忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

また色気のない写真ですみません…今日はまたもや上野に母と出かけてきました。
ちょっと用事があったのと、ルーブル美術館展行くために。
その前に北京料理のお店で食べたのが上の五目そば。
インスタントと大差ない味でしたがまあまあ普通に美味しかったです。

で、ルーブル美術館展観に都美に行きましたが、真夏の恩賜公園は
緑がきらきらしてて蝉の声が降るようで歩くのがとっても気持ちよかったですー
夏って大好きー!木々が活き活きしてるのを見ると自分も元気がわいてくる気がします。
ルーブル美術館展良かったです!時間無くてさっさと観て出てきちゃいましたが、
結構空いてて見やすかったし、中近東風のツボとか蓋に絵が描かれた宝石箱みたいなのとか、
凄く綺麗で良かったです!白亜のギリシャ彫刻とかも静謐な美しさがあって良かった。

その後また文化会館の音楽資料室で新国立バレエのくるみ割り人形観てきました。
舞台を現代の東京にした意味はあんまり感じられなかったけど
全体的には良かったです。
クララ役の伊東真央さんはちょっとオーバーアクション気味な所もありましたが、
子供らしく可愛らしい感じで良かった。
王子役の山口さん(下の名前忘れた)も日本人には珍しいくらいの美男子だし、
踊りもノーブルでテクニックもあって申し分なし。
金平糖の精の小野絢子さんは、丁寧なんだけどもう少したおやかさというか、
色気があると良かったかなー。
でもコーダの二人の動きがシンクロする所とか高揚感があって良かったですー
衣装も第1幕の貴婦人達の20世紀初頭のアールデコ風のドレスとか素敵でした。
花のワルツの白いロマンチックチュチュをベースに
スカートに繊細な刺繍が施された衣装もとっても綺麗で可愛かったー!
でもクララ役と金平糖の精役を別々の人が演じる版は
子供がクララなら可愛くて良いんだけど大人だと第二幕でクララが空気になるので
あんまり好きじゃないな…なんだかんだ言ってもワイノーネン版が一番好きです。
メイキング映像も興味深かったですーダンサーの舞台裏って凄く面白い!
普段のレッスン場での通し稽古とか、
装置も何もない状態で実際にそこにあるかのように演技しなければいけなかったり、
想像力が必要とされるお仕事だなーと思いました。
こどものためのバレエ劇場の白雪姫のハイライト映像も
思ったよりずっと面白そうで全幕観たくなりました。

今日は文化会館でキエフバレエのガラ公演があったので、
帰るときにちょうど終演時間と重なって
バレエ観に来たおめかしした女の子達がたくさん見られたのも嬉しかったv
フォーマルなお洋服着た女の子は可愛いですよねえvv
今日は本当は最後の最後にとある失敗をしてしまって
せっかくの楽しい気分が台無し…だったんですが、その事も後から何とかなるようになって
幸せな夏の一日になりましたvv

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[614]  [613]  [612]  [611]  [610]  [609]  [608]  [607]  [606]  [605]  [604
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
5
10 11 12 13 14 15
16 17 20
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]