忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
9 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R

しょうもない内輪4コマですみません。
ラズルはいくつまで白タイツ履いてるんだろうという考えから思いついたネタです。
ユーディ村娘衣装だし時系列が謎ですが…
マジレスすると20歳で即位して王様衣装にチェンジするとタイツは卒業してブーツになります。
しょうもないので漫画カテゴリには入れません。


ひっさびさにシリーズ物のコバルト文庫にハマっております。
松田志乃ぶさんの「嘘つきは姫君のはじまり」シリーズ。
同じ松田さんの「悪魔のような花婿」シリーズは大好きだったので気になってはいたのですが、
確か図書館で検索してみてシリーズ全作入ってなかったので読んでなかったんですよね…
シリーズ途中で切られると続きが気になってしょうがないし
続きはブックオフで買うにしてもそうそう都合良く欲しい巻があるか分からないし。
でも某所でコバルト文庫でミステリが本格的なのってどれ?と聞いてみてお勧めされたのと
もう一度図書館で検索してみたら
いつの間にか全巻入ってたのでめでたく読んでみる事にしましたー
最近はもっぱら一巻完結でコンパクトにまとまってるのばかり読んでたので
全13冊のシリーズはなかなかしんどいと思ってましたが、
松田さんの力量でぐいぐい読ませるので苦もなく楽しんでおりますー
シリーズ物はキャラに愛着沸いてくるのが良いところですねー。

とりあえず現在までで「秘密の乳姉妹」「見習い姫の災難」「恋する後宮」
「姫盗賊と黄金の七人 前編・後編」「ふたりの東宮妃」まで読み終わりましたー
三角関係モノと聞いてたので悪婿の最初から正ヒーローといちゃらぶに慣れてた身からすると
振られる真幸に肩入れしちゃうと辛いなーと思いながら一巻読み始めて、
案の定正ヒーローの東宮・次郎君より真幸の方が不憫でならなかったのですが、
3巻の「恋する後宮」で次郎君の宮子への「君が好きだ」という情熱的な告白シーンに
真面目で頼りになる好青年の真幸も良いけど
穏やかなようでいて情熱的な次郎君も良いな~と思い始めたのでした。
まあ一番好きなのは蛍の宮ですけどね。
端正な容姿に似合わずぶっきらぼうで素直じゃないけど
実は優しくて不器用とかかっこ可愛い…!!vv
正直くっつく事が分かってる主役カップルの行方より蛍の宮のお相手の方が気になります。
松田さんさすがの筆力と采配で
2巻の「見習い姫の災難」で複雑な事情からぎくしゃくしてた次郎君と蛍の宮が和解する所、
蛍の宮の「君には借りがあるくらいでちょうど良いんだ。僕は君ほど素直じゃないからな」
って台詞とか良くあるツンデレでも無くかと言って優し過ぎもしない
絶妙なデレ加減だったのが凄く好きでしたー
蛍の宮の乱暴な性格だけど一人称僕で二人称が君の所とか育ちの良い皇子らしくて萌えますvv

1巻「秘密の乳姉妹」読んだ時点では悪婿ほどキャラ付け脂乗ってないなーとがっかりしたけど
巻が進むにつれて魅力的で個性的なキャラが次々に登場して
松田さんの面目躍如という感じでしたー推しがどんどん変わるから困る…!
鳩子さまの可愛い・綺麗な女の子大好きな所も好きです。
鳩子様のキャラはちょっと波津彬子先生の描かれるおしゃまな少女と通じるキャラで可愛い。
馨子さまのキャラも
1巻の父親候補が3人いる赤ちゃんを妊娠中という設定を知らずに読んで
平安時代の話にこういう事言うのも何ですがドン引きしてたのですが、
読み進めるうちに気にならなくなりましたー
乳母に預けたちい姫の事ほとんど思い出してないのはどうかと思うけど。
竜胆の花のような美しさに似合わず口八丁手八丁でしたたかな所が素敵です。

ミステリー部分も今まで読んだコバルトの中でもトップクラスの綿密さで、
1巻は馨子さまが何となく謎を解いちゃって何だかなあと思ってたけど
2巻、3巻、4巻、5巻と読み進めていく内に宮子も謎解きを頑張る様になっていったり、
構成も上手くてさすがでしたー
ただ姫盗賊と黄金の七人前後編は事件の顛末が尻切れトンボだったのが残念だったかも。
竜田と九頭王の関係も気になるし竜田が愛姫を冷たい目で見下ろしてたのは結局何だったの?

ともかく悪婿にハマってた頃のような胸が焦がれるような恋着はないけど、
普通に続きが気になるし最後まで読むのが楽しみです。
蛍の宮にお相手は出来るのかとか真幸は宮子を送り出して有子姫とくっつくのかとか。
真幸が振られるところを想像すると胸が痛みますが、
次郎君の一途で激しい恋心も可愛くて宮子に子猫の君と呼びかける優しさには胸キュンします。
悪婿は何度も言うように最初から正ヒーローのウイリアムと糖度MAXでお色気な所も多いけど
嘘姫は三角関係という事もありその辺潔癖な感じでそれもまた良いかなと。
悪婿の西洋舞台で華やかなドレスとか宮殿の退廃的な感じも魅力的だったけど、
平安舞台も良いですね!!平安時代の雅な美しい貴婦人達がたくさん出てくる所も好きですー
焼きもち焼きの中宮様も鷹揚な薔子さまも好きだー
第3巻「恋する後宮」で雷鳴壷の更衣をかばうために
普段は仲の悪いお妃達が結託してたのも感動的で良かったです。

そして「姫盗賊と黄金の七人 後編」での次郎君の女装シーンに挿絵がなかった事が残念でしたが
イラストの四位広猫さんが是非とも描きたかったと言ってたとおり
次巻の「ふたりの東宮妃」の巻末でめでたくお披露目となって嬉しかったですーvv
挿絵の指定無かったけど描きたい!
と身もだえていたシーンがあるという四位さんのコメントを見て
絶対次郎君の女装シーンだろうなと思ってましたがビンゴで嬉しかったー
女装次郎君恥ずかしそうな表情が可愛い~vv美少女vv
松田さんにもここ挿絵欲しかったとたくさんお手紙が来たそうで、
四位さんの今私達の心は1つ!という言葉に深く頷きました(笑)

ああー次の予約分が来るのが待ち遠しい!!あと7冊、引き続き楽しんで読みたいと思いますvv
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
全身タイツ説!?
お邪魔します昭です♪

ふぉーーーうおーーーごわぁーー!!!!!!!
『ユーディと秘密の花冠』新作!四コマだぁーーーーっ(*≧∀≦*)ノ

ラズル王子の手袋の秘密が解き明かされる~~!?

マジメな王子がサラッと冗談言うと信じちゃったじゃん!
マジで全身タイツなんだって思って衝撃来たですぞ!!
最後のコマで「冗談」って言葉なかったら一生信じてたかもしれないっ(笑)

ほのぼのギャグも良いですのぅ(*´v`*)
また閃いたらUPお願いします!!
2017/07/27(Thu)09:49:12 編集
3年目の真実
小雨
昭さんいらっしゃいませー!

ユーディ4コマに反応ありがとうございます><
自己満ネタですみません!

ラズルの手袋と白タイツの謎を描きたかったのですw

笑顔でさらりと嘘をつくラズルが気に入ってますw
マジで全身タイツだと信じて頂けて嬉しいですww
一生信じてくれてても良いのですよ…

ほのぼのギャグなんですかねこれ?ww
ありがとうございますーまた何か思いついたら描きなぐります><
2017/07/27(Thu)11:59:04 編集
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[980] [979] [978] [977] [976] [975] [974] [973] [972] [971] [970]

Copyright c 雨の通り道。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]