忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
9 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R

絵は少女リリー・ヘザー…のはずだったんですが、服は19世紀後半お嬢さま風。
父が買ってくれたアンジェラ・ゲオルギュー主演のミラノ・スカラ座の椿姫のDVDを観て
黒髪でこういう髪型(ピンクのリボン)してるの良いな~と思ったのですが
こういう髪型に似合うドレスが思いつかなくて、かつ
波津彬子さんの「お嬢様のお気に入り」のキャロラインっぽい女の子も描きたかったので
最終的に誰だかはっきりしない絵になりました…


去る9月21日は親友GAGAちゃんと一緒に作業所のお知り合いの娘さん、Kちゃんの出る劇を観に
Kちゃんの通う自由が丘の高校の文化祭に行ってきました~
高校の文化祭とか懐かしすぎてみんなぴちぴち過ぎて色々眩しかったです…
Kちゃんの出演した演劇部の劇は里見八犬伝の八犬士が揃うまでを描いた物。
ストーリーも台詞も良く分からなかったり聞き取れないところはありましたが、
女子校なので女子が男性役を演じるのにみんな違和感なくて良かったです~
所々に挟まれた小ネタが楽しくてツボでした♪
旦閑野(あさけの)と名乗り女装してる犬坂毛野が
懐から鏡を取り出して「やべ アイプチ取れてる」とか(笑)
「剣の指導をしてやろう」と舞台端に寄った2人が
アイドルみたいな振り付けで踊り始めて「もっと飛んで!!」とか(笑)
個人的には浜路役の女の子が台詞回しとか声とか可憐で可愛くて萌え萌えでしたv
色々拙い所はあってこういうの観るとプロの舞台って凄いなー…と改めて思ったけど、
最後揃った八犬士がそれぞれの字が入った玉を持って舞台に並んで、
玉が光る所は何だかんだ言って良かったです~かっこよかった!

その後美術部や文芸部等文化祭を冷やかしてから電車でセンター南に行き、
1時間カラオケした後サイゼリヤでランチしつつ、
今回の主目的であるGAGAちゃんと葉月ちゃんと私の3人で作る予定の本に載せる
青薔薇姫のリメイク版?の最初の打ち合わせをしました~
葉月ちゃんは残念ならが来られませんでしたが、
3人で本を作る計画をGAGAちゃんから聞いて、面白そうだな~と思って。
私の夢は誰か素敵な絵師さんが挿絵をつけてくれた青薔薇姫の絵本を
自分の娘に読み聞かせてあげる事だったのですが、
GAGAちゃんが絵を描いてくれるというので1も2もなく参加することにしました。
しかしGAGAちゃんが思った以上にガチでやる気満々だったので気圧される場面も…
とりあえず第1回の打ち合わせの今回は青薔薇姫の衣装のリメイク案と、
私が持って行った青薔薇姫の絵本を見ながら
おおざっぱにこのシーンのカメラワークはこう変えようか、とか言ったことを話し合いました。
GAGAちゃんはさすが美大出だけあって構図やカメラワークなどにこだわるので、
いつも真っ正面から見た全身絵しか描かない私には未知の領域で、
なかなかピンと来ないところもありましたが
でもそういう事相談し合うのはまるで映画を作っているスタッフにでもなった気分で
とっても楽しかったです~。
特に青薔薇姫の衣装考える時は
「アップになった時映えるように首周りに装飾を持ってこよう」とか、
本当に映画の衣装デザイナーになった気分で凄く楽しかったです。
途中脱線してオリキャラ談義になったりして、
「人に自分のキャラに萌えてるんだなーとバレてるの凄く恥ずかしいけど、
それでも自キャラ萌えしちゃうよね!!あるある!!」
とお互い確認しあえて良かったです(笑)


映画と言えば、昨日「ボリショイ・バビロン 華麗なるバレエの舞台裏」観てきました。
「エトワール」みたいな普通のドキュメンタリー映画だと思ってたら、
2年前起きたボリショイ・バレエの芸術監督セルゲイ・フィーリンが
何物かに顔に硫酸をかけられた事件を軸に、
ボリショイの内部分裂をあぶり出した映画で、
その事件の事全く知らなかったのもあってやや面食らいましたが、
ボリショイのダンサー達の美しい舞台映像も豊富で飽きずに観られました。
結局真相は闇の中でしたが、あんなに美しくロマンチックな舞台の裏側で
あんなにどろどろした世界が渦巻いていたなんて…と若干ショックを受けてました。
ロシアという国の政情とかも色々複雑に絡み合ってるんだろうなあと。
もうバレエ雑誌のダンサー達のインタビューを純粋な目で読めなくなりそうです…


葵木あんねさんのルルル文庫「黒椿姫の優美なる謀略」読みました。
華やかな宮廷物かと思いきや
神聖ローマ帝国を思わせる西の帝国と東方の異教徒の帝国との闘いを縦糸に
王侯貴族同士の謀略策略奸計の数々を描いたお話で、
戦争や抗争の描写が多くて少しダレる所はありましたが、
ヒロインとヒーローが政敵を陥れてのし上がることを躊躇しない策略家というか、
有り体に言えば悪女悪漢だったのが少女小説の主役として斬新で結構面白かったです(笑)
ヒロインの黒椿姫と謳われる美姫ルシェリーゼが意外と奥手だったり、
敵に掴まり捕虜となった父王を救い出すため
ロディオンを誘惑しようと自らの純潔を捧げる覚悟でストッキングを脱いでいくところとか
悪女なんだけど世慣れしていない感じが可愛かったです。
ロディオンに私を好きだというなら信じて欲しいと宣言し、
思いが通じ合って結ばれるシーンも
翌朝恥じらうルシェリーゼが悪女なのに初々しい感じが良かったです~
結局悪女の顔は表向きだけで根は純情な女の子なのね~って感じで。
最後2人の間に生まれた皇子にロディオンが嫉妬する所も可愛かった。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
犬坂毛野胤智が1番好きなんだけどなあ・・・
葉月
あんまりアレンジしすぎると原作ファンのうちの兄貴が怒るよ(房総八犬伝ツアーに行こうと思っているくらいなのだ!)
Kちゃん高校生か。懐かしい。早いねー
2015/10/03(Sat)19:55:27 編集
毛野役の子可愛かったよ
小雨
八犬伝読んだこと無いんだけどWiki読んだらすげー長いんだね。お兄さん好きなんだー

Kちゃんぴちぴちの女子高生だよー
よそのこの成長は本当早いよね。
2015/10/03(Sat)20:46:46 編集
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[807] [806] [805] [804] [803] [801] [800] [799] [798] [797] [796]

Copyright c 雨の通り道。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]