忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

絵は6年前に描いたくるみ割り人形の金平糖の精。
昨日はクリスマスプレゼントに買って貰った牧阿佐美バレエ団のくるみ割り人形のDVD観てました~
続きから感想。

くるみ割り人形、クララ役を子供がやってるのは(今出てるDVDの中では)珍しいので期待してたのですが、
クララ役の阿部裕恵ちゃん見た目はとっても可愛いんだけど何分演技が薄い…;;

お馴染みの序曲から始まり第一幕、
シュタールバウム家のクリスマスパーティーに向かう人々の道行き。
小さい男の子達が数人で肩くんで踊ってるところとか、
小さいのにみんな上手で良く訓練されてるなーと思いました~
シュタールバウム家の居間のセットは、豪華で素敵v
クララのお母さんを初めとする貴婦人達のドレスも綺麗でうっとりでした。
子供の衣装はちょっと貧乏くさかったけど;;

行進曲はやっぱり本物の子供が踊る方が可愛いなぁ~
でも、みんな子供なのにあんまり子供らしさが無いというか…
仕草とか優雅なのは良いんですがあまり子供が演じる意義が感じられませんでした。
ここはもっと子供達の無邪気さを出して欲しかった…
クララ役の阿部裕恵ちゃん、上手だし可愛いんだけど、所作とかあまりにもおとなしすぎて…
何か主張がなくて、どんなクララ像を演じたいのかが見えてこないというか。

お人形が踊るシーンは良かったです~このシーン好きなのですよv
そしてくるみ割り人形をドロッセルマイヤーからプレゼントされるクララ。
それをお兄さんのフリッツに取られて、壊れてしまうくるみ割り人形。
フリッツ役の男の子、かっこよかったですv
肩ふるわせて泣いてるクララは可愛かったv

パーティーも終わり、居間で眠ってしまったクララ。
時計が真夜中の12時を打つと、どこからともなくネズミの大群が現れ、
くるみ割り人形率いるおもちゃの兵隊と戦争が始まります。
クララの投げつけたスリッパでネズミの王様は退散し、
王子の姿に変わるくるみ割り人形。
ここですが、いったんくるみ割り人形が舞台の袖に引っ込んでから王子が出てくるので、
明らかに入れ替わったのがあからさますぎて感動薄かったです~
ここはもっと上手く変身シーンを演出するところだろ!と思いました。
王子の姿に変わるところ、ロマンチックで大好きなのになー。

ここで王子とクララのパ・ド・ドゥ。
ここは美しい音楽に乗ってクララの喜びが伝わる感動的なシーンでこれまた大好きなのですが、
阿部裕恵ちゃんまだ14歳という事もあり、パ・ド・ドゥはいっぱいいっぱいという感じでしたね~
仕草とかマイムとか良く訓練されてるようでも、視線の使い方とかはまだまだだなーと思います。
まあその辺が子供らしい初々しさが感じられて逆に良かったですが。

雪のワルツは、雪の女王の青山季可さん何か踊りの見せ場が少なくて、
雪の精達の踊りも隊列とかあまり綺麗じゃなくて期待はずれでしたー
ここもふりしきる粉雪が舞い踊る様を美しく表現した大好きなシーンなんですけどね~。
王子と共にそりにのって夢の世界へ旅立つクララで幕。

第2幕、夢の世界。伊藤友希子さんの金平糖の精は、
まだお若い方なので仕方ないけど女王というよりお姫様といった雰囲気。
もう少し女王らしい威厳があると良かったけどなー。まあ可愛い方なので良いんですが。

各国の踊りは、みんな頑張ってるし技術はあるんですが、
踊りが小さくまとまっていてダイナミズムがないというか…もっと全身を使って表現してもらいたいな~
でも中国、ロシア、あし笛の踊りは良かったです~
特に中国の踊りの男性の跳躍が高くて素敵でした~。
有名な花のワルツは、まず衣装が黄色系というのが気に入らない…
花なんだからやっぱりピンク系が可愛いと思うのに…まあ好みの問題も有るかもですが。
花のワルツもちょっと振り付けが面白味に欠けて、あまり好きではないですー

金平糖の精と王子のグラン・パ・ド・ドゥは良かったです。
王子役の京當侑一籠さんはテクニック有るし、正統派のダンスール・ノーブルといった雰囲気。
伊藤友希子さんはやっぱりお姫様風だけど、愛らしい踊りで良かった。
ただコーダの時の回転はやや苦手なのかな?という感じがしました。

ラスト、夢から覚めたクララがくるみ割り人形を抱きしめて幕。

うーん…なんか全体的に踊りがこぢんまりとまとまっちゃってるんですよねぇ~…
日本のバレエ団だからこんなものかな、って感じでした。
あとクララがあまりにも空気過ぎる演出もどうかと。
はっきりした性格付けもされてないし、夢の世界でもただ座って見てるだけのお人形主人公(笑)

と色々書きましたが、何と言ってもチャイコフスキーの音楽を始めとして
作品自体が素晴らしいので、それなりに楽しめました~
最後カーテンコールでクリスマスソングが流れるのも良かったです。
新作のくるみのDVDを家で観られるなんて
(いつも東京文化会館4階の音楽資料室で観てるのです~)幸せv
俺…来年の誕生プレゼントもくるみ割り人形のDVD買って貰うんだ…
っていい歳していつまで親にプレゼント買って貰ってるんだって感じですよねすいません(^_^;)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
クララ役の子はもう少し表現力があった方がいいと思いました。橘の子はアラベスクやアチチュードの後ろの足など観客から見えにくい部分が汚くて気を抜きすぎだと思いました。また橘の人は踊り方や足の動き方がとても雑だと思いま。
でも、私は幼いころからクララ役の阿部裕恵ちゃんに憧れてきました。これからも私の憧れの存在でいてください。頑張ってね、応援しています・
元橘仲間 k・h

黒田輝 2013/09/17(Tue)18:32 編集
コメントありがとうございます。
黒田輝さん初めまして。
クララ役の阿部裕恵ちゃん、可愛いのは良いのですが
やっぱりもうちょっと表現力が欲しかったですね。
私はバレエをやったことはなくて見る専門で知識も乏しいので技術的な事は全く分からなくてお恥ずかしいのですが、バレエ経験者の方にはそういう部分が気になるのですね。
阿部裕恵ちゃん、黒田さんの憧れの人なんですね。
今はもっと素敵なダンサーになっているのでしょう。
頑張って欲しいです。
コメントありがとうございました。
小雨 2013/09/17(Tue)19:07 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 7 8 9
11 12 14 16 17
18 19 21 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]