忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

今日は去年から予告編で楽しみにしていたディズニー映画
イントゥ・ザ・ウッズ観てきましたー
思ってたよりずっと面白かったですーけどテーマはちょっと分かりにくかったかな?
赤ずきん、ジャックと豆の木のジャック、シンデレラ、ラプンツェルといった
お馴染みのおとぎ話の主人公達が一堂に集まるという豪華なストーリー。
グリムなどの童話は大好きなので、それだけでも眼福でしたー
ブロードウェイミュージカルを映画化したということで、音楽も軽快で楽しい♪
特にシンデレラの王子とラプンツェルの王子が自分のことをそれぞれ
こんなに完璧な王子はいないと歌うところはロマンチックで良かったですー
ラプンツェルの王子、本当に王子様って感じの美形で素敵vv

魔女にかけられた呪いで子供が出来ないパン屋の夫婦が、
当の魔法をかけた魔女に言われて呪いを解くために森の中で
血のように赤いずきん、ミルクのように白い牛、トウモロコシのように黄色い髪、
黄金のように輝く靴を探す事に。
一方時を同じくして母親に牛を売るように言われたジャック、
おばあさんにパンを届けに行く赤ずきん、
森にある母の墓に舞踏会用のドレスをもらいにいくシンデレラなど、
童話の主人公が集まってきて…

思ってたより各童話それぞれのストーリーが丁寧に描かれていて、
どれか一本だけでもそのまま映画化出来そうな感じでしたー
特にラプンツェルとシンデレラはお姫様好きにはたまらないvv
シンデレラでガラスの靴をはこうとした義理の姉たちが
かかととつまさきをナイフで切り落としたり、
赤ずきんとおばあさんを食べた狼のお腹をナイフで裂いて二人を助けるところとか
原典のお話の残酷なシーンを忠実に入れてるのもブラックで良かったです。
特にシンデレラの結婚式で小鳥たちに目をえぐられて
杖を突いてサングラスかけて歩く義姉達が程よいブラックさで面白かったですー
ただジョニデの狼とかラプンツェルとか、
このキャラお話に必要か?って感じはしましたが…
ストーリー的にはシンデレラの結婚式が終わった後、
これからどうなるんだろう?って先が全く読めなくて面白かったですが、
パン屋のおかみさんが不幸になるのがいまいち納得いかない…
魔女も結局何がしたいのかよく分かりませんでした。
でも童話の主人公達が集まることで化学反応が起こって
独自のお話が紡ぎ出されていくところとかはとても良かったです。
巨人退治のシーンはとてもエキサイティング。
その後の登場人物達の顛末も新しい感じで良かったと思います。

そして何を隠そうこの映画を観たいと思った一番の原因の
赤ずきん役のリラ・クロフォードちゃんがめちゃくちゃ可愛いvv
黒髪みつあみに真っ赤なずきんが映えて、あどけない面差しの中にも少女の色香を感じました。
昔本当は恐ろしいグリム童話系の本読み漁ってたおかげで
赤ずきんのお話でいやーんな妄想してた事もあるので(笑)萌え萌えしましたvv
演技も上手だしちょっとした仕草や表情、立ち姿がとっても可憐。
改めて少女って美しいなあと思いました。
衣装も可愛いのですよー真っ赤なずきんは前にも後ろにも垂れ下がるコート状で、
ずきんの中は上品なスモークブルーのスモックワンピース。
こういう服装は少女の純粋さを強調して良いですねえ♪
シンデレラ役のアナ・ケンドリックは…
ついったでブロンドのお姫様ばっかりでつまらん的な事を書きましたが、
ブルネットだとシンデレラとしてはどうしてもコレジャナイ感がしちゃいますね…
というかブルネットは置いておいても顔立ちが若い少女には見えなくて
疲れた主婦にしか見えないのが問題かと。
ラストパン屋夫婦の赤ちゃんを抱くところは普通にやつれたお母さんに見えてしまう。
反対にラプンツェル役のマッケンジー・マウジーは
瑞々しい少女そのものの美しさで良かったです~長い金髪の巻き毛がよく似合うvv
ジャック役のダニエル・ハットルストーン君は
レ・ミゼラブルのガブローシュ役の子だったんですねー
少年らしく素直な感じがとっても可愛かったですvv

テーマは…自分の気持ちに正直に生きよう、なのかな??
言葉は力を持ちます、気をつけてというラストのナレーションから、
童話として語られているお話が本当はこうだったかも?
それをどう受け止めるかはあなた次第、という感じのことを言いたいのかなと思いました。
とにかくストーリー的には納得のいかないところや腑に落ちないところもありましたが、
何と言っても様々な奇跡が起きる森の中の映像や描写が全篇とても美しくて引き込まれるし、
2時間全く飽きずに観られましたー本当童話好きにはたまらない映画でした!
次は来月公開のディズニーのシンデレラ観たいです。
PR

今日は予告編観て観たいと思ってた映画アニーを観てきましたー結構良かったです。
アニー役のクワベンジャネ・ウォレスちゃん上手かったし、
表情とかお茶目でキュートで可愛かった。
元々のミュージカルのストーリーはあんまり知らないのですが、
この映画はミュージカルのストーリーを下敷きにしつつ
設定などを現代風にアレンジしたANNIEという感じでしたー
その設定を明確にするため
フェイスブックとかスマホとかツイッターとかをばんばん前面に出した作りでしたが、
その辺また後から観ると古くなっちゃうのになーとは思いましたが…
でも即席両親にさらわれた?アニーを助けるところで
ツイッターが上手く機能してる所なんかは上手いなーと言うか
いかにも現代的な感じで面白かったです。
ミス・ハニガンの「私のフェイスブックでいいねしなさいよね!」
とかも面白かったです(笑)
冒頭学校が終わってから街へ駆け出すアニーのカメラワークがとても良くて、
わくわくしながら引き込まれましたー
アニーが住人番号?を利用して両親の情報を探し出そうとするも、
結局情報が見つからなかった所で歌う有名な「トゥモロー」も良かったですー
水たまりに落ちたアニーの情報を印刷した紙を見つめるアニーが切ない。
同じ里子の少女達とアニーのハード・ナット・ライフのシーンも楽しかったです。
ペッパー役の女の子美少女!

いまいちだった所は、一応シンデレラストーリー物なのに
観ていてあんまり羨ましいと思えない所ですかね…
スタックスが暮らす家が無機質すぎて、アニーが「この家断然好きになれそう」と歌っても
いまいち実感が無いというか…
ここは普通に大きなお屋敷とかで良かったんじゃないかと思います。
ガイと組んだハニングがアニーの些細な一言で改心しちゃうのもちょっとなー
原作もそうなのかも知れないけど、ハニングは悪者のままの方が締まったんじゃないかなと。
あとスタックスと恋仲になるグレースも結構重要な役なのに
ハニングがいい人になってしまうおかげで
あんまり目立たなくなっちゃうのも惜しいと思いました。
他にもスタックスともう一エピソード位あっても良かったかも。
アニーの両親も結局手紙とペンダントの伏線が回収されないままだったし。

でも全体的にはポップで現代性溢れるミュージカルで、
アニーの決して諦めない不屈の精神がとっても明るく描かれていて良かったです。
幸せって自分で信じてるからこそつかめる物だよねと思いました。
アニーの大きなリボンの付いたオレンジのドレス可愛かったし、
アニーが字が読めないというミスリードにはやられましたー
あの両親の残した手紙を
ずっと暗記するほど読んでもらってたんだなというのが分かってうるうるしました。
最後のスタックス識字センターのオープンシーンでみんながトゥモローを歌いながら
赤い風船の舞う中を踊る所で涙がこぼれました。
エンドロールの平井堅の歌うトゥモローも良かったですー
明日への希望に溢れた素敵な作品で、家族で安心して楽しめる映画だと思います。
…でも私の他に観てる人3,4,組位しかいなかった…
トゥモローは何と言っても名曲ですね!

本当は初日に行きたかったけど用事があったので2日目の今日観てきました。
私の一番大好きな邦画「Shall We ダンス?」の周防正行監督の最新作と言うことで
かなり期待していったのですが…うん…まあ…
悪くはなかったけど、個人的にはそこまで良いとは思わなかったかな…

主演の春子役の上白石萌音ちゃんはとっても可愛かったです。
萌音ちゃん、2年前にミュージカル「王様と私」のルイス役で生で観たことがあるので
どんな感じに成長してるのかなーって観るのが楽しみでもありました。
言語学の先生の京野に京言葉を教えてもらうときの後について言うところとか、
踊りの稽古の所とか、
一生懸命ついていこうとする所の健気で素直な感じの演技がとっても可愛らしい!
あと姐さん芸妓の里春役の草刈民代が演技凄く上手くなっててびっくりでした!
ただ台詞回しは格段に上手くなってたんだけど、
台詞を言うときの顔の表情の感じは相変わらずだなあ…と思いましたが。
30を前にして舞妓を続けている百春も可愛かったですv
「三十路前の舞妓なんてネットでいい笑いものや!!」のシーンとか可愛くて好きです(笑)

全体的にはタイトル通りミュージカル「マイ・フェア・レディ」を下敷きにしていて、
言語学者の京野が鹿児島弁と津軽弁を操る春子に
半年で完璧な京言葉を習得させるという賭けをするというのがベースのストーリーなのですが、
何だろうな…Shall We ダンス?では見事に描かれていた主人公のステップアップが
この映画ではあんまりカタルシスを感じさせなくて…
ミュージカル映画でもあるのですが、
公式サイトで監督が本格的なミュージカル映画にするつもりは無かったと言っていましたが、
確かにというべきか何となくあか抜けないなーとミュージカルシーンでは思ってしまいました。
でも春子が一人で京野への恋心を「声が聴きたい 顔が見たい これが恋」と歌うシーンや
春子が仕込みになった置屋の女将・千春の若い頃のシーン、ムーンライトの所は好きですー
特にムーンライトのシーンはダンスも本格的で目に楽しかったです。
踊るキャビンアテンダントが素敵。

徳井優や田口広正、竹中直人、渡辺えり等、
Shall We ダンス?でお馴染みのキャストも出てきて、賑やかで楽しかったですが
京野の弟子の秋平が春子に「君には舞妓の仕事は似合わない」という所は
それまでほとんど空気キャラだったのに…と?マークが浮かぶ感じで…
春子が舞妓になりたかった理由もお母さんが置屋の先輩だったからだけ?と
全体的に何だかストーリーがぼんやりした印象でした…
周防監督の映画って細かい設定やシーンが伏線として巧妙に使われるので
それを理解・把握出来てなかっただけかもしれませんが…
実際見終わった後結局あそこどういう意味だったんだろう?という所がいっぱいあったし。
でも春子のお見世出しのシーンはとても繊細に描かれていて美しかったです。
日本髪を結う所をじっくり見せるシーンや、首筋におしろいを塗るシーン、
下唇だけに紅を塗るシーンは舞妓の世界や京都の伝統の美しさが凝縮されてました。

クライマックスの「舞妓はレディ」にのせて登場人物達が歌い踊るシーンは、
竹中直人と渡辺えりがShall We ダンス?のドニー青木や豊子を思わせる扮装をしていたり、
過去作のファンサービスも盛り込まれててにやりとしましたー
個人的には映画としては大満足とは言えなかったけど、
舞妓はレディのメロディーが見終わった後いつまでも頭の中に残ってました。

最初は予告編観ても京都編映画化とか寒いだけだろ笑とか小馬鹿にしてたけど、
大好きな時代物という点とキネマ旬報?だったかの特集読んで
一気に観たくなってしまい、剣心京都大火編観に行ってきましたー
結論から言うと、前作からスケールもエンターテインメント性も遙かにパワーアップしてて、
原作ファンとしてはとっても楽しめました!
志士雄とか宗次郎とか張とかのビジュアルもイメージぴったりで!
原作を上手く踏襲しつつ、映画ならではの迫力を出せていて、
満足度はかなり高かったです。つづきから感想。

米林宏昌監督の思い出のマーニー観てきました。
最初は杏奈のキャラが本当に嫌な子だなあとしか思わなくて、
導入部分もアリエッティと被ってるし
都会→田舎への舞台の転換とそこで癒される主人公、という
ワンパタ感も感じないではなかったのですが、
見終わった時には自然と涙が出てしまいました。

映像的にはもちろん綺麗なのですが、
トトロをこの前の金曜ロードショーで観て改めてその素晴らしさに感動したばっかりだったので
そういう意味ではちょっと不利だったかな…
映像というか映画全体に言えることですが、
1シーン1シーンの画や情景の心を揺さぶる密度がやはりトトロや昔の宮崎駿作品と比べると
雲泥の差だなあと思います。
1つの映画として観れば十分に良いお話なのですが、
やはり昔の宮崎映画みたいな心浮き立つような感じや心の震える感動はないなあと。
あと人物の顔が、少女達は良いのですがおばさんやおじさんの作画が
平坦というかこれまたワンパタというか浅いというか…
ジブリ作品にしては適当だなーと思ってしまいました。
構成も最後の方でどたばたと真相が分かっていく感じや
杏奈が頼子に心を許す感じがお決まりでそんなに上手いとは思わなかったし、
杏奈とマーニーのふれ合いの場面も観ていてそこまで大きな感動はなかったですが、
とにかく米林監督の映画の少女は美しい!
マーニー、ポスターのネグリジェを着た水彩画ですでにやられていましたが
本当に可愛かったです。特にパーティーの時のピンクのドレス姿がおしゃまで可愛かったvv
最初に杏奈と出会うときの月光を背にして立つ白いネグリジェのマーニーも
本当に美しくて、少女の美しさをよく分かっている監督さんだなあと思いました。
湿っ地屋敷に住む青い窓に閉じこめられてばあやに髪をとかされている金髪の少女、
というイメージもとてもロマンをかき立てられました。
印象的だったのは杏奈とマーニーがワルツを踊るシーンでかかる美しい挿入歌。
そしてサイロで杏奈を置いていってしまうマーニーのシーンでもかかるのが効果的。

最後に明らかになるマーニーの秘密には涙せずにいられませんでした。
杏奈の抱えた秘密と心を閉ざした原因も本人にとっては大きな事なのは良く分かるのですが、
それ以上に現実を生きていたマーニーの運命が悲しくて…でも暖かくて。
思い出のマーニーというタイトルは杏奈の心の中のマーニーという意味だと思っていましたが、
実際はマーニーが杏奈と出会って過ごした時間、
こうありたいと願って夢見ていた思い出、マーニーの思い出の事だったんだなと思いました。
杏奈が札幌へ帰る日、車の中から湿っ地屋敷を見ると、
あの窓からマーニーが手を振っている、その場面で思わず涙が出ました。
お互いに孤独を抱えている二人の少女の一夏の思い出の共有、最後に明かされる真実。
主題歌が流れる頃には二人の少女達が通じ合えた奇跡にしみじみと思いをはせていました。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 10 11 12 13
17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]