忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

今日は親友GAGAちゃんと美女と野獣観に近所の109シネマズに行ってきましたー
初日だから混むかと思ったけど、お昼からの回でしたが4割くらいしか入ってませんでした。
しかも年齢層高め。お母さんと娘とかが多いと思ってたのに意外。
あのおじいさんおばあさん達アニメの方も観たのかな…
まあ平日の昼間に映画観に行く層はそんなものなのかも知れませんが。

美女と野獣、全体的にはまあまあ良かったです~
衣装のみならず歌まで同じと聞いて
アニメと全く同じイメージにするなら実写化の意味あるのか?と思ったけど、
実際観てみたらアニメのイメージを踏襲しつつも
実写ならではのスケール感とかアレンジもあって、
特に最初の変わり者ベルの歌のシーンで映るフランスの田舎の村の映像は
アニメのイメージよりディティールが凝ってて、
実写だからこそのダイナミックさが感じられて好きですー
導入部のディズニーのロゴのシンデレラ城からそのまま本編の映像に入る演出も
マレフィセントとかでもやってたけどやっぱりわくわくしましたー
ナレーションが王子が魔法使いに呪われる原因を語るところはアニメと同じだけど、
18世紀のロココ調の衣装を着た王子が化粧をするシーンとか、
美しいものだけを集めて夜会を開いてる所とかは
かなりアレンジしてあって期待が膨らみました~
夜会に集う美しい貴婦人達の
デザインは違うけど純白で統一されたローブ・ア・ラ・フランセーズ姿
とっても美しくて素敵だったーもっとよく観たかったです。
マダム・ド・ガルドローブの着ていた水色と金の豪奢なドレスも素敵だったなー
マエストロ・カデンツァの奏でるハープシコードの典雅な音色も
ロココ期の優美な空気感を感じさせてうっとりしました。
でもアレンジ度はそれが最大で
その後はラストに向かうにつれてほぼアニメ通りになっていって、
映像的にもアレンジ的にも尻つぼみ感ありました…

アニメとどういう風にアレンジしてあるのかというのを多くの人は観に行くのだと思うし、
私もそうでしたが、アレンジしてあるところはどこも半端な感じだったかな…
ベルと母親の下りとか
野獣が早くに母親を亡くし無慈悲な父親に育てられたせいでわがままな王子になったとか、
登場人物を掘り下げようとしているのは感じられたけど、
そのどれもが中途半端に終わってる感じでいまいちでした。
ベルの父親のモーリスがアニメみたいなコミカルキャラでなく
深い思索を抱えた役所になってたのは良かったと思いましたが。
ガストンに娘をくれれば放してやると言われても「お断りだ!」と
頑として拒否する所も良かったです。
そして何よりベルと野獣が惹かれ合う様になる過程を
一番力入れてやるのだろうとばかり思ってたのに、
そこがほぼアニメと同じで印象的なエピソードも特になかったのが
コバルト文庫中毒で恋愛描写に重きを置く私には物足りなかったです…
前述のベルと野獣が早くに母を亡くしてる所が共通してる所とか、
魔女の魔法の本でベルが赤子の頃のパリに行って
真実を知ったベルが野獣のいたわりを感じる辺りが
キャッチコピーの「ベルが野獣を愛した理由」なのでしょうが…
ベルが何気なく口にしたシェイクスピアの一節を野獣が引き取って
「シェイクスピアを読むの?」とベルが驚いたり、
野獣に図書室をプレゼントされて全ての本を読んだのかと尋ねて
「ギリシャ語は読めない」と返されて「冗談を言うのね」とベルが野獣に親しみを覚える所とか
さりげないディティールは良いなあと思いましたが。
ダンスシーンの後「笑うだろうか こんな化け物が君の愛を得たいと思ってると言ったら?」
という野獣も彼の傷つきやすい繊細さと
ベルに拒絶されないかといういじらしい感情が感じられてきゅんとなりました。
ベルのキャラクターがアニメより一層意志の強い感じになってたのは現代的だなーと。
モーリスを牢から救い出すために一計を案じて自分が身代わりになったり、
ラストで野獣を襲うガストンから武器を奪ったり。
でもアニメよりベルの野獣への愛情があまり感じられなかったのがちょっとなあ…
何だかさばさばしすぎてるというかドライというか…
もっと恋するベルの心の動きを描いて欲しかったかも。


ルミエール、コグスワース、ポット夫人、チップ達の特殊メイクも不気味でちょっと…
アニメより彼等の影とかドラマが薄い感じだったかも。
あとガストン、おじさん過ぎる気が…ベルと結婚とか図々しいわと思ってしまいました(笑)
ガストンが戦争に行っていた事が言及されていたり、
アニメよりフランスやパリといった舞台をはっきりさせてる所は
物語により具体性とリアルさを与えていましたが、それが良いかというとうーん。
ル・フゥがただのガストンの腰巾着で終わらずいい人になってたのは良かったです。

ミュージカルシーンは美女と野獣劇団四季の舞台も観に行きましたが、
それともまた違って映画だからこそ出来る特殊効果や演出が観られたのは良かったですー
ビー・アワ・ゲストのシーンとか華やかで楽しかったです。
新曲も何曲か追加されてて、しかもかなり現代風のお洒落なナンバーになってて良かったです。
特にベルを城から解放した野獣がいつかベルが帰ってくるだろうかと歌うナンバーは
今風のいかにもな流麗でかっこいいミュージカルナンバーで、野獣の見せ場になってましたー
あれは役者&歌手冥利に尽きるシーンかも。
一番のハイライトであろうダンスシーンはカメラワークもいまいちだったし
ベルがあんまり身のこなしとか優雅に見えなくて
エマ・ワトソンあまりダンス上手くないのかなと思いましたが…
例の黄色のドレスもシフォン製みたいな薄物の素材感が好みじゃないのはおいておくとしても、
何かデザインが安っぽくてもっと重厚なドレスが好みな私にはあんまり…でした。
あ、ドレスといえば序盤でマダム・ド・ガルドローブに装飾過剰なドレスを着せられて
腕を抜いてドレスのスカート部分からはい出すベルのシーンはめちゃくちゃ笑いました(笑)

愛してるわ…のシーンでアニメではいつも泣くのですが、
その後のシーンもアニメの方がずっと感動的だったなー
ただアニメみたいにすぐ使用人達が人間に戻るのでなく、
一度全てがただの「物」になってしまう演出は無常感を感じさせて良かったです。
その後からの流れで人間に戻っていく姿がより印象的になってて。
人間の姿に戻った使用人達はアニメより好きだったなー特にポット夫人が優しそうで。
そして人間の王子の姿に戻った野獣がアニメよりイケメンで素敵でしたー
ラストに着てる水色のアビ・ア・ラ・フランセーズっぽい衣装も爽やかで似合ってて良かったー
親バカですがラズルに着せたいと思ってしまいました。
髪を結ぶリボンも水色なのが素敵。
ベルのラストシーンの刺繍使いのドレスは…見ようによっては個性的で可愛いんだけど
これまた素材感が安っぽくてなあ…何度も言うようにもっと重厚なドレスが好みですわ…
導入部の貴婦人達のドレスはあんなに素敵なのに衣装デザイナーはベルに恨みでもあるのか。
わざと軽やかな印象にしてるのは分かるんですがヒロインのドレスが一番微妙ってどうなの。

まとまりなく雑感を書いてしまいましたが、
全体的には歌は言うまでもなく名曲揃いだし、映像もさすがディズニーという感じで
魔法にかけられたお城のスケール感や人々の活気づく村など美しいし、
シンデレラと同じで現代的にアレンジしようとして中途半端になってる感は否めませんでしたが
アニメ史上に残る傑作を実写化という事で
あの名シーンが実写で生まれ変わるというのを観に行くだけでも
ファンには価値のある映画だと思います。
エマ・ワトソン最初はベルのイメージじゃないと思ってたけど
慣れたらどんどんハマり役に見えてきましたー美しいブルネットの髪が特に素敵。
アニメ版が好きな女の子なら大抵は楽しめるロマンチックな作品になってると思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[951]  [950]  [949]  [948]  [947]  [946]  [945]  [944]  [943]  [942]  [941
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 7 8 9
11 12 14 16 17
18 19 21 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]