忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

昨日の篤姫は、最初の船旅のシーンなどで
篤姫と幾島との関係が少しづつ縮まっていく感じが出ていて良かったです~
篤姫、キャラクター一人一人が凄く丁寧に描写されているので、安心して観られます。
篤姫が富士山に向かって「これからよろしくお願いしますー!」というのが、
先週のさらば桜島の場面と好対照をなしていて、良かったです。

そして金曜ロードショーで今月はジブリ祭りですと!?良いですね~
耳をすませば大好きです~今度こそビデオ(今時…)に撮らねばっ
でも次週は友達と会うからリアルタイムでは観られないなあ;

そんな訳で昨日の「紅の豚」の感想ー。

 


紅の豚、実はジブリで2番目くらいに大好きなのです~v(一番は魔女宅)
この頃のジブリは分かりやすくて良いなあ~
何か、純粋に監督が作りたい物を自由に作ったって感じが溢れてて、観ていて凄く清々しい映画ですね。
全編に流れる男臭さが最高です!
冒頭の真っ赤な愛機に乗って大空を滑空するポルコのシーンから爽快感に溢れていて、ひきこまれました。
ポルコ素敵!かっこいいとはこういう事だ!豚の姿ももちろんかっこいいんですけど、人間姿もダンディで…vv
ジーナがまた凄く綺麗で良いのです~第一次大戦後のギャルソンヌルックと髪型が似合ってて…
女性でも恋してしまいますよ~美人だなー。
フィオもまた可愛くて魅力的!ああいうはきはきした性格のお嬢さんは大好きです!
ジーナとフィオとどっちか選べなんて言われたら…困っちゃうっ(いや、誰も言わないから)

ポルコが自分で自分に魔法をかけて豚になったというのは、作品上映前の解説?で初めて知りました~
そんな描写有ったっけ?
そう思うと、フィオが夜見たポルコの人間姿が意味深く思えてきますね。ポルコの心情の変化が、彼を一瞬だけ人間に戻したのかな…なんて…。
ポルコが語る大戦時の思い出話のシーンが、凄く切なかったです。大空に舞い上がっていく飛行機の群れと、一人取り残されるポルコ…彼が自分の心情を吐露するのはここだけなんですよね。
そう思うとやっぱりあの人間姿は象徴的…。

最後のカーチスとの対決シーンも大好きです~マシンガンが切れて、空中でスパナ等を投げ合う二人が好きです(笑)
ラスト、フィオのキスでポルコは人間に戻ったのか?明かされないままですが、私はあの終わり方凄く好きです。
ロマンアルバムで、宮崎監督がラストがすっきりしないという観客も多いのでは、という質問に、
「人間に戻ることがそこまで重要なことだとは思わない。美女と野獣の物語は描いてみたかったけど、野獣が人間に戻らないと愛せないのならそれは嘘になってしまう」(すいません;;うろ覚えの上かなり脚色入ってます;;)みたいな事をおっしゃってましたが、同感です。
ジーナさんのかけがどうなったかは、私達だけの秘密-
という最後のフィオのナレーションと、ジーナの家の美しい庭が想像をふくらませてくれます。
さくらんぼが実る頃と主題歌も良いなー。
とにかく好きな物を好きなだけ撮った!って感じが溢れてる、とっても爽やかな後味の映画です!

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[69]  [68]  [67]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 9 10 12
13 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]