忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

まず始めに日曜の江の感想。
あれから3年って…江達姫の成長具合もの凄いな!(笑)
いやーやっぱりNHK大河ドラマは作りが凄くしっかりしててさすがですねー
キャラクター描写もしっかりしてるし、
何より脚本が凄く良く出来てて、ついつい引き込まれます。

台詞とかも毎回3,4個は凄く良い台詞があるんですよね。
今回は茶々の「戦の死に名誉も何もありません!」とか、
戦争の愚かさを感じさせられました。
お市の方の「おなごの戦は生きること。今日この日々を生き抜く事にございます」
も良かったですー現在の感覚では考えられませんが、
この時代女子供が生きていくのは本当に大変だったのですよね…
兄信長の性格を分かり切っているお市が、
信長に対して毅然とした態度で臨むのが凛々しかったです。
初のキャラも良いなあ…
「私と姉上の縮んだ寿命そなたの命から返せ!」が良かったです~
どんな優しい言葉よりも江の事を大切に思っているんだなって言うのが伝わってきて…

それにしても、人って髪型とかメイクでほんと印象が変わりますねー
あのメイクだと上野樹里さんが一番美人に見える…
私もちょっとは身だしなみに気を使おうと反省しました…(^_^;)
でも戦国時代の帯の位置が低い着物はあんまり好みじゃないなー
これから茶々、初、江は敵同士になっちゃうんですよね?
戦国時代の歴史全く知らないんで分かりませんが、切ないなぁ…
あ、森坊丸役の方がイケメンでしたv力丸の方が兄に見えるけど…
麗しい…って口開けて見とれてる初が良かったです(笑)

さて、本題。
絵は姫ちゃんよりエリカ、大地、姫ちゃん,ポコ太。
大地似ねぇ…!男の子のポーズの引き出しの無さを何とかしようと思います。
あと服の引き出しの少なさも。
80年~90年代少女漫画の雰囲気を出せるように頑張ってみました。
私の絵も大概古いので苦労しませんでしたが。
頑張って描いたのでイラストに入れておきますー。
続きから姫ちゃんのリボン感想。




姫ちゃんのリボン全6巻読了しましたー。
面白かったです!毎回毎回の引きが凄く上手くて、どきどきさせられっぱなしでしたー
何か、変身物なのに変身しても必ずしも利点ばかりじゃないって所が新しいなーと思いました。
特に、1巻の大地に変身したまま戻れなくなった姫ちゃんがやっと元の姿に戻れて、
「こらからはあたし自身をもっと大事にしてあげるの…」っていう所とか、
安易な変身スーパー少女漫画じゃない所が凄く良いなあ…て思います。
誰かに変身できても、一番大事なのは飾り気のない自分自身…って言うところが
それまでの(今も)変身物にはない良さがありますね。

それから、全体を通して姫ちゃんの心の動きが凄くリアルに表現されているなーって思います。
何か騒動を引き起こして大地に謝るところとか、
予想外の反応を見せたりして…何か、凄く意外性のある反応をしたり、
姫ちゃんの生きた人間としての一筋縄じゃ行かない複雑な感情の機微が
凄く良く描かれていて…
大地も、こんな生きて揺れ動く感情を持った
一人の女の子としての姫ちゃんを好きになったんだな…って感じがして、良かったです。
本当に、生きて呼吸をしている人間がそこにいるんだな…って感じが凄くしました。

他のキャラクターも一人一人本当に活き活きとしてそれぞれに魅力的で…
日比野さんとか良い奴過ぎるだろ!vv
魔法界の事ちゃんと秘密にしといてくれる所とか最高です!
単なる憎まれ役のライバルキャラじゃない所が新鮮でしたv

そして大地!もういい男過ぎだろー!
姫ちゃんに「あたしをぶって!」って言われて、殴ると見せかけて
廃屋の合い鍵渡すところとかもう最高でしたvv
「俺は女に手を上げる趣味はないの!」とかいい男すぎだー!
あと姫ちゃんが日比野さんの姿のまま戻れなくなった時に、
有坂君に他に元に戻る方法はないと言われて、
「おれが見つけてやる!何もしないであきらめるなんて嫌だ!」
って言う所もきゃーっvvでしたvv
大地かっこいいよーvv
飄々としてて、優しかったりおどけてみたり、
今ひとつ何を考えてるか分からない所もあるけど、
姫ちゃんのピンチには必ず助けてくれる頼もしさが良いですね。
非真面目な態度に反して意外と成績良いという所もツボv
結構新しいタイプの型にはまらないヒーローだよなあ…
でもいい男!かっこいい!と思うんだけど、ラブでは無いんですよねー
何でかなーやっぱり少し変則的なヒーローだからかな?
もう少女漫画のヒーローに恋する歳じゃ無くなったって事ですかね…
小学生の時読んでたら確実に惚れてたなーとは思うんですが…。

エリカもめちゃくちゃ可愛いーvv元気いっぱいな姫ちゃんも可愛いけど、
こういう女の子らしい女の子も大好きなのですvv
エリカ、姫ちゃんで一番好きかも…
いっつも「姫子ーっ!」ってはらはらしてる所とか、
もういやーっ!ってちょっぴり泣き虫なところとかもうすっごく可愛いーvv
ふわふわウェーブヘア可愛いなあ…v

印象に残ってるエピソードはたくさん有りますが、
やっぱり日比野さんの姿のまま元に戻れなくなっちゃう所が好きです。
エリカが私が姫子になる!って、
長い髪をばっさり切っちゃう所凄くかっこよかった!vvエリカ素敵…!
抜き打ちテストで困ってるエリカに、
大地が仮病使ってこっそり答えを書いた紙渡すところとか大地イケメン過ぎだろv
飄々としたやんちゃ少年な大地とお姫様育ちのおっとりエリカ、
接点は少なかったけど見てて美味しいコンビだなーと思いましたvv

エリカを落ちてくる岩からかばって姫ちゃんが死んじゃう所、
凄くはらはらでしたーでも姫ちゃんが元の姿に戻れて良かったvv
私がりぼん買い始めた頃にはもう姫ちゃん終わってたのですが、
この回は過去のりぼんのバックナンバーが捨ててあるのを持って帰った時(こらこら)
載ってた回なので、凄く印象に残ってます。
鏡は!?って探す姫ちゃんに、「これが鏡よ」っていうエリカのシーン、凄い好きですv

魔法の国関連のエピソードはどれも凄く美味しい設定で好きですvv
魔法の国良いなあ…カミルに迫られてどっきんとしちゃう姫ちゃん可愛かったですーv
有坂君がエリカにダンス申し込む所も良かったです!
プレイボーイに見えて根は一途な有坂君良い!エリカと幸せになって欲しいですvv

ゴリ先生の家が火事になって、姫ちゃんを助けに来た大地が
初めて姫ちゃんを「姫子!」って呼ぶ所はニヨニヨものでした~
クリスマスに姫ちゃんが大地にクッキー渡して「大好き!!」って告白する所もv
「ばか…」って大地のリアクションも良いなあ…vv
でも大地の側からはっきりした告白シーンがないのはちょっと不満でしたねー
少女漫画はやはり告白シーンが肝ですから!
色々艱難辛苦をのりこえた末の告白にカタルシスを感じるのが少女漫画ですよねー
…でも大地のキャラを考えるとあれで良かったのかなって気もします。
キスシーンと「おれがいるから…」で充分気持ちは伝わりますし…

私の好きな高田エミ先生のねこねこ幻想曲なんかとも共通した、
この時代ならではのギャグシーンのノリとかもツボにハマりましたー
やっぱり自分根っからの少女漫画脳なんだなーと実感します。
特に大地が日比野さんに
「おれ西川ミナトの大ファンなんだ…それで思わず同じペンダントを買ってしまった」
とマジ顔で言う所爆笑しましたv
「わかるわその気持ちv」と言われて「分かるなよそんなもん~」とか(笑)

エリカの修行が終わって
ポコ太と姫ちゃんが別れるシーンは涙無しでは見られませんでしたー
エリカと姫ちゃんの別れも…
エリカと姫ちゃんの友情もポコ太と姫ちゃんの友情も凄い良いです!
そして、自分に自信の無かった女の子が不思議なリボンを手にしたことで、
自分の素敵な面を認めてあげられるようになり、
最後には大好きな自分自身を手に入れる…というお話がとっても素敵でした。
この頃のりぼんは本当に名作揃いですねv
自分を好きになれる魔法を読者ももらえる様な…そんな素晴らしい漫画でした。

余談ですが、番外編のベビーシッター・パニックで
大地がゆりちゃん連れた姫ちゃんに「お前いつのまに子供生んだんだよ」と言う所とか、
姫ちゃんと大地とゆりちゃんが一緒にいるの見て日比野さんが
「どういうことよそれっ!その赤ちゃん何よ!」とか、
ちょっと際どい…とか思ってしまった私はすっかり汚れきってると思いました…。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
やっぱり、姫ちゃんのリボン最高ですよねー
らら 2013/01/04(Fri)17:38 編集
コメントありがとうございます
ららさん初めまして。
姫ちゃんは本当に何度も読み返したくなる名作だなあと思います!
小雨 2013/01/04(Fri)22:35 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
5
10 11 12 13 14 15
16 17 20
23 24 25 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]