忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。
 75 |  74 |  73 |  72 |  71 |  70 |  69 |  68 |  67 |  64 |  63 |
Posted : 2010/07/10 19:27
今日は精神科へ。
このごろ続いている不安感とか孤独感とかについてお話ししたのですが、
いまいちよく分かってもらえなくてちょっといらっ。
私が言ってるのは人と会う事で解決するような実際的な孤独感の事じゃないんだけどなー
もっと精神的にひとりぼっちというか…
こんな事が伝わらないようじゃこの先不安だなー。

…っと、暗い話はこれ位にして、昨日ビデオ(だから今時…)に録った耳をすませばの感想。

いっつも途中から見てて、最初からちゃんと見たのって前回の放送以来だったんですが、
導入部、きらきらした夜景の中カントリーロードのオリジナル版なのかな?が流れて、
タイトルがいきなり出てくる所、何か新鮮でした。
ジブリ作品ってタイトル出るまでに何か色々演出的な事があるので…でもこういう直球も良いですね。
改めて見ると、キャラクターの会話から仕草から、家の中や街の描写まで
細部に至るまで凄いリアリティに溢れてるなーって感心しました。
アニメでこれだけリアリティに徹した作品って珍しいんじゃないだろうか。
家族構成とか家族の会話とか、まるでよそさまの家を覗いてるような臨場感。
それから、部屋の中で日が沈みゆく所とか、日が昇る所の光が段々弱まったり強くなってきたりする描写まで、凄く丁寧でアニメーターさんって凄いなーって感心しました。

そして、聖司君と雫の出会いのシーン。ヤな奴ヤな奴ヤな奴!って繰り返す雫が可愛い(笑)
第一印象最悪はお約束ですよねv
この二人の恋はもうほんと青春どまんなか!って感じで、見ていてにまにましっぱなしでした~
良いなぁ~私もこれ位の時にこんな恋してみたかったなぁ~。ふへへ。
図書館で借りた本にあった名前の人物が目の前に現れるとか。ねーよ!って思いつつも、それがあるのが少女漫画なのですよねvv(原作の柊あおいさんのは読んだことないですが;;)
今はみんなバーコードですが、それに移行する前はこんな素敵な恋物語が生まれていたのかも…と思うと、
デジタル化も良いことばかりじゃないかもなーなんて。

聖司君とおじいさん達がヴァイオリンとかチェロとか弾いて、雫が歌うシーン凄く好きです~
ていうか聖司君素敵!さらっとヴァイオリン弾けちゃう男の子とか憧れです~vvかっこよすぎ!
聖司君のおじいさんのウィンクも何度か出てきますがお茶目な仕草で良いなあvダンディな魅力にくらくらv

お話の中に色々象徴的な事を示唆するエピソードがたくさんありましたね。
おじいさんが眠ってしまって、恋人のルイーゼ=過去の人物が入ってくるシーンのあと、
はっと目覚めると雫=今を生きている少女が入ってくる所とか、
過去の中に生きていたおじいさんがこれからを生きることを決めたことの象徴なのかなーとか…
考え過ぎかな?

このおじいさんのキャラクターと、雫のお父さんのキャラクターは、
ジブリの考える理想の「理解者」の投影って感じがしましたー
特にお父さんは、こんな物わかり良いお父さんいないよ!って感じですが…
ジブリの考える、一種の偶像的な存在だなーと…
ジブリのお父さんでは、トトロのお父さんもそんな感じでしたし…。
ジブリって、お父さんに夢を持っているんだなぁって感じがしました。

ラスト、自転車に乗った聖司君を雫が「お荷物だけなんて嫌だよ!」と押す場面は、
二人の関係を表していて、ベタだけど良い場面だなーと思います。
ラストはまたにやにやものですね~雫、大好きだっ!(笑)

全体的に、思春期の少女の心の機微を丁寧に描いた、とても素敵な青春ラブストーリーの傑作だな~と思います。キャラクター一人一人に凄く親近感が沸いて愛着がもてて…
何気に杉村君が好きです~彼可哀想でしたが、最後ゆうこちゃんと一緒に学校行くらしきシーンがあって、
またにやにや。
…あ、雫の学校の制服のセーラー服も凄く可愛かったです~セーラーカラーの切り返しが特徴的でv
主題歌のカントリーロードも大好きです~良い曲ですよねvv訳詞も素敵です(元歌知らないけど)vv
人は一人一人きらきらした宝石の原石を持っていて、
それを切り出して磨いていくのが好きな道を生きるという事なのですね。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
こんばんは
うーん…精神科の先生にもよると思いますが、それぞれの病院(精神科の)によって違うのかもしれませんね。

私が去年精神病になった時しばらく家の近くの精神科に通ってたんですがデパス以外出してもらえず、根本的な解決になってないと思いつつ、仕方なく量を増やして飲んでる時期がありました。
家にいるのに知らない所にいるような孤独感を感じたりも…。分かってもらえないと余計辛いですよね。
…って勝手に色々書いてすみません;

柊あおいさんの本は「猫の恩返し」の原作になった「バロン」(だったかな?)だけ持ってます~。「耳をすませば」にも登場してた猫さんですね。
「カントリーロード」は確か小学校の時所属してたクラブで歌いました。なんか懐かしかったです(笑)
2010/07/10(Sat)22:40 編集
唯さんこんにちは~v
唯さんコメントどうもありがとうございます~。
今の先生にたどりつくまで色々な病院を回ったんですが、本当に病院によって様々ですよね。

唯さんにもお辛い時期が有ったんですね;;
薬だけ処方してもらっても、根本的な問題を解決してくれないと意味がありませんよね…
そのための病院なのに…
唯さんも孤独感感じていたのですか;;辛いですよね…;;

猫の恩返しも観ました~バロンはブックオフでも良く見かけますが、耳をすませばは古すぎるのか最近はなかなか見かけなくて;;
カントリーロード歌ったなんて素敵v
ではありがとうございました!
小雨 2010/07/11(Sun)14:34 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♪ Admin / Write / Res ♪
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 6 8 9 10
13 14 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[11/12 小雨]
[11/12 れおな]
[11/12 小雨]
[11/12 小雨]
[11/12 葉月]
[11/11 れおな]
[11/10 小雨]
[11/09 昭]
[11/07 小雨]
[11/05 小雨]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  雨の通り道  All Rights Reserved.
*Clip Art by 雪乃 / Icon by Pearl Box   *Material / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]