忍者ブログ

雨の通り道

5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

世にも奇妙な~感想

昨日の世にも奇妙な物語、全体的にはまあ及第点かな?という感じでした。
でも全盛期に比べて大分面白さ下がっちゃったなー;;ここ数年毎回思ってることですが。

江口洋介さんの「厭な扉」は一年後打たれるのが予想出来たので、
ラストは「え?本当にそれだけ?;;」って感じでした。自分に打たれるのは予想してませんでしたが。
幸福の後打たれるのを繰り返す事で、幸福な状態が永遠に続いている…という事になるのですね。

「はじめの一歩」は伊東四朗さんの縁結びの神様が軽くて面白かったです~
「5,4,3,2,1,はいブー」に笑いました(笑)
最後みさきが神様にお願いしていたというオチが予想外で意表をついていて良かったです~。

「栞の恋」も良かったです!近年の恋愛物では出色の出来だと思います。
栞の手紙を通して恋を育むという設定がとってもロマンチックでしたー
栞の返事が有るのを見て、嬉しそうに足踏みする堀北真希ちゃん可愛かったv
「行かないで行かないで行かないで…」の場面は泣けました~;;
まだケータイが無い時代のピュアな純愛を描いた素敵なお話でした。

「殺意取扱説明書」は現代のマニュアル社会を風刺している内容でしたが、オチがひねり無さ過ぎて;;
取扱説明書を読んでるときの描写は面白くて好きだったんだけどなあ。
相手を殺せるなら自分も死んでも良いを選んだ時の、
腰に爆弾付けてイっちゃってる笑いの玉木宏さんが面白かったです。所々千秋先輩を彷彿とさせられました。

最後のは(題名読めなかった;;)復讐という目的でしか繋がれない二人が悲しかったです。
人は誰しも普通でない自分を抱えながら自分の生きる意味を探しているのですね。
栞の恋とは違った意味で、これもまた切ないお話でした。
PR