忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

FF525周年の日にどうしても描きたかったワンドロ絵。
ワンドロどころか1時間半以上かかってますorzみんなの肌色が上手くいったような。
今のテンプレはカレンダーとかが左にあるからこんな横長の絵も原寸大で載せちゃうんだぜ

バイト終わってから今日まで文庫本を4冊読んでました~
読んだ順番に、
小田菜摘さんのコバルト文庫「朱華杏林医冶伝 乙女の大志は未来を癒す」
櫛木理宇さんの角川ホラー文庫「ホーンテッド・キャンパス 白い椿と落ちにけり」
同じく「ホーンテッド・キャンパス 水無月のひとしずく」
深山くのえさんのルルル文庫「乙女なでしこ恋手帖 三世を越えて」。
読んだ順に感想。

朱華杏林医冶伝は先月出たばかりなのに
元日の日にあざみ野のブックオフでかなり安くなってたので
20%オフという事もあり買っちゃいましたー雲屋ゆきおさんの表紙が凄く綺麗で可愛い。
内容は亡き父から医術を教わっていながら
女医を認めない法律のせいで医者になれないヒロイン・朱華が
人妻は夫以外に体を触れさせてはならないという婦道の教えに従い
男性医師の診察を拒む皇太后の診察をすることになり…という話。

某所で小田さん医療従事者らしいのに医術のうんちくが弱いとか
あまり評判良くなかったけど、それもさもありなんといった感じでした…
医療モノという事でどんな専門的な外科手術のシーンでもあるのかと思えば
朱華が治療に当たる皇太后の病気が単なる更年期障害って言うのが…
朱華の史上初の女医になり女医を養成する学校を作りたいという志に比べ
あまりにも病気のスケールが小さすぎると思いました。
小田さんあとがきで漢方の話を書きたかったと書いてましたが
それもそこまで専門的な事が出てくる訳じゃないしなあ…
朱華のトラウマとなっている黄蓮の件ももっと掘り下げるのかと思ったのにあっさりだし。
でも皇太后の挿絵はとっても上品で楚々とした美人で素敵でした~
皇太后がなさぬ仲の皇帝・碧翔の事を「泥棒猫の子」と呼んだときは
せっかくそれまで懐の広い女性として書かれてたのに
類型的なキャラになっちゃったな~と凄くがっかりしましたが、
その後の展開で最初は実の娘を養子に出してまで育てる事になった碧翔を疎んじていたけど
段々碧翔の存在が救いになっていった心理が明かされてすっきりまとめてて良かったです。
皇太后の容態の急変で患者のことを一番に考えて治療に当たるという
医師として最も大事な心を忘れていた自分は
役目を降ろされて当然だと恥じ入る朱華の心理も良かった。
ただ小田さんそして花嫁は恋を知るシリーズでも総じて糖度低めだったので
その辺は期待してなかったけど、それにしても
本編でろくに碧翔と朱華のいちゃらぶエピもないまま終わって
ラストでさらっと2人が結婚したことが触れられるだけっていうのは何だかなぁ~
せっかくの後宮舞台なのに
同じコバルト文庫のはるおかさんの後宮シリーズの様に華やかな妃濱達が出てくる訳でもなく、
全体的に地味な印象でしたが、
まあたまには陰謀も権謀術数もないこういう平和な話も良いかなと。
ただカバー裏に書いてある中華後宮ミステリーという煽りには
どこにミステリー要素があった??と疑問符が浮かびまくりました。


ホーンテッド・キャンパスは白い椿と~と水無月のひとしずくどちらも高かったけど
まあ20%オフだし…と諦めて同じく元日に町田のブックオフで買ってきました。
森司とこよみの端からはどう見ても両想いなのにじれじれラブという永遠のマンネリと
一話完結方式だけど毎巻終章でそれらの話を総括して振り返って終わりという
もはや様式美が確立してて安心して楽しめました。
キャラ立ってるとこういう方式も許せるなーと。
ただ白い椿と~の方はどの話ももう一つ消化不良な感じで、
「悪魔のいる風景」は単なる家庭内暴力の話だったし
「夜ごとの影」は2つの話を同時進行だけど上手く絡み合ってない気がするし、
「白椿の咲く里」はまあまあ怖かったけどなぜ美紅が珠青にそこまで執着するのかとか
美紅の死因がよく分からなかった所がモヤモヤしました…

水無月のひとしずくはどの話も結構怖くて読ませてくれて良かったですー
「辛辣な花束」はミステリ要素が適度に入ってるのも良いし
ラストのひき逃げ事件の被害者の少女の念がぞっとしました。
「指はわすれない」は前に出てきた最凶事故物件が再登場という事で
この事故物件はラスボス的な扱いなのかなーと思いました。
何故そこまで悪いモノが染みついてるのか今後説明があると良いんですが。
この作者さん46歳位だけど今どきの若者文化とかサブカルを凄く良く分かってて
聖奈の黒歴史とかの書き方や大人になって自分の痛さに気付く感じを上手く書いてて
黒沼部長が中学時代不思議ちゃんキャラだったという聖奈に
「どうやってあの世と交信するのかな?」と聞いて森司が「鬼だ…」と思う所とか笑いました。
「罪のひとしずく」は教師のパワハラの手口や心理がリアルで良かったです。

何度も言いますがこの方生理的な恐怖のツボをよく心得てて、
全体的にはライトなノリだけどキャラ立ちの上手さで読ませる感じで安定感があって好きです。
鈴木のキャラがすっかりオカ研に馴染んでてもはや欠かせない存在になってるのも良いし、
相変わらず泉水ちゃんはかっこいいしで良かったですー
森司の天然たらしキャラも良かった。ギャグは少しパンチ足りなかった気もしますが。


乙女なでしこ恋手帖は11月に出たばかりなのに2日に横浜のブックオフで108円になってて
ほくほくで買ってきましたー帯付きも嬉しい。
深山さん某所でコバルトにきてほしいと書かれてましたが、
コバルトには話が軽すぎる気がするなあ…
程よく大正浪漫要素が入ってて良かったけど、全体的にはあっさり薄味の話でした。
でも今どき珍しい清々しい悪役の蝶子嬢のキャラは嫌いじゃないです。
蝶子嬢の挿絵設定通り美人で洋装も素敵だった。
番外編の「人はそれぞれ」で要が蝶子より千鶴の方がずっと美人だと思ってるのも良かったです。
相変わらず過去巻のおさらい的な説明が多かったのはちょっとダレましたが。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1025]  [1024]  [1023]  [1022]  [1021]  [1020]  [1019]  [1018]  [1017]  [1016]  [1005
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2
5 6 7 8 11
12 13 14 15 17
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]