忍者ブログ

雨の通り道

5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10

母が沖縄へ行ってきたので、お土産にちんすこう頼んだのですが荷物として送ったので届くのは今日の夜らしいです。ちぇー。
代わりに岩塩チョコレートというのを持って帰ってきたので食べてみたのですが、しょっぱい…!
でもだんだん癖になるこのしょっぱさ。
続きから上野の東京文化会館で観たロミジュリの感想。

 

ロミジュリ、テレビで見たニーナ・アナニアシヴィリのロミジュリが凄く良かったので期待していたのですが、
うーん…ちょっといまいちでした;;
アナニアシヴィリのはラブロフスキー版で、今回はマクミラン版だったのですが、振り付けによって舞台の雰囲気ってこんなに大きく変わるんだな~って驚きでした。
マクミラン版、初見でしたが、何か群舞を見せたいのは分かるんだけど、そのせいで少し散漫な印象が拭えませんでした。
でも第一幕でのキャピュレット家の舞踏会のシーンの前にロミオとマキューシオ、ベンヴォーリオのパ・ド・トロワがあったり、舞踏会でロミオとジュリエットのデュエットがあったりと、
主役級の踊りの見せ場も増えてたので見応えはありました。
特に舞踏会のシーンでのロミオとジュリエットの出会いのパ・ド・ドゥは、ともすればジュリエットの恋に落ちる展開が急すぎると感じさせるところを、上手く恋の始まりのとまどいを表現していて、物語に説得力を与えていて、良かったです。

ジュリエット役のリャーン・ベンジャミン、前回の来日公演の時はシンデレラのタイトルロールを観たのですが、その時はいまいち地味で華がない…と思ってましたが、今回は良かったです。
結構お歳のいった方だと思うのですが、少女らしいあどけなく無邪気なジュリエットでした。
舞踏会でパリスと踊るシーンは、「私がこの方と結婚…?本当かしら…?」という、とまどいの台詞が聞こえてくるようでした。そしてロミオと出会い、恋を知るジュリエット。でも、もう少し恋をしてから大人の女性へと成熟していく姿を描いてほしかったかなーという気がしました。
ロミオのエドワード・ワトソンは、何か少年らしい溌剌とした若々しさが無くて、残念でした。バルコニーのシーンも、無難にこなしているという感じで恋の喜びが感じられなかった…
マクミラン版のバルコニーのシーンは音楽と舞踏が一体となって言語を物語る一番の見せ場だと思うのですが、少女らしいジュリエットとロミオがかみ合って無くて、いまいち感動が薄かったです。

第二幕は、ジュリエットの見せ場がなくてつまらなかった…
そしてラブロフスキー版ほどではないけどやっぱりマキューシオ死ぬまで長い(笑)
今回はお腹を刺されていたので即死でないのは良いとして、直前まで水飲んでたり手でロミオとティボルトを制していたりしていたのが、いきなりばたっと倒れて死ぬか!とつっこみたくなりました(笑)
マキューシオ、日本人の方が踊っていましたが、もっとお茶目な感じがあっても良いのになーマキューシオに見えなかった。ティボルトとの決闘シーンは剣をふりながらもおちゃらけて見せるところとか、茶目っ気が感じられて良かったですが。

第三幕、ジュリエットの寝室でのパ・ド・ドゥは良かったです~二人の離れたくない!って気持ちが伝わってくるようで…でもジュリエットの演技がやっぱり幼すぎる気がします。これはこれで一つのジュリエット像として有りなのかも知れませんが…
個人的には少女らしいのは大好きなので良いんですがね~役としてはどうかな…と…。
で、ジュリエットが冷たくなっているロミオを発見して絶望し切腹するシーン。ロミオを起こそうと必死で揺さぶり、頭を抱えて嘆き悲しむジュリエット、渾身の演技で涙ものでした。
自らの腹を刺し、這ってロミオのそばへ行く所とか、入魂の演技でしたね~。
でもキャピュレット家とモンタギュー家の和解シーンが無くて、え?ここで終わり?という、いまいちすっきりしない終わり方でした。
全体として、何か調和が取れてないというか…ジュリエット一人が入れ込んでる感じで、後のキャストはみんな型どおりの凡庸な感じだった気がします。
あ、乳母はジュリエットを大事に思っているのが伝わってきて良かったかな。
今日のキャストが駄目だったのか、個人的な好みの問題なのか、マクミラン版はバルコニーのシーン以外はあんまり好きじゃないな~と思いました;;ラブロフスキー版の方が、すんなりと物語の世界に入っていける感じがします~。

…にしても、4階だったけど舞台に近いサイド側の良席だったのに、裸眼だと何にも見えなくて大ショックでした。前だったらこの位の距離楽勝で見えたのにな~。
これから先一生裸眼でバレエ観れないんだなーと思うと悲しかったです;;
眼鏡越しだと感動が半減する気がするのですよー;;
大好きなくるみ割り人形ももう裸眼では観られないんだなぁ…はぁ…。(T_T)
 

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 12 13 14 15 16
17 18 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新トラックバック

プロフィール

HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。

バーコード

ブログ内検索

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 雨の通り道 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]