忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
9 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
 
写真はそごう美術館入ってすぐの所に置いてあったオスカルと写せる写真パネル(笑)
今日は連載開始40周年記念に開催されたベルサイユのばら展の初日に行ってきましたー
junさんもちょうど今中欧にご旅行されてるそうですしタイムリーですね(^_-)
唯さんみたいに的確にまとめられないと思いますが;;
展覧会のレポと言うよりは私のベルばらの思い出を語りつつ書いていこうと思いますー
長くなりそうなのでつづきから。


ベルばら、小一の時父が分厚い愛蔵版2冊&番外編1冊を買ってきてくれたのが出会いでした。
私が「わたくし」「ですわ」「でしてよ」とかのお姫さま言葉好きなのって
絶対これが原因だと思うんだ…言うまでもなくドレスが大好きなのも。
小一にしてどっぷりベルばらの世界にハマった私は
しばらく縦ロールのお姫さまの絵ばかりノートに描きなぐってました。
私が描くドレスにスカート部分がオーバースカート状になった
ローブ・ア・ラ・フランセーズ風の形が多いのもベルばらの影響。

てな訳で、入り口の写真パネルに歓迎されて中にはいるとまずは
「原作」と銘打ってあり、
当時のマーガレットの表紙や扉を飾ったカラーイラストが展示されてました。
大体は愛蔵版のカラーページに載ってたイラストだったけど、
いくつか見たことのない絵もあってその華麗さにため息ものでした~
カラーインクではなく多分水彩絵の具?で描かれてて、
その微妙な濃淡の感じとか肌の頬のピンクの絶妙な入れ方とか凄く素敵でした!
私も一時期固形透明水彩使ってたのでどうやったらこんなぼかし出来るんだろう~とか。
紙が水でぶよぶよになってるのも、ああ、原画なんだなーとそれすらも感動。
ドレスのデザインもみんな可愛らしくて今見ても新鮮なセンスもあって、
大いに参考になりました!

次に物語の進行順に合わせてモノクロ原稿(巻頭カラー、見開きカラー、
二色刷カラー等一部のカラーもあり)の展示。
もう何回も読み返してるはずなのにやっぱりマリー・アントワネットの華麗な物語や
オスカルやアンドレの純愛にどっぷり酔いしれて、一枚一枚凄い真剣に読んじゃいました。
修正液のあとや写植が貼ってあるのを除けば、ほとんど印刷された物と変わらない
美麗な描線で描かれた原稿にびっくりでした。
愛蔵版でも見られなかった本編の原稿を加工してカラー原稿にしているページとかも見られて
お宝気分!ルイ15世が崩御してルイ16世誕生を知らされるアントワネット達のシーンとか。

にしてもベルばら本当に登場人物達が要所要所で凄く良い行動を見せるんですよー
エピソードの入れ方やキャラクターの活かし方が本当に上手いなーとうならせられます。
凄いどうでもいいモブキャラ一人一人まで味があって活き活きしてて。
私は男性キャラではアンドレが大好きなんですがアランも男臭くて良いし、
ジェローデルも良いヤツなんだこれが!!フェルゼンももちろん男前ですしね。
ここで全体の5分の3位の時間使って原稿見てた気がします。

原稿展示のあとは「舞台」のコーナー。
ここでは宝塚歌劇団がベルサイユのばらを初上演した時のポスターの他、
宮廷のセットの前に舞台で使われたドレスや軍服などが展示されてて、
冒頭やフィナーレで役者達が持つしゃんしゃんという飾りを持って
記念撮影出来るようになってました。
オスカルやアンドレ、フェルゼンの衣装もありましたが私はドレスしか目に入ってません(笑)

宮廷のセットが分かるようにちょっとひきめに撮ってみましたアントワネットのドレス。
真っ赤なドレスがロココの薔薇と謳われた彼女にふさわしく威厳も感じさせますー

黄色というより金色と形容したくなるゴージャスなドレスですが、
胸元などに飾られたたくさんのリボンで可愛らしさもあるドレスですねv

個人的に一番お気に入りだったとっても愛らしいピンクのドレスvv
胸やスカートに飾られた赤い薔薇付きのリボンがラブリーですvv
パフスリーブに写真では見えにくいですがエリザベス風スタンドカラーも可愛いv

いやードレスは女の子の永遠の憧れですねー
このコーナーでは2001年に上演された宝塚のベルばらの舞台ダイジェスト映像も流されてて、
宝塚ってどうしてもちょっと抵抗有って好きじゃなかったんですが、
純粋に演劇として魅力的な作品だなーと見てて思いました。

最後に「現在」(だったと思う、確か;;)のコーナーで、
アニメのベルばらのキャラ設定画やセル画、池田理代子さんが朝日新聞で連載している
ベルばらのセルフパロディ四コマベルばらキッズの原画、
今回の展覧会のために描き下ろされたオスカルのイラストとアントワネットのイラストが。
アニメベルばら見たこと無いんですが作画が凄く綺麗でしたー豪華絢爛!
アンドレの表情設定画とか、漫画にはない大きな表情も描かれててかっこ可愛かったですーv
アニメのダイジェスト映像もあって、
ドレスオスカルとフェルゼンのダンスシーンが動画で見られたのが嬉しかったですー!
あのシーンは(オスカルのドレスが可愛くないのが不満なんですが)
男装の麗人が愛する男性への叶わぬ恋故に一度だけドレスを着て舞踏会で踊るという
屈指の萌えシーンですよね!!でもアニメオスカル声が普通に女性的でちょっとなー…
アントワネットは合ってて綺麗な声で良かったけど。
アニメベルばら前ブックオフで250円でビデオあったんだよなー買っておけば良かった…
ベルばらキッズは前は読んでたんですがあんなに面白かったっけ?
ジェローデルがキャラ崩壊してたりルイ16世が和みキャラになってたり色々笑えました。

池田理代子さんのインタビュー映像もあって、なかなか内容濃かったです。
池田先生ってもっと気の強そうな感じのイメージだったんですが、
柔和な方でとても感じよかったですー
ベルばらは高校生の時ツヴァイクのマリー・アントワネットの伝記を読んでから
ずっと構想があって、でもその時は漫画家になると言う選択肢は全くなかったんだとか。
ベルサイユのばらばかりが有名で取り上げられることに抵抗は?という質問には、
全くないですとの答え。むしろこの作者の作品と言えばこれ、という作品をもてたことが
とても幸せだしありがたく思っている、と仰ってて、ああ謙虚な方だなーと思いました。
ベルばらで描きたかったことは、オスカルが言う
「人は髪の毛一本に至るまで誰にも支配される事なく自由であるべきだ」という事だそうです。
セルフパロディに抵抗は?という質問にも
「全くないですね(笑)漫画家ってシリアスなストーリー描いてても
みんな面白いこと考えてるんですよ。オスカルシャンデリアに乗って登場したりしますけど
熱くないのかなーって思ったり(笑)そういうのを形に出来るのが楽しいですね」と、
ユーモアも感じさせてくれました♪

最後に飾られてたオスカルとアントワネットの描き下ろしイラストも、
絵柄やカラーの彩度が落ち着いた感じになっていましたが、変わらず美しかったです。
アントワネットのドレスが緑の縞模様にピンクのミニ薔薇がちりばめられてる所とか
デザイン可愛かったvこのイラストのポスカ欲しかったのに無かったなー
ハプスブルク展の時は池田さんが描き下ろされた
シシィやマリア・テレジア、マルガリータ王女のポスカあったのに。←持ってます

最後の最後に漫画家さんやイラストレーターさん等40名による描き下ろしオスカルの肖像が
ずらーっと並べてあって、みんな美麗だったり可愛かったり笑えたりで眼福でしたー
個人的には二ノ宮知子さんが描かれたのだめがオスカルにお姫さまだっこされて
「ぎゃぼー じゅてーむ」と言っているイラストに噴きました(笑)
水沢めぐみ先生のオスカル&アンドレもありましたが、本物と塗りまでそっくりでしたー
でも水沢先生タッチのオスカルも見たかったな…
カトリーヌ何とかさんというイラストレーターさんの描かれた
切り絵みたいなオスカルもデザインがメルヘンっぽくて可愛かったv
いのまたむつみさんのオスカルとかも新鮮でした!

と、展示数自体はさほどでも無かったのかもしれませんが、
じっくり見入ってたので満足度は凄い高かったですー!
お土産にポスカ買おうと思ったら予想外に種類あって嬉しい驚きでしたが選ぶのが大変::

最終的に予算の関係で3枚に絞りました;;下はアニメ版のポスカ、
右上は見たこと無いイラストでドレスもアントワネットも可愛かったのでvv
左上の絵柄は他にクッキーにプリントされたりクリアファイルになったりして売ってましたー

思えば漫画の原画展って初めてだった気がする…!
唯さんが色んな漫画家さんの原画展行かれてらして、
可愛いポスカとかたくさん買われてるのが羨ましくて
関東でもやってないか検索してみたのですが、探してみる物ですねー
欲しかったポスカも買えたし、絢爛なベルばらの世界に久々に浸ることが出来て
凄く楽しかったですーvvよしまたベルばら愛蔵版読み返すぞー!vv


PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
詳細なレポお疲れ様でした!
小雨さんこんにちは。

ツイッターでも呟かれてましたが、ベルばらの原画展行ってこられたんですね!やっぱり原画は良いものですよね。印刷では出ない色使いとか、散りばめられたホワイトの立体感とか、私もこないだ見に行って楽しかったです。

私、的確にまとめてないですよ!;小雨さんすっごく詳しく書いてらっしゃるじゃないですか!
私画材がどうとか書いていませんし(まあ画材がコピックやカラーインクくらいしか知らないのもありますが・・・)小雨さんみたいに語彙が豊かなレポを書いてみたいものです・・・。食べ物の表現とかもうまくできないし・・・(遠い目)。
まあそれは置いといて;原画展楽しんでこられたようでよかったです(^^)水沢先生の原画もあったんですね!

そういえばトウシューズの便箋の件ですが、9月いっぱいバレエ展やってるみたいでまだ売ってあると思うので行ってきます!
なのでお届けするのちょっと遅くなってしまうかもしれませんがご了承ください(^^;)


ではではこの辺りで・・・。
2013/09/09(Mon)14:46:37 編集
お返事が遅くなってすみません~
小雨
唯さんこんにちは。

ベルばら展行ってきましたー検索した次の日から始まるとか、運命的な物を感じました(笑)
重ね塗りされてるところのグラデーションの綺麗さとか、堪能してきました!

いえいえ唯さん毎回凄く詳細に分かりやすくレポ書かれてて尊敬いたしますよー!
画材は私もコピックとカラーインクと水彩位しか分かりませんよ;;語彙が豊かとかとんでもない;;素敵とか豪華絢爛とかしか言葉が出てこなくて困ります(苦笑)食べ物は適当です(笑)
原画展楽しかったですー初・漫画家さんの原画展!
水沢先生のオスカルとアンドレ凄くそっくりでびっくりしました!

トウシューズの便せん唯さんのお手を煩わせてしまって本当にすみません~;;ありがとうございます!本当に!
遅くなっても全然構いませんよー水沢先生グッズのためならば…!

ではコメント気付くの遅くなってすみませんでした;;長いレポ読んで下さりありがとうございましたー!
2013/09/11(Wed)13:02:14 編集
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[625] [624] [623] [622] [621] [620] [619] [618] [617] [616] [615]

Copyright c 雨の通り道。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]