忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
9 14
15 17 18 19 20 21
22 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R

リリー・ヘザー王妃の喪服姿パートⅡ
この前ちょっと彼女のシリアスな話もしたので
絵も今回は未亡人らしい沈痛な面持ちにしてみました。
喪服のデザインも更に露出度控えめでかっちりした雰囲気にしてみましたー
ヴェールも慎ましやかにロングで。
ヴェール部分はトーンなのですが裾のレースのトーンとの境目がはっきり出てしまい残念。
確か映画「仮面の男」だったと思うのですが、
フランス王の未亡人の王妃?王太后?が
こんな感じの喪服姿で終盤ちらっと映ったのがとても印象的で。
何度も言いますが長いヴェールの陰に隠された慎ましやかな美貌の未亡人って素敵ですよね。
しかしリリー・ヘザー王妃はこの時34歳ですが20代にしか見えない設定なのに年相応に見える…
髪型のせいもありますかね…まあ夫を亡くして彼女なりに憔悴してるという事で。


先月末に発売したばかりのコバルト文庫が
それぞれ渋谷センター街店とあざみ野店でかなり安く売ってたので買ってきましたー
どちらも帯付き!vv
とくに秋杜フユさんの「イノシシ令嬢と不憫な魔王 目指せ、婚約破棄!」は
表紙デザインがいつもながら凄く可愛くてブックオフで探してたので嬉しかったですー
まあどうせすぐ108円になって
ああーもう少し待てば良かったぁー;;ってなるのは分かってるんですけどね…
白川紺子さんの「ブライディ家のおしかけ花婿」は表紙可愛いことは可愛いけど
あんまりコバルトっぽくない感じであらすじも大して惹かれないし…と思ったけど
繰り返しますが発売後半月位しか経ってないのにかなり安かったので。
コバルト文庫読むの自体ももちろん楽しいのですが、
何が楽しいってネットに感想書いて一つか二つでもレスもらえると本当に嬉しくて
それ含めて楽しみで買ってる感じです。
まあいつも108円で買った発売後大分経ってる本の感想ばかり書いてるので
ほとんどはスルーされるんですけどね…
そういう訳で発売後一ヶ月以内の新刊に出会えるとついつい買ってしまいます…


と、前置きが長くなりましたが感想。
秋杜さんのイノシシ令嬢は何度も言いますが表紙可愛い~vv
クロエの凛々しい表情可愛くもかっこいいしサカノ景子さんいつもドレスあまり上手くないけど
今回は紫色のドレスそれなりに華やかで可愛いかったですーアルセニオスもイケメン!

内容はあくまでもシリーズ全作読んでればという前提ですが、
シリーズ中随一の内容の濃さだったと思います。
前作ヒロインのアティナの比重がかなり占めてて
その辺は前作でやっとけよと思わないでもなかったですが、
こじらせシスコンと精霊の花嫁のヒーローコンラードも出てきたり、
シリーズファンへのサービスが多めだった気がします。
肝心の今作のヒロインのクロエは本当にタイトル通り
猪突猛進型でまっすぐな気性がとっても可愛くて良かったですー
序盤の自分と同じ色のドレスを着た令嬢に嫌味で褒められても
馬鹿正直にお礼を返しちゃう所とか、
アルセニオスに女だからと気遣われても自分は騎士としての矜持があるから
女だという事を理由に気遣われても侮辱だと感じたり、
アルセニオスに「あなたがやった事は民を救う正しい行為だったのです」と
王位を剥奪した際に苛烈な粛正をして敵も多い彼をまっすぐ肯定してあげる所良かったですー
アルセニオスも前作に出てきた所ほとんど思い出せなかったけど、
魔王というあだ名とは裏腹に騎士道精神に溢れた正義感ある所と
文武両道な所がかっこよくて、
クロエに図らずも屈辱感を与えてしまった後きちんと騎士として認めて稽古を付けてあげる所や
フィニカに向かう途中で聖王女の騎士に出くわしてスカートを切り裂いて応戦したクロエに
彼女のことを騎士として尊重するのと同時に女性としてもきちんと気遣って、
女性として大切なものをおろそかにしないで欲しいとお姫様だっこする所とか
魅力が自然に書かれてて良かったです!
全体的に2人が惹かれ合う過程がとても丁寧で自然で
アルセニオスは誰に何を言われようと
クロエに自分のやったことは正しいと肯定してもらえて凄く救われたんだろうなとか、
クロエも女だからといって自分を見くびらないで
対等に扱ってもらえた事が嬉しかったんだなとか、かと思えば女性扱いもされて戸惑ったり、
とにかく2人の心の動きが読んでて手に取るように納得出来る感じが凄く良かったです。

脇キャラの配置も良くて、クロエの従兄でアルセニオスの側近のデメトリの
騎士馬鹿なクロエで遊んだり毒舌をあびせる所も良いキャラしてたし、
逆にクロエからもごく自然に急所をえぐられて落ち込む所とかやりとりが面白かったです~
「今の下りが全て仕置きだったのかよ」のシーン好き(笑)

ヨルゴスは老獪ながらもお茶目な好々爺だとばかり思ってたので
終盤で明かされる真実には面食らいましたが、
偽のアレサンドリ王太子妃を仕立てたベゼッセンより
回りくどいヨルゴスのやり方の方が遙かに意味不明でした…
そしてあえて今まで言ってませんでしたが
クロエの騎士設定のみならず
毒の匂いが分かるとか
一度読んだ物の内容を忘れないというチート性能は盛りすぎだろ…と興醒めでした。
ラストのヨルゴスの真意を明らかにするためだけの設定だったのが丸わかりで
凄くご都合主義を感じてしまいました。
でも特に前作虚弱王女と口べたな薬師ではゆるふわで幼稚といっても良かった
各国の政情や政争の設定が今回はかなり詰められてて、
まだまだ他のコバ作家さんに比べれば及ばない部分もあるけど
カルピオマ辺境伯の下りとか諸々、
かなり説得力持たせてたのは秋杜さんの成長を感じましたー
お前に甘えても良いか?とアルセニオスがクロエに膝枕してもらったり、
今夜はお前の温もりを抱いて眠りたいというラスト近くのシーンとか、
サカノさんの挿絵共々甘くて可愛くて良かったです~

偽王太子妃の捕り物のシーンのコンラードの台詞への
「かわいい多くない!?」「長っ!タメ長っ!」とかいうクロエのツッコミとか
ギャグは悪のりしすぎな感も有ったけど、
全体的にはまあまあまとまってて最初から最後まで凄く楽しんで読めました。
イノシシ令嬢クロエの爆走と魔王アルセニオスのツッコミが追いつかない感じ面白かったですー


白川さんのブライディ家の押しかけ花婿は…
まあ良かったんだけど、話の密度はこれ位で良いんだけど
キャラが薄味な感じでいまいち萌えられなかったのが残念だったかな…
ヒーローのデューイとかもうひと癖位個性盛って欲しかったです~
全体的に惜しい!!もう少しで萌えられそうで萌えられない!!って感じでした。
マリーの父母とかもっと出番増やしてキャラ付けできそうなのに勿体ない。
上流階級の貴族達が魔法を扱えるという世界観と
各々が普通の魔法の他に自分だけの持って生まれた魔法を持ってるという設定は良かったですー
第一章はマリーのトラウマが明かされる所とか春荒れの魔女になれなかったという屈託が
え?そんな事??感があってちょっと肩すかしだったし、
不幸な生まれの少女とその使役獣の犬との絆とかは良かったけど
ちょっと構成がだるい所があったかな…
第一章で大きな扱いだった鉱石がその後の章ではあまり話に関係なくなったのも
第二章の全体の雰囲気から浮いた弁護士の母親殺しの件も、
どちらも違う意味でですがバランスの悪さを感じました。
マリーの唯一の友人アリサとデューイの友人で魔法審議員のフィオンとのロマンスは
爽やかな空気感が感じられるようで良かったですー
第三章でマリーが春の帳に主人と認めさせる下りはちょっとあっけなくて
そんな事だけで良いの?と思ったけど、
マリーのときめくとまばたきする度にまぶたから蝶が羽ばたくとか、
アリサの花を咲かせるとか、レディ・ルルスの手を叩くと人でない物が人になるとか
各キャラの持って生まれた魔法の描写や種類は詩的で綺麗で面白くて良かったですー
ただ絵師さんの庭春樹さんがなー…
表紙も挿絵も童話的な雰囲気が話に合ってると言えば合ってるんだけど、
キャラが太って見えて…
もっと椎名咲月さんとか凪かすみさんとか
好きな絵師さんで読みたかったと思ってしまいました…


GWのセールで櫛木理宇さんの角川ホラー文庫、ホーンテッド・キャンパスシリーズ第10弾
「きみと惑いと菜の花と」買ってたの読みましたー
コバルト文庫にどっぷりな身にはホラーとかあんまり…と思って読み始めたのですが、
「なぜおれはブラッド・ピットに生まれなかったのだろう-
鏡の前で、八神森司は真剣にそう思い悩んでいた。」
という冒頭の文にくっそ笑いました(笑)
前巻までは余計だと思ってた新キャラ・鈴木の存在にも慣れて
オカ研メンバーと馴染んでる感じも良かったし、
森司とこよみのデートも可愛かったし、
いつも通りぞわぞわする本能に訴えかける恐怖のツボを心得てるお話作りも
ギャグも巧みで凄く楽しめましたー

「目隠し鬼」はちょっとお話が込み入ってて
シーツの間から覗く白い女の足という導入部からかなり話が展開して
ちょっといっぱいいっぱいになって恐怖感はあまり無かったけど、
目をつぶってれば相手なんて誰だって同じ、という鮎美の言葉と
目隠し鬼との結びつきが恐ろしくも示唆的でしたー

「よけいもの、ひとつ」は死者の話じゃなくバイロケーションの話だったので
怖くはなかったけど、返って箸休め的な感じに読めて良かったです。
この作家さんはこういう家庭環境で育ったらこういう人間になるだろう、という
キャラの背景作りがいつもヴァリエーションがあって特徴的だな、と思います。
初穂の切なく一途な想いが通じて良かったと思いましたー
あとこれまでのシリーズで明記されてなかった泉水ちゃんの美形設定が確定して
泉水ちゃん好きには美味しかったです(笑)190㎝の精悍な偉丈夫良いよね!!
森司のオカ研入部後すぐのエピソードという事で裏話的な感じで良かったです。

「いちめんの菜の花」は何度も言うように森司とこよみのデート描写が可愛くて、
ホラーにそういうの求めてないんで!!と思ってたけど意外に楽しんでしまいましたー
森司が成績には全く繋がらないけど地味に得意なことでポイントを稼いでいって
今までに見られたことのない眼差しを浴びる所とか良かったねと。
この2人これで付き合ってないんだぜ…というのを地でいってて微笑ましかったです。
そんな裏での事件も3編中一番怖くて満足できましたー
磁場が狂っていて過去の情景が見える土地に建っている廃屋や怪しい新興宗教と
よりましにされていた母子の悲劇など、相変わらずぞくぞくのツボを突くのが上手いなーと。
ラストでそれまでの3編を総括して終わる〆かたも
ああ、そうだったなこのシリーズこういう感じだったなーと思い出せてくれて
様式美を堪能しましたー
いつもはオカルト事件だと思ったら黒幕は生きた人間だったというオチが多くて
恐怖が半減するのが残念だったのですが、今回も確かにそういう所もあったけど
オカルトというかホラーの比重もちゃんとあってオカルトミステリの醍醐味を楽しめました。
このシリーズいつまで続くのか分からないけど、
シリーズ物もキャラ立ちさせるのが上手い作家さんが書くと面白いなと思いましたー
…で、映画化の話どうなった?
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
沈痛な面持ちに…涙
お邪魔します昭です♪

リリー・ヘザー王妃の『喪服姿パートⅡ』きた~~~~♪
パートⅠとはまた異なるデザインにゴクリんこっ!
比較してみても楽しめる!あっぱれざますー!!

こちらのデザインはかっちりとしてる分
(スカートのボリュームを控えたり、ロングのヴェールとか
髪もきっちりとまとめていて)
周囲にも沈痛さが伝わる感じがして
葬儀で着てそうなイメージがしました~

ロングのヴェールってお顔をすっぽり隠してしまうので
周囲からはリリー・ヘザー王妃の表情や美貌が
ハッキリと見えないから、普段とは異な
妖艶さやアダルトさが増すのかもしれないネ
もちろんその場の雰囲気や髪型、服装、
表情といった関係もあると思いますが(*´ω`*)
2017/05/16(Tue)13:50:24 編集
涙してくださりありがとう;;
小雨
昭さんこんばんは!

リリー・ヘザー王妃の喪服姿パートⅡにコメントありがとうございますー><
パートⅠと異なるデザイン比較して見て頂けて有り難し!;;

パートⅠはまだまだ華やかだったので
今回はかなりかっちりさせてみましたー
スカートのボリューム控えめにしたの気付いてくださり嬉しいですー;;
髪も未亡人らしくきちんとまとめてみましたー
仰るとおり葬儀当日はこの姿で臨んだと思います。

ロングのヴェールで顔や表情が隠されているからこそ
ミステリアスで妖しい魅力が出ていると良いなーと思います。
周囲も孤独な王妃の姿に同情を禁じ得なかった事でしょう。

いつも何てこと無い一枚絵から色々想像して下さり
コメント頂けるのとっても有り難いですー><
今回も素敵なコメントありがとうございました!vv
2017/05/16(Tue)18:27:00 編集
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[957] [956] [955] [954] [953] [952] [951] [950] [949] [948] [947]

Copyright c 雨の通り道。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]