忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
9 14
15 17 18 19 20 21
22 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R

今日は長らく大学院で博士号を取るため勉強していた兄が
4月から大学の助手として正式に就職する事になったお祝いに、
電車で2駅の所にあるお寿司屋さんで母と兄、私の家族3人でランチして来ました。
お寿司屋の個室なんて初めてだったのでわくわくしていたのですが、
何か狭くて暗い、掘り炬燵みたいになってるテーブルがある部屋で、
まあこんなもんか…という感じでした。
私は暗くて目が悪いのもあって掘り炬燵状になってるのに気付かず、
ずっと正座していて足痺れるわーとか思ってました(苦笑)
人気のランチみたいでしたがお味は正直そこまで…別に不味くはなかったですが。
イクラとまぐろがのったばら寿司とおみそ汁、サラダ、おつけものの他に
写真には写ってませんがごぼうを巻いた茶色いお米の巻き寿司が2切れついてて、
デザートはカシスのシャーベットと苺のパンナコッタ、プリンの中から一つをチョイスという形でした。
全員苺のパンナコッタを選んだところがちょっと家族らしくて面白かったです。
私は単に名前から一番何なのか良く分からない物を選んだだけだったんですが。

繰り返しますが部屋が薄暗いので、写メを撮る時どうしてもケータイの影が写ってしまいました;;
パンナコッタは美味しかったですー私は苺の酸味が苦手なのですがこれは気になりませんでした。
今年33歳にしてやっとの就職祝いという事で、
もっとしんみりしたり盛り上がる展開を予想してましたが淡々と話しながらご飯食べただけでした。
正直これならくら寿司で食べた方が良かったな…と思いましたがまあたまには良いか。


話は変わってー。
土曜日は篤姫の再放送観てましたー「明治前夜の再会」、
本放送も2年前の再放送の時も観ましたが、やっぱりまた感動しました。
大奥を去っていく女達のそれぞれの生き様が感じられて、誰もいなくなった大奥に飾られた花達が
その女達の生きた証を象徴しているようで美しかったです。
あれって史実なのかなーだったらロマンチックで素敵。
冒頭の女中達の、最初はとんでもない姫さまがいらした物だと思いました、を
威厳を持ちつつスルーする篤姫に笑いました(笑)
本寿院さまは江の時の秀吉にも似た誇張されたお笑い要員ですがやっぱり可愛くて好きです。
そして「家茂さんのいない江戸に残る意味はもはやありません」と京に帰る事にした和宮が
これまた一途で可愛くて!和宮やっぱり大好きだよーおっとりしてるけど意志の強い所が。
そして宮崎あおいさんは本当存在感のある女優さんですよね。
笑うと画面がパッと三段階位明るくなるような感じがします。
来週の最終回はちゃんと観られるかな…
2年前の再放送ではちょうど最終回を放送している途中であの地震が起こったので…

その後Eテレでやっていたパリオペラ座バレエ学校の生徒達を追ったドキュメンタリー番組
「エトワールをめざして」の後編もまた違った意味で感動でした。
抜けるように色が白いって表現があるけど、本当にその通りの子がいるんですね、欧州には。
しかもあんなにいっぱい!外国の天使や妖精みたいな子供見るの大好きなので眼福でした。
バレエの授業だけでなく栄養学も教えたり、マイムの授業の様子とか、
普通の学校の子供達との交流の日とか、パリオペバレエ学校の生活の様子が詳しく分かって
凄く興味深くて面白かったですー!バレエ学校を卒業と同時に大学入学資格も取れるとか、
バレエ以外の人生も選択できるように配慮されてる所とか
さすが世界最古のバレエ学校だなーという感じでした。
前編と合わせてDVDに永久保存決定です。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パンナコッタとは
葉月
アーモンドと生クリームを使ったイタリアのプリン風のお菓子

カロリー高め
2013/03/30(Sat)09:01:21 編集
解説ありがとう
小雨
アーモンドと生クリームで出来てるんだ。
ミルク寒天かと思ったよ。
2013/03/30(Sat)09:25:53 編集
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[570] [569] [568] [567] [566] [565] [564] [563] [562] [561] [560]

Copyright c 雨の通り道。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]