忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

今日(2月14日)は109シネマズ港北にハマのXmas大好き仲間^^junさんをお誘いして
パディントン2観に行ってきました~
先月の19日に封切られてまだ1ヶ月経ってないのに
吹き替え版一日2回しかやってないので
やっぱり続編って駄作多いし出来良くないのかなー…と
見終わった後つまらなくて気まずい空気になるのを半ば覚悟して観たのですが、
そんな心配も吹っ飛ぶまさに快作でとっても良かったですー!
1は去年のクリスマス当日にTVで放映していたのを観ていたのですが、
観ていないjunさんも楽しめたようで、お誘いして一緒に観られて本当に良かったですvv
もちろん1が有ること前提では有りますが、
1を超える出来だと思いました~
しかしレディースデーだったのに私達の他に2組くらいしかお客さんいなくて、
こんなに良い映画なのに勿体ない…
パディントンに限らずどの映画も人をほとんど見ませんでしたが大丈夫なのかなあ。
では続きから感想~


まず映画が始まってすぐの
すっかりロンドンのブラウン家での生活に馴染んだパディントンが暮らす
ウィンザー・ガーデンのおもちゃの街のような愛らしい家々が並ぶ景色に釘付けになりましたー
この映画、美術がとっても綺麗で凝っていて画面を眺めているだけで幸せでしたvv
パディントンがご近所の人達とうち解けた風景が描かれると共に
ブラウン家の面々の近況報告が語られて、
会社で後輩に出世で先を越されたブラウンさんはヨガ?ピラティス?を習い始め、
水泳に凝っていてフランスまで泳ぐのを目標にしているブラウン夫人、
前作の彼氏と別れ失恋の痛手から立ち直るために学校新聞作成に打ち込むジュディ、
SLオタクだけどそれを隠して学校ではラップが好きなふりをしているジョナサン、
相変わらず皮肉屋だけど憎めないバードさんと、
まだ1観てから2ヶ月経ってないのに凄く懐かしの面々に再会できた感じが嬉しかったですー
ジョナサンとか1ではあんなに可愛い美少年だったのにすっかり大きくなってましたが^^;;

パストゥーゾおじさん亡き後1人ペルーの森林で暮らすルーシーおばさんの誕生日に
グルーバーさんのアンティークショップで
世界にたった一つの飛び出す絵本を贈ることにしたパディントン。
この飛び出す絵本の中のロンドンの街並みを
ルーシーおばさんと歩くパディントンのイメージ映像の美術がまた素敵で釘付けになりましたー
他にも日本人なら憧れる移動遊園地とかロケーションが凄く綺麗で楽しかったです~

落ち目の俳優ブキャナンを演じるヒュー・グラント、
大分年取ったなーと思いましたが悪役をいきいきと魅力的に演じててまた良かったです。
シスターイザベラになったり司祭になったり王様になったりと
7変化も楽しかった(笑)
ブキャナンの策略にハマり窃盗罪の罪を着せられ刑務所に収容されるパディントン。
パディントンが逮捕された後のウィンザー・ガーデンの人々が
余裕を無くしていらいらしている雪の降る灰色の街の様子が
冒頭のカラフルで楽しい街並みと人々の様子と好対照を成していて、
パディントンの与えていた影響の大きさを改めて感じさせる所が効果的でしたー
えん罪を着せられたパディントンの無実を証明するため
ブラウン家の人々があの手この手で工夫を凝らしてブキャナンを追いつめていくところとか
凄く痛快で面白かったー

ナックルズ始め刑務所の囚人達とパディントンの間に芽生える友情も凄く感動しましたー
そしてパディントンがブラウン一家に忘れられたと思って
涙をこぼすシーンのパディントンのCGが凄く可愛くて可哀想でついウルウルしちゃいました。
パディントンのこぼした涙から芽が吹き出て
ペルーの密林の中でルーシーおばさんと再会するイメージ映像も凄く綺麗で切なかったです。

笑える小ネタがあちこちに盛り込まれているのも前作同様で楽しかったです~
パディントンが最初に務めた理髪店でうっかりバリカンで髪を剃ってしまった紳士が
裁判所の判事だった所とか、
パディントンが刑務所の洗濯機で囚人達の服を洗濯する際うっかり赤い靴下を入れてしまい
囚人達の囚人服がピンクに染まった所とかも好きだけど
一番笑ったのはクライマックスのトレインアクションの所で
ブラウンさんが列車から列車に飛び移る際に列車間の距離が開いて180度開脚するけど、
冒頭のヨガの伏線が効いてて「体を開けば心が開く…」と悟りを開くところが一番笑いました(笑)
SLオタクのジョナサンがパディントン達の乗った列車を追いかけるため古い型の汽車を動かし、
ブラウン夫人が海に落ちたパディントンを救おうと飛び込んだり、
とにかく序盤の伏線が次々ここで回収されるのかーという感じでとっても良く出来てました。

ラストの展開はまあ予定調和でしたが、素直にハッピーエンドで良かったですー
前作は割と明るく終わったので
2は凄くしんみりとした終わり方だなーでもこれも良いか、と思ってたら、
エンドロールで有罪判決を受けて刑務所に入ったブキャナンが
刑務所の囚人達と一緒にミュージカルを演じるシーンで締められていて賑やかで楽しかった。
ただ全く関係ないとは思うけど
10年前位に観たアメリカのミュージカル映画「プロデューサーズ」でも
囚人ミュージカルのシーンがあったので、パクリとまでは思わないけど
若干新鮮味には欠けたかな…
とはいえやっぱりミュージカルは大好きなのでトリを飾るのに相応しいと思いました♪

とにかく色々な道具や知恵を駆使して逆境を切り開いていく感じや
笑いと痛快な展開の中にも
人(とクマ)の暖かい情みたいな物が感じられる所が凄く良かったですー
パディントンの乗った列車に追いつくために車を出そうとするも
エンストしてしまったブラウン家の車を
近所の人達がギアをセカンドに入れるんだ!とアドバイスしてみんなで協力して押してくれて
やっとエンジンがかかる所とか凄く感動しました。
最高に笑えて泣けてハッピーになれる、ご機嫌な映画で観に行って本当に良かった!!
前作より全てにおいてパワーアップしていて、とっても楽しめましたvv
セントポール大聖堂を初めとして、ロンドンの名所が次々出てくる豪華さも魅力でしたー♪
とにかく舞台のロンドンの街並みの美術がとっても素敵だったので
junさんと今度はこの景色のままクリスマス風景が観たいよねー!!と意気投合してました(笑)
パディントン3が有れば是非クリスマスストーリーでお願いします!(笑)

余談ですがブラウンさんの吹き替え、あまちゃんの古田新太だったのかー全く気付かなかった…
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1038]  [1037]  [1036]  [1035]  [1034]  [1033]  [1027]  [1032]  [1031]  [1030]  [1029
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1
4 5 6 7 8 9
10 13 15 16
17 18 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/20 小雨]
[06/20 昭]
[06/14 小雨]
[06/14 jun]
[06/12 小雨]
[06/12 葉月]
[06/12 小雨]
[06/11 葉月]
[06/05 小雨]
[06/05 葉月]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]