忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
9 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R

今日は上野の東京文化会館に毎年恒例の
東京都交響楽団と小中高校生のジョイントコンサートに行ってきましたー
写真はロビーにいた台東区のマスコットキャラクター台東君(まんまやな)。
くそ…可愛い…
コンサートは小中学生と都響が白鳥の湖より情景、ワルツ、四羽の白鳥の踊り、乾杯の踊り、
高校生と都響ががチャイコフスキーの祝典序曲1812年、
都響の演奏はオペラ魔笛より序曲とおいらは鳥刺しパパゲーノ、
オペラカルメンよりアラゴネーズ、闘牛士の踊り、
バレエ組曲火の鳥
でした。
もう以前のような新鮮な感慨はわかないんですが、やはりプロの奏者達に混じって
小さな小学生や初々しい中学生達が一生懸命演奏しているのを見るのは良い物ですね。
白鳥の湖はさすがにみんな下手でしたねー良い意味で。
ヴァイオリンとか全然研ぎ澄まされてない音色だしホルンとかトランペットとか金管、
あり得ないくらい下手。でもそんな普段は聞けないつたない音色が
かえって初々しく、好ましく感じられます。色んな制服姿見るのも楽しかったー

ただ司会とバリトン、宮本益光さんがなーんか感じの悪い方でちょっと…でした。
インタビューで小中高校生の子に
「あなたリハーサルでは全く笑わなかったけど今は凄い笑顔だね?」
とか「全然聞こえないからもっと大きな声で」とか、
たとえ相手は子供でも、もっと対等に接してあげて欲しかったなー
会場はウケてましたが。
オーボエソロを担当した中学生の男の子には、成功ををたたえて
都響のトランペット奏者が白鳥の湖第3幕の
お客様の到来を告げるファンファーレを演奏してあげてました。

都響の演奏では宮本さんがパパゲーノのアリアを
客席から舞台に飛び乗って歌ってくれました。日本語だったー初めて聴いた。
司会としてはちょっと…な感じだったけど、歌は良かったですー
闘牛士の踊りもかっこよかったです!
火の鳥の演奏も良かったですー
どこかミステリアスでディズニー音楽を思わせる壮大な感じの音楽が素敵でした!
こういう眠くならないコンサートばかりなら良いのになー
やっぱり何とか交響曲第何番とかより、
こういう少品集みたいな方が気楽に楽しめて好きです。
小中高校生の皆さん、フレッシュな演奏をありがとう!お疲れ様でした。

 
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[612] [611] [610] [609] [608] [607] [606] [605] [604] [603] [602]

Copyright c 雨の通り道。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]