忍者ブログ

雨の通り道

5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

2018/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
まだ歴史に名が刻まれて日の浅い小さいが豊かな公国の

彼女は前大公のたった一人の公女

15歳にして彼女はまるで幼い女王

人々の賞賛も贅をこらした豪奢な宝石も大好きな煌(きら)の衣装も

望んで手に入らぬ物など何もない

ただ一つ

月光を紡いだかのような白銀の髪と貴い紫水晶(アメシスト)の瞳を持つ

麗しく賢明な兄大公その人の心をのぞいては

望むことすら許されない禁忌の想い

広く信仰される教会が決して犯してはならないと説く最大の罪

しかし少女は若さ故に一途だった

兄が他国から硝子細工で出来たようなどこもかしこも華奢に作られた美しい妃を迎えても

彼女の心は兄だけのものだった

ある日大公が手にまばゆい黄金で出来た小さな王冠を持ってこう言った

かつて大陸の覇者と謳われた

現在は歴史ばかりが財産の王国に嫁いでくれないかと

彼女は咲き初めの白百合にたとえられる楚々とした美貌に艶やかな笑みを浮かべて頷いた

やっと愛する人の役に立つことが出来るのだと思いながら

こうして小さな花嫁は海を渡り

小さく豊かな公国の公女から大国とは名ばかりの王国の王妃になった


(つづきに長文説明あり)
と言うわけで、リリー・ヘザー王妃の話でした。
親友れおなちゃんが自ブログで書いている短編シリーズが凄く好きで、
あんな風に自由に物語を綴れたら素敵だなと思ってたので
失礼ながらちょっと雰囲気を似せさせていただきながら書いてみました。
3つの王冠って世代が代わる度にわざわざ新しく黄金で王冠作って渡してるの?
渡された方に拒否権はあるの?
選ばれなかった女性からは王冠返してもらうの?
とかいう設定のゆるふわさも寓話的に書けば気にならないかなと思って(苦笑)
リリー・ヘザー編本当に書きたい…けど漫画はハードル高いし
そこまで設定詰められないし…と思って
この位の長さなら文章で書けるかなと。
文才は全く無いですが、こういうタイプの文章書くのも楽しかったです~
10代後半の頃に恋川ひなさんという方の「恋乙女」という少女主義サイトに足繁く通ってて、
その方が美麗な自作イラストに耽美な文章を添えて載せていらっしゃったのが凄く好きで、
その方の書かれていた文章も少し参考にしています。

リリー・ヘザー王妃の兄大公はアレクシスという名前で、
兄嫁はシャルレーヌ妃と言います。少女リリー・ヘザーは兄嫁の事も大好きです。
ちなみにシャルレーヌ妃はその儚げな見た目通り病弱で
ブリュエンヌ姫とオリアーヌ姫を産んだ後若くしてみまかってしまい、
愛妻家だったアレクシスは2人の娘を溺愛したためにああいう性格に育ってしまったのでした。
ロレンツォの所に嫁ぐまでにまた一波乱あるわけですが、
それは今後漫画でもこういう文章でも前みたいに設定覚え書きみたいなのでも
何らかの形でいつか書きたいです。
まだまだ設定も物語も詰められてないので時間かかりそうですが。
何不自由なく育った15歳のお姫様が愛する兄のため政略結婚で嫁いで、
その先で真実の愛に目覚める(本人は認めたがらないけど)ってロマンだと思うの…
昔から政略結婚とか歴史に翻弄される姫とか大好きなお姫様・お妃さまオタクでした。

リリー・ヘザー王妃の祖国バーレイ公国とルクランディア王国の設定も
そんなに細かく決めてないのですが一応書いておくと
バーレイはここ数十年位の間に他国の支配から独立した新興国で、
絹織物の産地でそれを主な輸出品としてるので小さいながらとても財政豊か。
特に宮廷文化が花開き社交が盛んで、良き貴公子・良き淑女である事が何より求められます。
ルクランディアはかつては大陸のほとんどを手中に収めていた大国でしたが、
時代が下るにつれどんどん領土を失っていき、
現在では歴史ばかりが古いだけの2流国という設定です。
…そんな国がいちいち黄金で王冠作って結婚交渉して嫁が来てくれるのかとか
自分で書いてて色々ツッコミたいですがorz
何だかんだでこういう自分の物語世界に遊んでるときは楽しくて幸せです。
どのカテゴリーに入れるべきか悩みましたが便宜上小説に入れておきます;;
まさかまたこのカテゴリーを使う日が来るとは思わなかった…
PR

広がる深まる物語!

お邪魔します昭です♪

「ユーディと秘密の花冠」の物語がまた広まりましたネー!
新情報もアリガタヤ~♪

リリー・ヘザー王妃の兄への想いが熱い!
彼女の想いが伝わる文章素晴らしいですわ~!!

兄大公はアレクシスさんの溺愛過ぎて、
ブリュエンヌ姫とオリアーヌ姫が
ああいう性格になってしまったのも分かる気がします。
溺愛過ぎるのは良くない!うんむ

バーレイ公国とルクランディア王国の設定お披露目有り難う~
こういう設定があると更に物語が深まりますよネ!

短文にするのか小説にするのか、漫画で表現するのかは
自由ですから小雨さんの表現したい媒体で
色々語ってくださいネ~(*´∀`*)
by 昭 2018/06/25(Mon)10:58:02 編集

妄想は尽きない!

昭さんいらっしゃいませー♪

こんな駄文にコメント下さりありがとうございます><
いつもコメントを強要してるようで本当に申し訳ないのですが、コメント頂けるの本当に有り難いです~;;

リリー・ヘザー王妃も小さい頃に両親を亡くして兄に育てられたような物ですからね~
愛情も深いのでしょう。そこ伝わって嬉しい!

アレクシス大公は普段は賢明な君主なのですがナルシストなので
自分に良く似た二人の娘が可愛くてしょうがなくて溺愛・結果性格破綻した2人の姫の出来上がり☆
溺愛いくないですなw

バーレイとルクランディアの設定まで読んで下さりありがとう;;
頭悪いので細かい政治形態とかは考えられないけど、
ぼんやりとでも設定作っておくとそこからまたキャラや物語が膨らんだりして楽しいです~

またユーディの話ちょびっと考えたので次回スカイプする時にでも右から左へ聞き流して頂けると嬉しいですw
漫画でも小説風でも設定覚書でも何らかの形で今後も話膨らませられたら良いなーと思っております♪
コメントありがとうございました!
by 小雨 2018/06/25(Mon)17:21:28 編集

すごい!

今日さらっと説明してくれたけど、
すごい面白いね。設定も凝ってるし、
小雨っちの良さがふんだんに活かされてる印象。
もっと色々読んでみたいな。
時系列は気にしないでいいから、世界観を固める意味でも色々書きためていったらいいと思いますぞ。
by れおな 2018/07/12(Thu)20:51:30 編集

あざーっす;;

れおなちゃんこっちにもコメントありがとー;;
ユーディの話考えてる時は凄く楽しくて幸せだからそう言ってもらえて本当ありがたいよ><
もっと色々読んでみたいとか何よりの褒め言葉サンクスー!!
これからも思いついた順に何らかの形でUPしていけると良いな♪
by 小雨 2018/07/13(Fri)06:05:17 編集
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
3 5 6 7
10 11 12 14 15
17 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。

バーコード

ブログ内検索

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 雨の通り道 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]