忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

この一週間くらい一日1時間しか眠れなくて困ってます…
何日かは後から眠くなって寝た日もあったけど、
それ以外の日は夜中12時過ぎに布団に入っても
2時には目が覚めてそのままネット突入のパターン。
普段はどうでも良いけど明日は2年ぶりに生くるみ割り人形を鑑賞しに行くので
せっかくの舞台を睡魔に邪魔されないよう今日だけは死にものぐるいで寝なきゃ…;;


そんな訳で今日も夜中の2時起きで4時過ぎに二度寝したけど6時前には目が覚めたので
実質2時間半睡眠の中横浜そごうでやってるLaLa40周年記念原画展に行ってきましたー
いやー良かったです!!
一人の作家さんだけの原画展も良いけど、ここまで色んな作家さんの原画が集まってると
オムニバス感覚で楽しめて良いですね~
何より描くのも見るのも大好きな少女漫画テイストたっぷりの絵柄や作品を
これでもかと言うほど鑑賞できてとっても楽しかった~vv
…でも平日の朝10時半と言うこともありめちゃくちゃ閑散としてました…
まばらにいるお客さんの年齢層も高めだったかな。
LaLa読んだこと1回もないけど、ファンタジー物も有りの少女漫画誌という事で、
コバルト文庫大好きな私にはハマりそうで読んでみたくなりましたー

中はPretty、School、IKEMEN、Fantasy、Loveの5つのテーマに別れてて、
もっとモノクロ原画とかも展示されてるのかと思ったら
一部の作家さんの物を除いてほぼカラー原画ばかりでしたー
私はカラーの方が好きだし見たかったので全然OKでしたが。
一昨年行った私のマーガレット展が
結構がっつりマーガレットの歴史、ひいては一つの少女漫画史を伝える大がかりな展示で
楽しかったし興味深かったけど見るの疲れたので今回も身構えてたのですが、
LaLa展は純粋にテーマ別にカラー原画を淡々と展示していくだけで
悪く言うと企画性とかテーマ性はあまりなくて
原画展のコンセプトとしては弱いかなという感じでしたが、
余計なキャプションとかも無くて
逆に単純に各作家さんの個性や味が発揮されたカラーイラストの数々を
集中して楽しめたので肩が凝らなくて良かったです!
見ながら改めて少女漫画のカラーインクで描かれたイラスト大好きだなーと実感しました。
少女漫画ならではの表現方法とかも大好き。
私が青春を過ごした90年代の漫画作品のカラーイラスト見るのが
ああー私の少女時代と共にあったこの絵柄…;;と特に感慨深くて泣けてきました。
最後に当時の付録とかも展示してあって、キャラの絵が描かれたレターセットとか
そういう紙の付録大好きだった私にはたまらなくて、
見ながら胸が苦しくなるほどの郷愁を感じてしまいました。
1回全体をざっと見てから出口に行くまでにもう一度引き返して
お気に入りのイラストをじっくり見返してから出てきましたー

物販ではいつもはポスカ数枚で我慢するのですが、
公式図録のビジュアルブック買っちゃったよ…
1pに縮小されてイラストが載ってるのは絵によっては潰れてたりしてちょっと残念だけど、
時代別・作家さん別にまとめてあるのも有り難いし
ここまで私好みの少女漫画絵だけのオムニバスというかコンピレーションというか、
とにかく色んな作家さんの少女漫画全開イラストを一同に拝める本というのがたまりません。
ちゃんと全展示作品網羅してるしこれで2160円はお買い得!
特になかじ有紀さんの京*かのこという作品の赤い振り袖着てる女の子のイラストと
安孫子三和さんのみかん絵日記の扉の
リースとみかんのイラストがめちゃくちゃ気に入ってます。
大島弓子さんの猫耳エプロンドレスの少女もとってもラブリー!
この2つは物販でアクリルキーホルダーになっててめちゃくちゃ欲しかったんですが
1個900円もするので諦めました…
個人的にひかわきょうこさんのイラストも
私がイメージする少女漫画の絵そのものでこれまた郷愁にとらわれる様で大好きです。
やっぱり私の絵の原点ってこのあたりなんだよなあ。
わかつきめぐみさんの絵のあっさりした感じも好き。
懐かしいは決して悪い事じゃないんだよなーというのを実感できました。
もちろん近年の若手作家さんの今風の少女漫画絵も可愛かったですが!
原画は小さめだった山岸凉子さんの花の精たちのイラストが大きく載ってるのも嬉しい。
改めて少女漫画絵の良さに触れられた原画展、行って良かったですー!



森薫先生の乙嫁語り9巻、正式な発売日は今日みたいですが
昨日近所の有隣堂に行ったら売ってたので買ってきましたー
パリヤさん編嫌いじゃないけど進みが遅いしブックオフに並ぶの待とうかなーと思ったけど
定価で買って森先生に還元出来てほんま良かった…!!
冒頭のいきものがたりだけでおつりが来ましたー歴代乙嫁総出演とか豪華すぎる…!!vv
よかれと思ってやってることがことごとく裏目に出ちゃうパリヤさんに笑いました。
私もシーリーンににゃーん?とか言われて恥ずかしがられてめろめろになりたい。
森先生は本編のパリヤさん編にしても絶対猫好きだよなと確信しましたが、
それ以上に馬や羊の方が好きそうなのがまた何とも…(笑)
と言うわけで本編も楽しかったですー久々に漫画を読んで胸キュンしました…
パリヤさんとウマル君のカップル初々しくて可愛すぎる…!!vv
不器用ながらも必死で自分の気持ちを伝えようと頑張るパリヤさんが可愛すぎて応援したい。
ウマル君のちょっとした一言に一喜一憂したり、恋って良いわねーと思いました。
キスシーン良いなあ~ウマル君男を見せたね!
あの地方であの時代に未婚の男女がキスってもの凄いことですよね…
しっかり責任取ってもらうといいよ!
カルルクとアミルも相変わらずの可愛さでによによしちゃいます。
全体的に優しくて暖かい物語でやっぱり森先生の漫画は良いなあと思わせられました。
波津先生も大好きだけど森先生もまた違ったベクトルで好きです~。
でも次巻はまたアゼルサイドの話になるそうで…殺伐とした乙嫁は正直ちょっとなあ~…
アゼルイケメンだしジョルクやバイマトも嫌いじゃないんですが、
乙嫁はまったり日常のほのぼのしたお話がやっぱり読みたいです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[914]  [899]  [913]  [912]  [911]  [910]  [909]  [908]  [907]  [906]  [905
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 10 11 12 13
17 18 19 20
21 22 23 24 25 26
28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]