局でとびとびにやってて訳分からん!!とか思ってて
男子ショートも見逃したのですが、NHKの公式見たら
普通にほぼ全種目BS1と総合で放送しててorzってなりました…
と言うわけで何だかんだ言っても4年に一度の大舞台でメダルが決まる瞬間を生で観たくて
男子フリーは徹夜して観てました~
1グループ6人ずつでさくさく放送良かったですー
男子は衣装地味で華無いし…と4時間半観るのきついかなーとか思ってたのですが、
オリンピックという特別な空気感の中で各選手が気迫をみなぎらせるさまが
観ていてとっても熱かったです!!楽しかったー

ミーシャ・ジーは衣装とか赤く染めた髪が強烈な印象で目を引きましたー
ヴォイスインストゥルメンタルの曲を
減点されるリスクを承知で使い続けているという解説を聞いて、
キスクラで減点無しだったのが凄く感動しました。
オリンピックというのは個人の表現の自由を認めてくれる場なんだなという感じで。

ジェレミー・アボットはショートで転倒して怪我をしてたみたいですが、
4回転は無かった物の最後まで流れのある美しいスケートとジャンプで、
ジャンプが決まる度に
それまで1つ1つ積み重ねてきたアボットの人生そのものを感じさせる様な演技で良かったです。

デニス・テンは2010年のGPシリーズアメリカ大会で7回位こけたのを観てた時は
こんな良い選手になるとは思いもしませんでした(失礼)

エンカン(ハンヤン)は
もう少しウィンナーワルツらしい優雅さがあれば良いなーとは思いましたが、
それでも優美なワルツに乗ってののびやかな演技が良かったですー

ブライアン・ジュベールは個人的に
ランビエールやバトルやウィアーやプルシェンコやライサチェクがいた時の男子が
一番好きだったので、その時から今まで
一線で戦っている姿を見せてくれているだけで応援したくなってしまいます。
最後まで滑りきってくれるだけで良いやと思いながら手に汗握って観てましたが、
4回転2回決めて、もっと点出るかなと思ったけどキスクラでの明るい笑顔に救われました。

そして日本人3選手!
高橋選手はなぁー…感動したって声も多々聞きますが、個人的にはあんまり…
ステップもスピンも心がこもっていて良かったですが、
4回転転倒した時から勝つための演技でなくリンクにさよならするための演技になってた気がして
終盤の笑顔もこれでさよならという感じで寂しげに見えて…

町田君は冒頭の4回転失敗でああーと思いましたが、その後は諦めない攻めの演技で、
本人が「パフォーマンスの面でもあまり良い演技が出来なかった」と言っているように
普段と比べると表現という点でも少しおろそかになっている感はありましたが、
それでも力強く羽ばたく雄大な火の鳥を最後まで演じきっていて良かったです!
最後のジャンプを降りた瞬間が曲の流れと共に今大会で一番感動しました。

絶対揺るがないと安心してた羽生君も
冒頭の4回転転倒でどうなる事かとはらはらしましたが、
その後は根性でジャンプを決めていって良かった。
そして何より、プログラムのロミジュリを体現しているかのような
若者の煩悶と激情を表しているような演技が凄く良かったです。
単純に表現力が上がったというのもあると思いますが、それ以上に
19歳という若さが彼に味方したような気がしました。
熟練を積んで成熟した選手だからこそ出来る演技や表現ももちろん素晴らしいと思いますが、
女子のリプニツカヤの様に、若い時だけにしか出来ない瑞々しい演技を観ると
やはりまだまだ未完成であるがゆえの美しさという物の方に惹かれてしまいます。
羽生君のロミオ、終盤に向かうと共に羽生君の滑りと役柄が一体となった様な感覚がして、
フィニッシュのお腹に短剣を刺して息絶えるシーンは本当に神がかっていました。
町田君もそうですが、二人とも本当に
自分に合った良いプログラムを選んだね!という感じでした。

羽生君の直後のP・チャンは羽生君が2ミスだったので精神的に楽だろうな、と思ってたら
まさかの大崩れの演技で、これがオリンピックの緊張感か…と思わされました。
残念だったけど銀メダルおめでとう!

某所では4年に一度のオリンピックなのに全体的にぐだぐだでがっかり、と言われてましたが
個人的には全員出せる力を出し尽くして頑張ったと思うし、順位にも不満はないですー
町田君好きなので初オリンピックで堂々の5位入賞本当におめでとうという感じでした。
羽生君の日本男子初の金メダルも本当に良くやった!表彰式が楽しみです~
…で、いつやるの…?
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[666] [665] [664] [663] [662] [661] [653] [660] [659] [658] [657]

Copyright c 雨の通り道。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]