忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。


はい誰得漫画の続きですー
時系列は夢をみるひとより後。
リリー・ヘザー王妃の誕生日を祝しての王立歌劇場でのオペラの公演で、
ユーディと二人の姫君もお妃候補として王妃とラズルと共にロイヤルシートで観劇です。
ちなみにブリュエンヌ姫の言うオペラの決まりは大嘘です。
実際はアリアの度に拍手とブラボーの嵐(公演にもよりますが)
にしてもブリュエンヌ姫えらい首回ってますがどんだけ強く殴られたんでしょうねー(棒)
あとオリアーヌ姫空気(笑)

これまたこれまではあまり描けなかったテーマの1つ、
自分に何の価値もないと思っているひとりぼっちの女の子が
自分を愛して必要としてくれる人に出会って、
家族が出来て幸せになる話が描きたかったんです。
でもこれだけ言われて別れ漫画で「ラズルは最初から私の事なんて見てなかったのに…」は
かなり無理があるというかユーディが嫌な女に見える気がする…;;
何か別れを決意させるのに値するよっぽど上手い理由を考えないとなあ…
ラズルもこんだけ言えば告白するまでも無いだろと思ってそう笑
ラズルは貧しいながらも両親に愛されて幸せに育ったユーディが
羨ましい気持ちもあるんだと思います。

もうほとんど読んで下さってる方もいないだろうと思うので好き勝手に語っちゃいますが、
ついったでこのお話は白鳥の湖×マイ・フェア・レディのイメージ~とか言ってましたが
どっちかと言えばマイ・フェア・レディよりプリティ・ウーマンのイメージかも。
学のない女の子が学ぶ楽しさを知り人間的に深く成長する、みたいな。
でもユーディは内面が成長すればするほど
ラズルが自分を選んだのは自分の意志じゃないとか、
王冠がなかったらラズルは自分を選んでくれたかとかぐじぐじ悩んじゃうんだと思います。
て訳でオペラの演目はプリティ・ウーマンに敬意を表して椿姫。
ユーディの世界は一応架空の世界と言うことになってますが、
イメージ的に実際の歴史で言えば18世紀末頃のイメージなので時代が合わないですが。
プリティ・ウーマンの観劇シーン
ヒロインがヴィオレッタに自分を重ねるところ凄く泣けて大好きー。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[696]  [695]  [694]  [693]  [692]  [691]  [690]  [689]  [688]  [687]  [686
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 9 10 12
13 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]