忍者ブログ

雨の通り道

5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

2018/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11

りぼんの付録本を見返してたら久々に原点のこんな絵が描きたくて描いた秋服粉雪。
やっぱりりぼんの付録にありそうなミニキャラ&アナログ塗りが一番描いてて楽しいです~
CGも楽しいけど、上手く描けた時の最後の一色を置いた後の満足感はアナログならではだなと。
茶色の髪に茶系のリボン&服って埋もれるかもと思ったけど思ったより可愛くなって良かった。


相変わらず少女小説を読み漁っております。
伯妖は16巻目「誓いのキスを夜明けまでに」と
以前買った17巻目「紳士淑女のための愛好者読本」に収録されてる短編
「ふたりはまだ奇跡を知らない」ネタバレ防止に読まないでいたのを
やっと巻数追いついたので読めましたー

誓いのキスを夜明けまでには前巻でリディアが依存体質みたいになってたけど
大分さっぱりしてたので良かったです。
でも「予言者」の次は「島のあるじ」とか、説明されてもよく分からない存在が次々と出てきて
ストーリーにおいてけぼりを食らってる気になるのはうんざり…
フィル・チリースの刃を受けたリディアが
傷を癒すのに3年の療養が必要→でも聖水を飲めば直る!
という展開に何だかなあと思ってしまいました…「聖水」の実態は考えられてて良かったですが。
次はいよいよエドガーとリディアの結婚式!?という所なので楽しみです。初夜もはよ!!(笑)


1巻が始まる直前のお話「ふたりはまだ奇跡を知らない」は
エドガーの少年時代がちらりと出てきたり、
リディアと出会う前のまだ本気の恋を知らないエドガーと運命の人の声を聞くリディアの姿に、
1巻目から今までの展開が思い返されて月並みだけど胸が熱くなりましたー


それからツイッターの方では書きましたが、コバルト文庫をほぼ買い尽くしてしまったので
次はルルル文庫あたりを開拓するかと思って、とりあえずブックオフで108円の棚で
大好きな椎名咲月さんイラストのルルル文庫を3冊絵買いしてきましたー選び放題ひゃっほー!v
その内の2冊が偶然にも前回書いた「押しかけ絵術師と公爵家の謎」の斉藤百伽さんのご本でした。
「銀竜姫とかしこい良縁のススメ」「銀竜姫とかわいい恋人のススメ」の2冊。
シリーズ物で最初に2冊目の恋人のススメの方を買ってしまったのですが、
次に行ったブックオフで無事1冊目良縁のススメも買えて良かった♪

銀竜姫とかしこい良縁のススメは、ヴォムルス帝国の皇太子カリアスの皇太子妃選考会で
妃になれない理由のあるフラーウェン公国の公女レアティーナがカリアスとある協定を結び…
というお話。コバルト程の話の広がりはない物の、手堅く無難にまとめてて
しっかり陰謀といったお約束も入ってるし、ラブ要素も相変わらず可愛くて好きです~
この設定でお姫様達の友情物語に持って行くあたり私には無い発想で敗北感。
レア、マウリカ、グレーテ、ジークリンデの4姫達がお茶会できゃっきゃする所可愛かったです♪
もう少しヴォムルス帝国の威容とかこの国の妃になるメリットとか舞踏会とか笑、
華やかさが欲しかったし、レアの銀竜の力も最終版までほとんど触れられないしでしたが
それでも欠点という程にはならず、銀竜の守護の力が発動する所やその前のレアの
カリアスに惹かれている自分をなかなか認めないじれったさも可愛くてニヨニヨしましたvv
レアがカリアスに大好物のはちみつを贈られて喜ぶ所も挿絵含めとっても可愛かったです~
オチが絵術師と同じ感じなのはどうよと思いましたが、
皇后様のキャラも良くて姫君達の別れの台詞とかもそれぞれキャラ出てて良かったです。


続編、かわいい恋人のススメは、レアとカリアスの恋が糖度倍々増しで美味しかったですvv
レアの兄公子4人のキャラも良かったし笑えたのに、
序盤しか活躍しなかったのは肩すかしでしたが…全篇兄公子達に邪魔されまくると思ってた。
でも恋多き乙女アデルの話からすっと陰謀話に繋げる手腕は力を感じました~
素直じゃないアデルお嬢様の恋路も可愛いvv
そして巫女になるべく育てられたので恋愛事に疎いレアと忍耐の人カリアスの
きゅんきゅんするやりとりがとっても甘くて良かったです~vv
カリアスのそばにいるだけで落ち着かなかったりもっと顔を見たいと思ったり、
初心なレアの恋心が丁寧に書かれててとっても可愛かった。
銀竜姫の力も落とし所も上手く書いてて、
構成にぎこちなさは有る物の前作より更にパワーアップしてて面白かったですー!
ただカリアスの母后の皇后様の挿絵にはがっかり…この方お妃萌えは無い方なんだな(笑)
ラストの一文も余韻があって良かったですが、
レアの母の公妃をちらりとでも出しておけばもう少し素敵な幕引きになったのになと。
でも斉藤さんデビュー作から変わらず素直でそれでいて意外な展開も上手くて、好きです~♪
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 4
7 8 9 11 12
15 16 17 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新トラックバック

プロフィール

HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。

バーコード

ブログ内検索

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 雨の通り道 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]