忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。
昨日21日は兄の就職祝いに
後楽園にある椿山荘というレストランで懐石料理のフルコースを頂いてきましたー
私も母も洋食が良かったので
兄が和食と希望していたのを母がこっそり洋食しか予約取れなかったと言って
洋食のコースにするつもりでしたが、予約時のミスで結局和食になりました…
が、お料理どれも素材の味が良く出ていて美味しかったです~!
順番にご紹介。

まずはスパークリングワイン(シャンパン?)で乾杯~
お酒飲めないけどシャンパンは好きです♪美味しい~♪
 
カニ豆腐。生姜が効き過ぎてたけど、カニの風味が活きてて美味しかったです。

写真が暗くなっちゃったけどオードブル。実際の色はもっと綺麗なんですよ~
みたらし団子の下にあるたこが美味しかったですー

ハマグリのお吸い物。絶妙な塩加減で美味しかった~vv

まぐろその他(忘れた)のお刺身。良い食材を使ってるのが良く分かって美味しかった~
当たり前ですが近所のマルエツのお刺身とは全然違う!

やまいもとたけのこと鯛の子の煮物。鯛の子が食感とか独特で美味しかったです♪

もうそろそろお腹に溜まる物と量が食べたい…
と思ってた所にメインの牛ステーキが運ばれてきて舌鼓を打ってました。
ステーキも柔らかくて肉汁がジューシーで美味しかったけど
その下に敷いてあるポテトのペーストが甘くて美味でした。

更に大好きな天ぷらが運ばれてきて歓喜♪
海老とキスとふきのとうとレンコンの天ぷら。
香ばしくて美味しかったけど、塩入抹茶よりは普通のおつゆで食べたかったかも。

箸休めの?豆乳蒸し。

〆はじゃこご飯とおみそ汁とおつけ物で。
じゃこご飯は美味しかったけどみそ汁はちょっと味が濃すぎて辛い;;
どっちもカロリーを考えて残しちゃったー

デザートの盛り合わせ。バニラアイスとろーりミルキーで美味しかったですー
マカロンもさくさくで食感が楽しかったし、
その下のブラウニーもちょっと玄米みたいな味がして美味しかったです。
もっとチョコレートの味が濃厚な方が好みだけど。

全体的に素材の良さが良く分かるお料理ばかりで、
味付けも(みそ汁以外は)凄く上品でどれもとっても美味しかったです~vv
予約してると窓際の席が確約という事で、
25階から見た後楽園の夜景も綺麗で贅沢な一時が過ごせて良かったです♪
兄が4月から教える大学は教師を目指す生徒が行く所なので
マナーが凄く厳しいらしく、教師はスーツに白いシャツが決まりだそうで
「今まで着てたシャツがほとんど着られない…」と兄がぼやいてました。
他にも色々決まりがあるので社会人のマナー講座の本を読んで勉強するらしいです。
母は久々に兄に会うと言うことでとろけそうな顔とハイテンションで、
やっぱり女親にとって息子って特別なんだなーと他人事のように見てました。
何はともあれどん底極貧生活にならずに良かったー


21日の深夜にBSプレミアムでやっていた英国ロイヤルバレエ・ガラと
マリインスキー・バレエのアンナ・カレーニナ観てました~
どっちもそれなりに面白かったです。
ロイヤルバレエ・ガラは
ヤーナ・サレンコとスティーブン・マックレーのチャイコフスキー・パ・ド・ドゥ、
ネットでは評判悪かったけど普通に良かったと思ったけどなー
サレンコは柔らかく女性らしい印象で
この演目にはもう少しおきゃんな雰囲気があってもいいかも、と思いましたが
回転技とか鮮やかで良かったですー
マックレーも背は高くないけど風の様なテクニック素晴らしかったです。

牧神の午後はジェローム・ロビンス版だとは思わなかったので不意を突かれたけど、
ワディム・ムンタギロフ
この前の新国立劇場との白鳥では演技のセンス無いなーと思ってましたが
牧神の少年役は個性に合ってて良かったです。
サラ・ラムは少女と言うにはあまりにもハリウッド女優のようなゴージャスな雰囲気があって
あまり役にあって無いと思いましたが…

ヴィサラ?はダンサーのラインの美しさを観てるだけで飽きませんでした。
誰が誰なのか区別付かなかったけど。危機感みたいな物がテーマなのかな?と思いましたー

アコスタ版カルメンは色々欲張って要素詰め込みすぎで、
特に中盤の唐突な南米ダンス&音楽にはポカーンとなりましたが、
前のアコスタ版ドンキよりは面白かったです。
アコスタ版のカルメンはオペラと違って
悩み苦しむ一人の女性として描かれてるのが面白いなあと。
特にエスカミーリョに心変わりしたカルメンとドン・ホセの感傷的なデュエットでの
思わずホセの頬を打ってしまって後悔を滲ませる部分とか、
マリアネラ・ヌネェスの演技が良かったです。
ラスト、マシュー・ゴールディング演じる運命に連れ去られるカルメンが好きです。
カルメンの出来はともかく、
アコスタの17年のダンサー人生の引退スピーチが感動的で良かったです。
「失敗なんて無いのです。学び続ければいいのですから。
好奇心を持って人生を楽しんで下さい。でないと17年なんてあっという間ですよ」
というアコスタの言葉と、ヌネェスがカーテンコールでもらったお花をアコスタに渡す所の
友情と言うより同志愛とでも言うような物が感じられる一幕が素敵でした。

アンナ・カレーニナはロパートキナの映画を観てきたばかりなので
彼女の役作りや演技がどんな物か興味があったのですが、
別段心に響く物が無かったなー…
ラストシーンの全てを吹っ切って決意を固めたアンナが十字を切る所は
鬼気迫った物を感じさせて良かったですが。
衣装が思ってたより綺麗で良かったですーキティ役のダンサーも初々しくて可愛い。
ヴィクトール・バラノフがまだマリインスキーにいたことも驚きでしたが、
さすがにベテランらしい存在感で良かったですー
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[846]  [845]  [834]  [843]  [842]  [841]  [840]  [839]  [838]  [837]  [836
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 7 8 9
11 12 14 16 17
18 19 21 23 24
25 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]