忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

FFワンドロで結構好評で嬉しかった絵です。
何日か経ってもお気に入りして頂けたりして嬉しかったなー
世界で一番好きなゲームの一番好きな場面を描いてふぁぼしてもらえるって幸せですね。
一発描きなのですがファリスがかなり紙の幅ぎりぎりになってしまいました…
ちゃんと入って良かった。

今年のお正月にブックオフで買って放置してた
コヴェントガーデンロイヤルオペラの「ばらの騎士」と
この前BSプレミアムでやってたザルツブルク音楽祭2014のばらの騎士観ました。
ロイヤルの方は装置も衣装も歌手も豪華でオーソドックスな決定版な感じで
このオペラ観るの初めてだけど3時間半飽きずに観られました。
ズボン役のオクタヴィアン役の歌手も綺麗で似合ってたし、
オックス男爵は見るからに粗野で下品なオヤジって感じでハマり役でしたー
もちろん歌も素晴らしい!
ゾフィ役の歌手も綺麗な金髪で可愛らしい感じで、
マリア・テレジア時代のドレスもとっても似合ってて素敵でした。
事前知識で時の移ろいを描いたオペラだと言われてたのでそこを観るつもりだったのですが、
元帥夫人の美しさを失いかけた女性の悲哀みたいなのは思ったより伝わってこなかったかなー
いや感情としては分かるんですが、オペラ全体はオックス男爵のどたばた喜劇と
オクタヴィアンとゾフィの初々しい恋に目がいっちゃう感じで。
「夜中に起きて時計を全て止めてしまうこともあるの」という元帥夫人の独白も
もう少し切なく響くはずなんですが…
でもこのオペラで何より気に入ったのは、ゾフィの愛らしさ。
「毎日床の中でオーストリアの名家の家系図を眺めますの」
とオクタヴィアンの洗礼名を暗唱する
結婚に夢を持っている乙女の初々しい可愛らしさがとっても印象的でしたvv
かと思えばただ育ちの良いお嬢さんなだけでなく
オックス男爵の野蛮さに幻滅して「教会へ向かう馬車から身を投げます!」と歌うところは
ステレオタイプのヒロインではない意志の強さを感じさせてとても素敵。
R・シュトラウスのオペラのヒロインは
女性から観ても魅力的なヒロイン像を作り上げていて良いなあと思いました。
ザルツブルク音楽祭2014の方のばらの騎士は装置も衣装もモダンな感じで、
豪華ではないけどこれはこれで綺麗で好きでした。
元帥夫人役の歌手は美魔女系だったけどこちらもゾフィ役が若くて金髪で可愛らしいv
オックス男爵はちょっとナイスミドルすぎないか?といまいちハマれませんでしたが、
旅籠でカツラを取ると結構それらしくなったので良かったです。
旅籠の場面はこっちの方が好きだったなー
男爵を驚かせる怪物役達がハロウィンチックでカラフルで、
「パパーパパー!」と泣きつく孤児達も可愛らしいvv
第3幕での元帥夫人の衣装もアールデコ調で素敵だったし、
マリア・テレジア治世化には無いはずの自動車で去っていく元帥夫人とファーニナルが
新しい時代への移り変わりを象徴的に表しているようで面白い演出でしたー


ずっと観たかった実写版のフランス映画、「美女と野獣」
横浜まで行かないと観られないと思ってましたが近場でやってたので行ってきました。
…が、いまいち…でした。
登場人物が多くてごちゃごちゃしてるしテンポが悪い…
ベルが野獣のどこに惹かれたのかも分からないし野獣=王子の過去は
何でわざわざあんな込み入った話にしたのか…
その部分が好きな人はハマれるのかもしれませんが、私はあんまりでした。
王子がひげ面なのもねー…ひげのダンディなおじさまは嫌いじゃないけれども。
ベル役のレア・セドゥは本当に非の打ち所のない美女なんですが。
ドレスはとっても綺麗で素敵でした。
あとアンヌとクロチルドの2人のベルの姉妹が原作と違って良い人だったのは和みました(笑)
今度は予告編でやってた黒人の子が主人公の「アニー」観に行きたいなあ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[734]  [733]  [732]  [731]  [730]  [729]  [728]  [727]  [725]  [724]  [718
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 10 11 12 13
17 18 19 20
21 22 23 24 25 26
28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]