忍者ブログ

雨の通り道

5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10

今日は町田市民ホールにくるみ割り人形観に行ってきましたー
前回の白鳥の湖と同じモスクワ・クラシック・バレエの舞台。
町田市民ホールの少ない座席でさえがら空きだったらどうしようと思ってましたが、
思ってたよりずっとお客さん多くて良かったですー
また寒い空気の中テンションだだ下がりな観劇するのかと思ってたので。
それでも後ろの方の席はけっこう空いてましたが、
バレエを習ってるようなおめかしした小さな女の子や
小中学生位の子もいっぱいいて良かったです。
やっぱり良い舞台というのは観客がいるからこそ出来上がる物ですよね。
どんなにダンサー達が良い踊りをしても
それを受け止める観客がいなくては意味がありませんからねー。
ではつづきから観劇レポです。

お馴染みの心躍る序曲。幕が開くと、パーティーに来たお客の面々が踊りながらの道行き。
貴婦人達の羽織っているマントが色とりどりで綺麗でしたー
席も真ん中あたりの席を取ったのですが小さいホールなので十分舞台に近くて、
ダンサー達が間近に見られて贅沢な気分でしたー
序曲の途中でドロッセルマイヤー役のアンドレイ・ボルボットが登場し、長めのソロ。
白鳥の湖でのロットバルト役とはまた違う存在感のある踊りを見せてくれました。

シュタールバウム家でのクリスマスパーティーの場面。
装置というか書き割りはちょっとショボ…慎ましかったですが、
それよりパーティーのお客が少ないのが気になる…;;
子供達がマーシャとフリッツしかいませんでした;;
公演パンフの写真では他にも子役が写ってたので可愛い子が見られると思っていたのですが…
まあ白鳥の湖で団員が少ないのは分かってたのでしょうがないですが、
やっぱりパーティーのシーンは子供も大人もいっぱいいて賑やかなのが良いなあ…
でもフリッツ役のウラジーミル・ヤコヴレフ、白鳥の湖で道化を踊ってただけあって
行進曲の場面としては珍しいほど高難度のテクニックを見せてくれて見応え有りましたー
マーシャ役のエカテリーナ・ベレジナも、オデット/オディールとはがらりと違って
無邪気でおてんばな子供らしい踊りで凄く可愛らしかったですvv
マーシャはこういう性格なの!と自分なりの役作りをして踊っているのが分かったので、
見ている方も安心して見られました。
マーシャの姉ルイーザ役のエカテリーナ・ストゥーロワも
婚約を控えた幸せいっぱいのレディという感じで綺麗で可愛かったですー

踊る人形達の場面、新しい人形役のマイカ・成澤ガリムーリナはキュートでしたー
振り付けはマリインスキーのくるみとほとんど変わらなかったかな?
お人形が踊るシーン音楽共々凄く可愛くて好きですvv
それから大人達が仮面というか被り物?を被って出てくる所や、
仮面を付けてくるみ割り人形とお姫さまの話が示唆される所も独特で面白かったです。
ドロッセルマイヤーからくるみ割り人形をプレゼントされて一緒に踊るマーシャとフリッツ。
くるみ割り人形の造形も、ドロッセルマイヤーが後ろで操って踊るところとか独特でした。
ルイーザと彼女の恋人の婚約が執り行われ、パーティーは終了。
幸せで輝く顔のルイーザと婚約者が可愛らしい!
ここでお姉さんを憧れの目で見るマーシャを描くことで、
後の彼女の成長を予感させる所も上手いなあと思いました。

真夜中、くるみ割り人形が気になって暗い居間にやってくるマーシャ。
そこへネズミたちとネズミの女王が現れ、くるみ割り人形率いる兵隊達と戦争を始めます。
踊るお人形達も各々武器を持って闘いに加わっているのが斬新で面白かったですー
でもやっぱり兵隊達が少ない…::でもドライアイスとかを効果的に使って
上手く戦争の雰囲気を出していて良かったです。
ネズミの女王と一騎打ちするくるみ割り人形の窮地をマーシャが靴を投げつけて救います。
この辺は本当音楽の力もあって涙が出そうになる…;;

ネズミたちは退散し、くるみ割り人形は美しい王子様の姿に。
叙情的な音楽に乗ってのマーシャと王子役のアルチョム・ホロシロフのパ・ド・ドゥは、
狭い舞台を最大限大きく使って初々しい愛のデュエットを奏でていてとっても素敵でした。
舞台を一周するジュテとか、テクニックも二人ともキレキレで素晴らしかったですー
本当にこんな狭い舞台で踊ってるのが勿体ない!

背景も雪の森に変わり、雪の精達が踊る雪のワルツのシーン。
雪の精達もパンフには雪のかけら二人としか載っていなかったので
二人だけでも驚かないと思ってましたが、思ったより人数いて良かったですー
何か技術とか以前に群舞の数が気になるってどうなのって感じでしたが、
これは普通の大劇場で上演されるくるみとは違うんだ!と思いながら観てたので
群舞がちょうど良い人数いるだけでも満足してしまう。
何か舞台へ求めるレベルのハードルが凄く低くなってました(笑)
でも雪のワルツも狭い舞台を精一杯使って踊ってくれてて良かったですー
雪のワルツのシーンもしんしんと降り積もる粉雪の情景が目に浮かぶような音楽共々
大好きなのですー雪の精達がアラベスクしたままその場で回転を繰り返す所が好きです。
舞台には白い馬がひく馬車が描かれた紗幕がかかり、
雪の森を抜けてマーシャと王子は夢の国へ旅立ちます。第1幕終。


第2幕、ドロッセルマイヤーがネズミの女王をリフトしたりしながらの幕開け。
王子は再びネズミの女王と剣を交え、ついにこれを討ち取ります。
背景には大きなデコレーションケーキの書き割りが描かれ、
陽気な音楽に乗ってスペインの踊りが始まります。
スペイン、チョコレート色の衣装も素敵で良かったです。
お次は東洋の踊り。4人の女性とソリストの女性が白い布を使って踊る様がミステリアスで、
色っぽくて雰囲気出てて素敵でしたー
中国の踊りは男性の跳躍に客席が沸いてて楽しかったです。
トレパックも弾むような勢いがあって良かった!
パ・ド・トロワは男性がはしごみたいなのを持ってた意味があまりよく分かりませんでしたが
女性のピンクと水色のチュチュ可愛かったーvv
その後の通常だとジゴーニュおばさんの踊りにあたる音楽では
再びパ・ド・トロワの3人と花のワルツの一部が加わってて、?でしたが…
花のワルツは最初人数少なっ!!とがっかりしてたら後から6人位加わって、
ちょうど良くなったのでほっとしました;;白鳥の時から群舞の時はこのパターンばっかり。
もっと出てくるんでしょ?と思ってたのに出てこない時もありましたが…
花のワルツもほとんどマリインスキーのくるみと振り付け同じでしたが、
狭い舞台というのを差し引いても素敵でした。衣装も豪華ではないけど色合いとか上品で。

そしてクライマックス、マーシャと王子のグラン・パ・ド・ドゥ。
情感たっぷりの音楽に乗ってのアダージオはため息が出るほど素敵でしたー
ここまで正確で優美なくるみのアダージオはなかなか見られない。
ベレジナもホロシロフも凄く丁寧で良かったです。小さな会場がブラボーの嵐。
ホロシロフの王子のヴァリエーションも高い跳躍やカブリオール?が上手くて良かった。
ベレジナの金平糖の踊りは繊細で正確で
きらきら輝く光の粒みたいな音楽をよく表現していて美しかったです。
コーダは主役二人のテクニックを見せる事に重点が置かれている感じで、
もう少し音楽との調和も大事にして欲しかったなーと思いましたが、
何だかんだ言っても王子の回転やマーシャのフェッテなど見応えあって盛り上がりました。

フィナーレの音楽に乗って花のワルツや各国の踊りが勢揃い。
マーシャと王子も楽しく踊り、大団円に。
舞台は再びシュタールバウム家のクリスマスツリーの前に戻り、
フリッツとはしゃぐマーシャの前にドロッセルマイヤーと王子によく似たその甥が現れます。
マーシャはお辞儀をしてドロッセルマイヤーの甥と抱き合い第2幕終。
もう最後はお約束ですが高まる音楽と相まって涙うるうるでしたー;;


全体的に踊りのレベルは高く、もう少しダンサーが多ければ
マリインスキーやボリショイと比べても見劣りしないのになーという感じでした。
ダンサーが来日するお金が無いだけなんですかね?
もっと大きな会場でたくさんのお客さんに囲まれて観たい!と思わせられましたが、
町田市民ホール位の会場で観たからちょうど良かったのかも。
お客達も暖かい雰囲気で惜しみなくブラボーを贈っていたし雰囲気良かったです。
マーシャ役のベレジナはテクニック・表現力共に申し分なく
少女が憧れる大人の女性への変身を上手く演じていたし、スタイルも抜群!
王子役のホロシロフも、少女を導く憧れの王子様役をしっかり演じていて、
テクニックにも安定感があったし白鳥の湖の時よりも良かったですー
ソリストもみんな存在感があって上手かったし、
ロシアの本場のバレエをこんなに間近で観られてとってもお得な気分でした。
豪華ではないけどこぢんまりとして可愛らしく、
愛らしい絵本をめくる様な気持ちになった心温まる舞台でした。
やっぱり子供時代への永遠の憧憬と哀惜を感じさせる音楽共々、くるみ割り人形大好きです!
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 12 13 14 15 16
17 18 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新トラックバック

プロフィール

HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。

バーコード

ブログ内検索

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 雨の通り道 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]