忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

絵は7年前に描いた物。
クララのスカートの裾からズボンというかドロワーズが覗いてるのがこだわりです。

17日の昼にEテレでNHKバレエの饗宴、今日の深夜にBSプレミアムでくるみ割り人形観てました。
モイセーエフ・バレエ団も一応録ってあるのですが、
チャイコフスキーの音楽の後に聴くと音楽が眠くて5時20分まで観る自信がなかったので
後で観ます。昔は民族舞踊とかも観るの大好きだったんだけどなぁ…衣装とか含めて。

バレエの饗宴は、とりあえず感想を簡単に。
新国立劇場のアラジンは、アラジンの八幡頼光が全然見せ場無くて可哀想でした。
まあ色んな宝石をイメージした踊りがそれなりに華やかで楽しめました。

Noismは金森穣さんの振り付けした現代バレエ、
バッハの音楽のヴァイオリン生演奏がとっても良かったです。
金髪のショートカットの女性が目立ってましたが彼女が主役なのでしょうか?
確かに外見含め存在感ありましたー良く分からなかったけど観てて楽しかったです。

谷桃子バレエ団のダッタン人の踊りは、コンチャーク汗が一番イケメンでした。以上。

牧阿佐美バレエ団のライモンダのグラン・パは、
タイミング的にようやく純クラシックの作品が観られて一息付けました。
伊東友季子さんは可愛らしい感じのダンサーですが、
ちゃんと音楽に合わせた重厚な感じを出そうと頑張ってて良かったです。

東京バレエ団のザ・カブキは、東洋と西洋の美の融合という感じでとても新鮮でした。

最後の吉田都さんの真夏の夜の夢は、都さんさすが!
一つ一つの動きや仕草から伝わってくる感情の表現力が凄いです。

えーと、これで全部かな…でもやっぱり日本のバレエは良い意味での重量感が無いというか、
何かへろへろして見えるんですよね…
特に男性は海外のカンパニーに比べるとまだまだだなあと思います。

で、くるみ割り人形ですが、良かったです~
今回はそんなに長くならないと思いますが、もう既に長いのでつづきから書きます。

くるみ割り人形のDVDはもう5本位持ってるのですが、
マリインスキーバレエ団のワイノーネン版が何だかんだ言って一番好きかも知れません。
それをTVでやってくれるとは!!もう今日まで地震が起きないか気が気じゃありませんでした。

まずお馴染みの心躍る序曲の後幕が開くとシュタールバウム家の前のセットでの道行き。
生まれて初めて観たくるみがマリインスキーの物で、最初にこの美しいセットに魅了されてしまったので
色々感慨深いです。粉雪が舞ってる感じがとっても綺麗でこのセット大好きですー

第一幕、シュタールバウム家の居間。道行きで子供達が出てたのでまさかとは思ってましたが、
今回は主役のマーシャ役を本当の少女が演じるんですね~
子供のマーシャからプリンセス・マーシャへの成長を
同じ大人のダンサーがいかに演じるかと言う所がワイノーネン版の見所だと思ってるので、
ちょっと残念な感もありましたが、
もちろん可愛いロシア人の少年少女がいっぱい観られるのは眼福なので、嬉しかったです~vv
この時点でこの映像永久保存だわーと思いましたーv
子供マーシャ役のアレクサンドラ・コルシュノワ、良い意味でのぎこちなさが残ってて、
少女らしいひたむきな演技でとっても可愛かったです~vv
美少女かどうかは見方が分かれるところだと思いますが、とっても愛らしいですvv
本当に少女って何て可愛いんだろう。少女以上に美しい物はこの世にないと本気で思ってます。
マーシャの縦ロールに白いリボンとドレスという衣装も大好きですvv

にしても今回カメラワークが最悪…少女人形の踊り何気に好きなのに
フィニッシュのシーンでアップになるってどういう事よ…ちゃんと足下まで映しなさい。
ムーア人のフィニッシュもカメラ移っちゃうし…あとセットが狭く見える撮り方もどうかと思います。

くるみ割り人形とネズミの王様の戦いのシーンは
生で観るとファンタジックなシチュに音楽の効果もあってテンション上がる所なのですが、
音量が小さめだったせいでいまいち乗れませんでしたが、
パーヴェル・ミハイエフ君、フランツにくるみ割り人形にと大活躍だなあ。
で、やっと主役のマーシャ姫役のアリーナ・ソーモアと王子役のシクリャローフ登場。
くるみ割り人形が王子になる場面は音楽がロマンチックになった時に変身するのが好きなのですが、
今回は主役が文字通り交代しちゃうからあの演出でしょうがないか。

マーシャ姫と王子の初めてのパ・ド・ドゥは音楽含め大好きな場面です。
ソーモアとシクリャローフ、若々しくてとっても良かったですー
ソーモア、王子が変身して嬉しい!って様子を体いっぱい使って表現してて可愛かったです。

雪のワルツの場面は、ロシアのコールドは本当に揃ってるしスタイルも良くて綺麗。

第3幕、お菓子の国。にしても何でマリインスキー版は半端な所で第2幕と3幕を分けてるんだろう…
お菓子の国のソリスト達の踊りはみんなレベル高くて良かったです~
アラビアの踊りのエレーナ・ヴァジェノヴァが色っぽくて素敵でした。
あとスペインの踊りの女性がとっても美人さんvv
パ・ド・トロワもちゃんと子役でもうめちゃくちゃ可愛いvv萌え萌えでしたvv
女の子二人は堂に入った踊りだったけど、男の子はまだ頑張ってる感じで、
回転の前にすーっと息を吸い込む感じとかがとっても子供らしくて可愛かったです~vv
花のワルツは言うこと無し。優雅なワルツにのせて文字通り花のようなダンサー達が素敵でした。

マーシャ姫と王子のグラン・パ・ド・ドゥは、
シクリャローフ、ソロ難易度の高い技がいっぱい入ってて見応え有りました~
ソーモアの金平糖の踊りは…アダージオの時から思ってたんですが、
ソーモア体が柔らかすぎるのか、
所々でバレエの綺麗な「型」から外れてしまう感じなのが勿体ないなあと思いました。
コーダもソーモアもうちょっと盛り上げて欲しかったな~

やっぱり長くなってしまいましたが、全体的にはとっても良かったです。
アレクサンドラ・コルシュノワちゃん可愛いなあ。
甘いお砂糖菓子みたいな音楽と、クリスマスのきらきらした夢がいっぱいつまったくるみ割り人形は、
やっぱりいつまでも一番大好きなバレエですvv
さて、誕生日プレゼントにはボリショイのニーナ・カプツォーワのくるみを買うべきか否か。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
すみません…!
小雨さんこんばんは。
記事に関係のないコメントで申し訳ないのですが、メールと拍手メッセージどうもありがとうございました。
メールは無事届いておりますので、安心して下さい。
とりあえずご報告だけでも、と思い…
返信が遅くてすみません(>_<;)
必ず返信いたしますので、そのとき改めてお礼を言わせてやって下さい!
それではお邪魔いたしました。
yumi 2012/06/20(Wed)22:04 編集
ご連絡ありがとうございます!
yumiさんこんにちは。
わざわざコメントでお知らせ下さってありがとうございます~!
メール無事届いていたようで良かったです。
お返事急かすような事書いてしまってすみませんでした~;;
yumiさん8周年当日もご自分のブログ更新されるだけで精一杯な感じでしたし、お忙しいんだろうなあとは思っていたのですが、つい気になってしまって;;
返信はyumiさんのお時間がある時にゆっくりで構いませんのでどうかお気遣い無くー!!
ではではコメントありがとうございました。
小雨 2012/06/21(Thu)13:04 編集
[473]  [472]  [471]  [470]  [469]  [468]  [467]  [466]  [465]  [464]  [463
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
5
10 11 12 13 14 15
16 17 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]