忍者ブログ
5月16日作成 管理人・小雨がオリジナル・版権イラスト、日記などを雑多に書いているブログです。

絵は粉雪。アリスモチーフばっかりですみません…
ミニキャラなんだか微妙な等身になってしまった;;
種村先生の絵みたいに髪の毛をくるくるにしたかったけど、激しくうねってますね…
くるくる髪難しいです。


さきほどまでBSジャパンでやっていた映画「わたしのなかのあなた」観てました。
公開当時人生の恩師K先生と観に行ったのですが、その時より良かったです~
当時は個人的には好きだけど良く出来た映画とは思わない…って感じだったのですが、
もう一度観てみたらすごーく良く感じました。
また長くなりそうなので続きから。
PR


GWの度にニュースが海外旅行行く家族にインタビューするのって何なんでしょうねー…
べ、別に羨ましいとかそんなんじゃ(略)///

30日にBSプレミアムでやっていた映画「かいじゅうたちのいるところ」観てました。
原作はモーリス・センダックの有名な絵本。私も大人になってから読んだのですが、
ユーモラスな絵と子供心をくすぐるお話のとても面白い絵本でした。

で、映画版。最近全然観てなかったけど子供が主役の映画って観るの凄い好きです~
何か、子供の頃の視点というか、子供の目線から観た世界を思い出せる感じが凄く好き。
子供部屋とかのインテリアを観るのも好きですーv
主人公のマックス役の男の子めちゃくちゃ可愛い~vv色白で瞳がくりっとしててvv
狼の着ぐるみパジャマも似合ってて可愛いですvv

絵本では怪獣達のキャラはほとんど描かれてませんでしたが、
映画ではずばりその怪獣達のキャラクターにスポットが当てられています。
私が観て思ったのは、怪獣というのは現代に生きる「生きにくい人達」の象徴なんじゃないかと。
強がってはいても不器用で寂しがり屋のキャロル、仲間達に何か馴染めない物を感じるKW、
陰気の殻を被っていても愛情に飢えたジュディス…
一人一人がとても繊細で傷つきやすく、現代に生きる私達一人一人の姿と重なります。

マックスは家族への反発から一人その怪獣達の世界へ足を踏み込み、
世の中には色々と複雑な感情が有ることを知り、
自分が彼等の世界をめちゃくちゃにしてしまったことを悟って家に帰る決心をします。
これは一人の少年が生きにくい人達との交流を経て社会の有り様を学び、
けれどまだ子供の彼はもう少しこの世界へ出ていく事に猶予をもらい、
母親の温かいご飯を食べて、改めて家族の温かみを知る…
そういう物語なんじゃないかなと思いました。
これは家族の映画でもあります。
KWの「家族って本当に大変」という一言に、色々なことが集約されているように感じました。

キャロルのキャラが凄く愛おしいです~乱暴なようでいて子供のように弱い所が。
マックスが木で作ったハートに囲まれた「キャロル」の文字を見て、
船に乗って家に帰るマックスを追って、ウォー!と雄叫びを上げるところは泣けました。
それに対してマックスも雄叫びを返します。
言葉はいらない、それは彼等達の仲間である印なんですね。

絵本ではたとえ叱られても帰ってきたら母親の作った温かいスープが待っている、
というほっこりとした子供時代ならではの安心感を感じるお話ですが、
映画では最後のスープと母親の寝顔も
何かもっと別の事も示唆させるような…そんな後味が好きです。

源氏物語、ALWAYSが期待はずれだったので何が何でも観たくなり、
今度は父と観てきました。結構楽しめました~

その前に最近のカーネーション。
何か…朝ドラで不倫とか勘弁して下さい…って感じでした。この一週間。
糸子が洋服を着るようになる=自分を綺麗に見せたくなるきっかけが、
不倫とか…私自身不倫に身近な所で成長したので、
たとえどんな形であっても不倫は許せない気持ちがあるのです。

糸子が親戚縁者に諫められても子供にかばわれても全く諦める風がないのが…
せめて今日糸子に一番近しい、一番ダメージを与えることが出来る母親の千代が
無断外泊して朝帰りの糸子にきっちり制裁を加えるのを期待していたのですが、
良く分からないギャグで流されてしまって…不快なモヤモヤしか残りませんでした。
糸子は自分の子供や相手の奥さん子供が可哀想だと思わないの?
サエにドレスを作るときの、
「うちはあんたがダンスホールで一等輝くようなドレスを作りたいんや。
そんな女にはドレスなんて作りとうない」
という一本気な糸子が大好きだっただけに、この一週間の展開は本当にがっかりしました…
ただ一夜無断外泊して周防さんとラブラブして、
それで別れて全て無かったことにして「うちはまた前に進みます」って、
それだけで良いの?
せめてさっきも言ったように、千代さんから思いっきり鉄槌を食らわせられていれば
気持ち的にもすっきりするのですが…
一族郎党から吊し上げられるシーンとか、その後従業員から無視されるとか、
自業自得の制裁を受けるシーンはありましたが、
本当の意味で裁きを受けることが無かったから嫌な不快感しかありませんでした。
DVD購入は見合わせます。

今日は映画観る前マックでラスベガスバーガー食べました~美味しかった~!vv
チーズクリームソースとビーフのクリーミーな口当たりが絶品でした~vv

と言うわけで続きからやっと源氏物語~1000年の謎~の感想。

人生の恩師、K先生と今日観てきました。
うーん…;;何かテーマが難しくて、人間関係も複雑でよく分かりませんでした;;
カルチェラタンという組織がどんな物なのか馬鹿な私には良く分からなかった…
学生闘争の頃の話なのかな?
一つ一つのシーンは良いシーンが有るんですが、
つなぎ方が上手くないというかヤマ場の見せ方が上手くないというか…
わざとなのかもしれませんが。
海ちゃんと風間君が兄弟だったというそれこそメロドラマ的な展開に面食らいましたが、
やっぱり違いましたというのはもっと何だかなぁ…と思いました。
海ちゃんの家の家族構成も良く分からない。
もっと下宿人の一人一人のキャラクターを分かりやすくじっくり描いて欲しかったです。
私は眼鏡の絵を描いてる人が好きでした。(名前なんだっけ)
クライマックスはカルチェラタンの存続が決まる所なのでしょうが、
カルチェラタンという物がなんなのか良く分からなかったので
いまいちカタルシスが感じられませんでした。私が馬鹿なだけかもですが。

良かったのは冒頭のジャズっぽい音楽から始まる海ちゃんが朝ご飯を作るシーン。
ジブリの日常描写は本当に自然で徹底的にリアルで良いなあと思います。
「朝ご飯の歌」も可愛いvv
朝の食卓でのみんなの会話も凄く自然。
リアリズムを追求することで、逆にアニメらしさが際だっていて、
アニメならではの良さが出ていると思いました。
あと海ちゃんと風間君が坂本九の上を向いて歩こうをバックに
自転車で二人乗りするシーンも懐かしい感じがして好きです。

最後海ちゃんが旗を揚げるのは、色々な解釈が出来そうで良いですね。
それまでは死んだお父さんのために上げられていた旗だけど、
一連の出来事を通してふっきれた海ちゃんが、
新たな船出をした自分の人生の船を見守るために旗をあげたのかな、
と私は思いました。
窓を開け放しておくとカナブンとかそれ系のでかい虫が入ってきて、
ぶんぶん飛び回るので大変嫌です。
母に何度言っても窓やらドアやらを開け放しておくのをやめてくれない…
夏の風物詩ですね…つづきから昨日TVで観た映画Shall we Dance?の感想。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 7 8 9
11 12 14 16 17
18 19 21 23 24
25 27 28 29 30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小雨
性別:
女性
職業:
大学生
趣味:
読書、映画鑑賞
自己紹介:
7月15日生まれのかに座、A型。
めんどくさがりでものぐさ。
バーコード
ブログ内検索
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]