忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

12月15日の深夜にNHKBSのプレミアムシアターでやっていた
マシュー・ボーンのバレエ眠れる森の美女と、
12月23日深夜に同じくプレミアムシアターでやっていたミラノ・スカラ座の椿姫観てました。
眠れる森の美女は、マシュー・ボーンの白鳥の湖大好きなので、
眠りはどんな感じになるのか興味があったのですが、
白鳥のような大胆なアレンジや発想は無い物の全体的には結構面白かったです。
セットは豪華だし衣装は繊細で可愛い~第二幕のお城のセットとかとっても綺麗でした。
特に第1幕の妖精達のファンタジックな衣装やエレノア妃のアール・ヌーヴォー調ドレス、
第二幕の園遊会?の貴婦人達のドレスが綺麗で素敵でした。
それにしても赤ちゃんのオーロラ姫の人形が凄かった…
カーテンをよじ登ったりダンサーの動きに合わせて手や顔を動かしたり…
あれ作るだけで相当お金かかったんだろうなあ。顔も可愛いし。
マシュー・ボーン版のオーロラ姫は
自分の魅力に無頓着な元気いっぱいのおてんば娘…という感じで、
恋人の庭師にとってはこの上なく官能的な存在なのだろうな、という感じがしてそそります。
ラストカラドックを倒して結ばれた二人がベッドに消えていく所は、
そういう即物的な終わり方で良いの…?とちょっと興ざめ…と思ってましたが、
最後の最後で赤ちゃんの両親になった二人が妖精達と同じように羽が生えている所とかは
なかなか示唆的で面白かったです。空を飛び回る赤ちゃんはキューピッドの象徴かな?


椿姫は3倍録画したビデオでしか映像持ってないのでTV放送嬉しかったです!
椿姫、一番大好きなオペラですー
音楽が親しみやすく凄く美しくて並の舞台でも普通に泣ける…;;
華やかなパリの社交界が舞台なので衣装を観るのも楽しみなオペラですねー
で今回の舞台ですが、最初は金髪でかなりふくよかなヴィオレッタにがっかりしましたが、
この演出はこの人じゃないと駄目だったんだなと思わせる説得力があって凄く良かったです。
第一幕は装置や衣装は豪華で綺麗だけど変な演出…と思ってましたが、
第二幕、三幕…と観ていく内に、どんどんツボにハマってしまいました。
第二幕の冒頭でアルフレートがパンをこねていたり、
第一幕で着ていた華やかな青いドレスのヴィオレッタの人形が飾ってある所とか、
色々遊び心が感じられて…
ただ最初アンニーナとヴィオレッタの関係に焦点を当てている演出なのかなと思いましたが
それならもう少しアンニーナやジュゼッペのキャラを掘り下げるとか出番増やさないと…と
ちょっと中途半端な印象も受けました。
でも第三幕で瀕死のヴィオレッタの元にアルフレートが薔薇の花束とケーキという
初々しい恋人に贈るようなプレゼントを持ってやってくる所とか、
返って二人の時間が永遠に元には戻らないことを感じさせて、愛おしくも悲しい演出でした。
ヴィオレッタ役の方は歌ももちろんですが演技力がとにかく凄い!!
涙ながらに別れを決意して
「愛してね アルフレート 私が愛しているのと同じくらい!」と歌うところは
椿姫で一番泣けるシーンだと思ってるのですが、
アルフレートの胸を拳でどんどん殴る所とか、本当に女優のような表現力でしたー
フローラ役の方の方が容姿的には遙かにスリムで美しくて
普通の椿姫ならヴィオレッタには彼女がぴったりだと思いますが、
この演出なら繰り返しますが彼女以外のヴィオレッタは考えられない!
アルフレート役も最初はただのおじさんじゃん…と思いますが歌はとっても良かったです!
ジェルモン役の方も好演。
そして何気にドギニー侯爵とか医師とか脇にスマートなイケメンが多かったです。
二つともDVDに焼いたので永久保存しますー

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[651]  [650]  [649]  [636]  [648]  [647]  [646]  [645]  [644]  [643]  [642
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
5
10 11 12 13 14 15
16 17 20
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]