忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。
 823 |  811 |  822 |  821 |  820 |  819 |  818 |  817 |  816 |  815 |  814 |
Posted : 2015/12/15 20:35

今日は朝から母と江ノ島水族館に行ってきました。
母が地元の広報誌の懸賞でチケット当てたので~
水族館面白かったです~でも体力無いので行き帰りの電車と水族館内散策、
それに昼ご飯食べに江ノ島へ歩いただけで疲れた~。
水族館では海月の宇宙(くらげのそら)という
色んなクラゲがいる水槽がある場所でのプロジェクションマッピングを使ったショーと
イルカスタジアムでのイルカ&アザラシショーを見ました。
クラゲファンタジーホールのクラゲたちに癒されました…
クラゲの頼りなげにふわふわ漂うゆったりした姿を見てると何とも言えず心が落ち着きます。
クラゲの写真集とか出てるのが分かる…
アザラシとイルカのショーはトリーター
(江ノ島水族館ではスタッフをトレーナーではなくトリーターと呼ぶそうです)
のお兄さんお姉さん達とイルカやアザラシ達の絆が伝わってくるような感じが
他の水族館のショーとはひと味違った感じで楽しかったですー
イルカに押し上げられて大ジャンプするお兄さんが凄かった!
最初の方の相模湾ゾーンだけですが写真。エイが人懐こくて可愛かったです。


この相模湾ゾーンでも「うおココロ」というイベント?がやっていて、
トリーターのお姉さんが水槽の中に入って
仲良しのエイや魚たちとふれ合う様子を見せてくれました~
ちゃんと一匹一匹名前が付いてて区別できるというのも凄い!


ゆうゆうと泳ぐお姉さんが足につけてる尾ひれみたいなののせいで
まるで本物の人魚姫みたいに見えてとっても感動しました。

良い具合にお昼になったので水族館をいったん出て江ノ島まで歩き、
名物のしらす丼を食べようと思ったのですが、
事前にネットで調べてた目当てのお店がめちゃ混みでいっぱい並んでたので、
仕方なく他のお店で江ノ丼というのを食べました。
アワビとたまねぎとみつばを玉子で閉じた物。
ちょっと量少なかったけど卵とじの上に乗った海苔の匂いが食欲をそそって、
味も出汁が利いてて美味しかったです。
これだけでは足りなかったので同じ通りにある屋台で草あん団子を一本買って食べましたー
もちもちでで上に乗ってるつぶあんも甘さ控えめで美味しかったです。
しかしせっかく滅多にない外食だからもっと豪勢な物食べたかった…
ちょっと疲れたけど久々の水族館楽しかったです!
海の近くだけど天気も良くて暖かくて潮風が寒くなかったのも良かった。


以下まただらだらと少女小説その他の感想です。
また明日以降別の記事に書いた方が良いのは分かってるんですが、
一緒に載せる画像がないので…良いんですけどね別に画像なしでも。
例によってブックオフで角川ホラー文庫のホーンテッド・キャンパスシリーズ、
いっぱい108円になってたので嬉しくて5冊位買ってきましたー
しかし最近小説と言えば少女小説しか読んでなかったので、
現代日本が舞台できらきらした挿絵も胸キュンの政略結婚もない小説の世界観に
読みながらなかなか入り込めなくて苦労しました…
前は文芸小説しか読んでなかったのになあ…思わぬ弊害でしたわ。
まあホーンテッド・キャンパスも表紙はイラストだしほとんどラノベに近いんですけどね。
今までに読んだシリーズ第1弾と第2弾「幽霊達とチョコレート」第5弾「恋する終末論者」が
どれもそこそこ面白かったので、
108円コーナーで並んでるの見た時はおっしゃー!!と思ったのですが…
第3弾「桜の宵の満開の下」と第4弾「死者の花嫁」が
上記の理由で入り込めなかったというだけでなく内容的にちょっといまいちで。
前にも書きましたが最初に持ち込まれる怪異の話は怖いのに、
オチでその怪異に説明が付いてしまうのがパターン化してて、
まあ青春オカルトミステリと紹介されてるようにそれはそれで良いんですが、
それにしても「水辺の恋人たち」とか「さいなむ記憶」あたりオチがオチてないもやもや感が…
一応主人公の森司と美少女こよみとの胸キュン展開もあるんですが
その辺は少女小説で肥えた目にはさすがに物足りなくて…ていうかそれ目当てに読んでないし。
まあ「泣きぼくろのひと」とか「うつろな訪問者」あたりはぞくぞく出来たので良かったですが。
あと買って読んでないシリーズが3冊あるんですが、
また間に少女小説を挟んで読んでるので次読むのを再開したときも
ホラー読むのに頭の切り替えがついていかなそうだなあ。


と言うわけで少女小説です。
ホーンテッド・キャンパスの前に葵木あんねさんのルルル文庫
「鳥籠の寵姫ー虜の皇子は恋をしないー」読んでました~
今まで少女小説でもアラビアン物は避けてたんですが、
葵木さん好きなのと最近中東の風俗も良いなーと思ってたので買ってみました。
ヒロインのレヴィーリーンが「月の睡蓮」という名前通りの天女(フーリ)のような美少女なのに
出世欲が強くてがさつであざとい所が好感持てました(笑)
冒頭で主人の6の寵姫トゥネハをさしおいて自分が目立とうと舞を舞うところも
出世欲でがつがつしてるのを皇帝に見透かされちゃってる所も可愛いです(笑)
相変わらず装飾の多いきらびやかな文章でアラビアンの世界観や衣装の描写も素敵。
この作家さんにしては珍しく糖度低めで、ヒーローが奥手だったので
ラストは結婚止まりで本編中キスしかなかったのがやや肩すかしでしたが(笑)
最初はコバルトで初夜描写があることにすら驚いてたのに、
最近は結婚して初夜の描写がないと物足りなく思うようになってしまったあたり
相当毒されてきたなーと思います(笑)葵木さんは特に初夜フェチを自称する方だし。
ラブイベントももう少しあっても良かったかなーと思いましたが、
陰謀も策略もない比較的平和なお話だったのでまったり読めました。
セムとバヤムのレヴィーリーンに対する毒舌にも笑いましたー
あとはシャルハードの囚われの身の自分への心理描写とか
兄の皇帝に対する気持ちとかをもっと深く掘り下げてれば
もっと深みのある作品になったんじゃないかなと思いますが。

日高砂羽さんの天命の王妃全巻8巻セット、結局amazonで買っちゃいました…
読むのは良いとしてマジでどこに収納するんだよ…
今でさえ本棚からとっくにあふれ出して
ベッド周りにも隙間無く本が積み重なってるというのに…
もう半端な巻数までしか図書館に仕入れられてないシリーズ物の本を
気楽に読んじゃうのはやめよう…続きが気になりすぎる…
とにもかくにも第4巻「占者は北風に惑う」と第5巻「占者は愛を誓う」の途中まで読みましたが、
無憂がかっこよくて辛い…最初は長髪ヒーローかー…と敬遠してたのですが
起家一子さんの挿絵の無憂が本当かっこよすぎて…
穏やかで優しげな感じがとっても好みです。あれ私前はぶっきらぼうタイプが好みだったのに。
そして押せ押せな所が最高です!!
「贅沢な身の上」の陛下もかっこよくて好きでしたが、
何分ギャグタッチだったのでどきどき感はあまり無かったので
今回は無憂が明霞に迫る度に良いぞもっとやれ!!と拳を握って読んでます(笑)
明霞の頬に頬をくっつけたり、涙を唇でぬぐってあまつさえ首筋にキスしたり、
床で寝る明霞を姫抱きしてベッドに運んだり
もうこの2人がというか主に無憂がいちゃつく度に心の中できゃあきゃあ叫びたくなります。
明霞がいつも押され気味なので彼女の方からアクションを起こして欲しくもあるのですが。
ストーリーの事を全く書いてませんが、事件がちゅうぶらりんな感じで終わっちゃうのは
シリーズ物なので有る程度しょうがないかなと思ってます。
ただ前にも書きましたがこの小説キャラ描写はそんなに濃くないのに
凄惨なシーンが入ってくるのがちょっとなあ…
ホラーも読むし別に苦手じゃないのですが、何かそぐわない感じがするというか。
ともかく主役カップル萌えのみで読んでます。5巻のカラー口絵も美しかった~vv
シリーズ物で主役2人は既に婚約までしてるという事で、
最終巻までに初夜シーンがあることに期待です!!(笑)
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
えのすいどうだった??
あそこはクラゲと深海魚に力を入れてて、深海魚好きの私は行くだけで楽しいね。全館撮影OKだし。
しらす丼食べられなかったか・・残念!おいしいよ。体力つけて、今度はデートしましょう、姫様
葉月 2015/12/17(Thu)22:12 編集
良かったよー^^
確かにクラゲゾーンと深海魚ゾーンは充実してたね~場所も良かったしショーも独特なのがいっぱいあって楽しかったよ♪
しらす丼母は食べたんだけど量が足りないってぼやいてて一緒に団子食べたよ。
喜んでお受けしますわ、王子様vv
小雨 2015/12/17(Thu)22:54 編集
補足
確かに、しらす丼はちょっと少ない。
葉月 2015/12/19(Sat)21:22 編集
無題
だよねえ。ヘルシーそうだけど。
私は天丼やカツ丼の方が良いかな(笑)
小雨 2015/12/20(Sun)04:42 編集
♪ Admin / Write / Res ♪
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[12/08 小雨]
[12/05 昭]
[11/30 小雨]
[11/30 れおな]
[11/30 小雨]
[11/30 葉月]
[11/12 小雨]
[11/12 れおな]
[11/12 小雨]
[11/12 小雨]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  雨の通り道  All Rights Reserved.
*Clip Art by 雪乃 / Icon by Pearl Box   *Material / Template by tsukika
忍者ブログ [PR]