忍者ブログ

雨の通り道

5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

お嬢様のお気に入りがお気に入り


昨日は母が短歌の先生からチケットもらったので
半蔵門の国立劇場に「遊女夕霧」と「寺田家お登勢」観に行ってました~
バレエやミュージカルは観てますが純粋なお芝居は久々だったので楽しみにしてたのですが、
寝不足だし館内寒いし疲れてるしでテンション上がらなくて、
1幕物の遊女夕霧観た後は帰ろうかとも思ったのですが
続いての演目寺田屋お登勢が結構面白かったので最後まで観て良かったです~

遊女夕霧は吉原の花魁が詐欺をはたらいた馴染みの客のために
巻き上げたお金を借財として証文を書いてもらうことで救おうとする物語。
夕霧役の女優さんはパンフの写真では綺麗なんだけど実物はちょっとおばさんぽく見えて、
演技もそういう役柄なのでしょうが世話焼きおばさんみたいな感じでした。
確かに椿姫みたいな美しい花魁キャラでやられてもつまんない話だろうなーとは思うのですが、
ちょっと内容が薄くてだから何?みたいな話でした…
人情物という分類みたいですが、まあその辺は伝わってきたから良いのかな。

寺田屋お登勢は伏見の船宿寺田屋の女将・お登勢の視点から
坂本龍馬の生き様を描くお話で、時代設定は遊女夕霧より前の幕末なのに、
夕霧よりずっと現代劇っぽかったです。
セットも大がかりで素敵だし花道を使った演出も国立劇場ならではな感じで面白かったです~
坂本龍馬役は中村獅童だったのですが、
声もよく通るし演技も飄々とした龍馬役を演じきってててやっぱり一番上手かったです!
龍馬の姉・乙女の口を借りて間接的にお登勢の心理を語らせる所とかも上手いなと。
龍馬がお竜と結婚して意気消沈するお登勢の心を代弁するかのように
「私達は女っぽさも女臭さも男好きのする愛らしさも持てない」
と語る所とか。花道からセリで乙女が出てくる演出も良かったです。
ラストシーンは龍馬がまるで航海する船に乗っているように見えて、
お登勢の「あんさんはやっぱり龍でした」という台詞が感動的でしたー
あと龍馬が初登場するシーンで花道を生きてるわんこを抱いて現れたのですが
わんこおとなしくてされるがままになっててめちゃくちゃ可愛かったですーvv
猫派だけどあんなわんこならだっこしたい!
ただ全体的に役者の声が小さくて、私は前から8列目の良席だったからまだ良かったけど
後ろの席の人はほとんど声聞こえなかったんじゃ無いかなーと思いましたが。


波津彬子先生の連載作品の一つ「お嬢様のお気に入り」、
掲載される雑誌のflowersが年3回しか出ないと言うことで、
普段コミックス派だけどなかなか出そうにないしカラー扉も見たかったので
波津さんのためだけに買ってきましたー
もちろん他の作家さんのお話も読むけど、波津さんのお嬢様だけで既に大満足…
カラー扉は期待してた感じとはちょっと違ったし
事前にキャロラインの顔部分だけflowers公式サイトでネタバレされてたので
(公式で見た時は扉絵の一部だとは思わなかった)ちょっとがっかりしたけど、
充分美麗だしキャロラインの着ているドレスがとっても可愛かったので良かったですvv
襟部分とオーバースカート?の裾の金の花模様とか腰のラインの入ったリボンとか
ひねりもありつつ落ち着いたデザインのブルーのドレスとっても素敵~vv
お話もいつもの波津さんらしいノリで始まって
ストロベリー・ヒル・ハウスに行けることになったキャロラインの猫被りっぷりとか
大失態をしてお父様に泣いて取りすがるところとか
クレーヴ先生に抱きつく所とかキャロラインがとっても可愛かったし
ロバートの語る怪談も前回ほどではないけど充分満足しましたー
前回名前だけ出てきたクレーヴ先生の意外な一面?も
最後のキャロラインとのやりとりも可愛かったです♪
45ページと読み応えも抜群で最高です!
ああ~ふるぎぬや紋様帳も大好きだけど久々の波津さんの19世紀英国物も好きすぎる…
しかもキャロラインは私の大好きな少女!
うるわしの英国シリーズの時よりも
少女用ドレスの描写とか力が入ってて可愛くて見るの楽しいです~
モノクロ扉の時はさすがに買わないけど今後もカラー扉の時は本誌買っちゃうかも…
早く連載溜まってコミックス出ないかな~
表紙やカラー口絵の描き下ろしキャロラインを想像しただけでよだれが出ます。
本当たった一人の作家さんのためだけに掲載誌買うのなんて波津さんと
ちゃおDXで真代家こんぷれっくす!連載してる久世先生だけですよ…
I Love 波津彬子先生ー!vv
PR